ホーム » Voice » トピックス » 生物学から男女の「性差」を考える 福岡伸一ハカセによる令和のジェンダー論

生物学から男女の「性差」を考える 福岡伸一ハカセによる令和のジェンダー論



2020年07月23日 公開

福岡伸一(生物学者)

福岡伸一(生物学者)

フェミニズム運動をはじめジェンダー論が盛んに叫ばれている。現代社会において、「性差(gender)」というトピックになると、条件反射的に意見の分断が起きてしまってはいないだろうか。そこで男女観や多様性を考える際の一助となるのが、「性差」について「gender」ではなく「sex」の視点で捉え直すことかもしれない。

「本来の自然に戻る」という観点をもとに、生物学的視点から「性差(sex)」について、令和のいまだからこそ考えてみたい。

世界的ベストセラー『生物と無生物のあいだ』を執筆した生物学者・福岡伸一氏が、社会的に獲得した"ジェンダー"ではなく、生まれ持った"セックス"から問い直した男女の差とは――。

本稿は月刊誌『Voice』2020年7月号に掲載されたものです。

 

アダムの骨からイヴができたのではない

巣ごもり生活を強いられるようになって、あらためて男と女の行き違いに直面して戸惑っておられる人たちも多いのではないだろうか。

この論考の結論を先にいえば、男性のアダムがイヴをつくったのではなく、女性のイヴがアダムをつくった。そして、イヴによってつくられたアダムは、イヴにとっては使い走りでしかなく、ツールでしかなかった。しかし……、ということになる。

フランスの哲学者、シモーヌ・ド・ボーヴォワールは「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」といった。つまり、社会が女という役割を女に押し付けていると指摘したのだが、生物学的にいうと、じつは、これは男のほうにこそあてはまる。「生物は男に生まれるのではない、男にされるのだ」と。

つまり、生物は、女性のほうが基本形であって、男性は付録のようなものである。付録は酷使される。その実例について見てみよう。

次のページ
メスから強制的に子を託されるコオイムシのオス >



Voice購入

2020年9月

Voice 2020年9月

発売日:2020年08月07日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

「大卒女性」より「高卒男性」が課長になれる日本企業の現実

橘玲(たちばなあきら:作家)

ゴリラやチンパンジーの方が合理的? 人間の男はなぜ、若い女が好きなのか

池田清彦 《早稲田大学国際教養学部教授》

ウサギはなぜ、カメに負けたのか。その敗因を生物学から解明してみる

蓮実香佑(農学博士)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。