ホーム » Voice » 社会・教育 » 小栗旬「どこにいても役者ができる人になりたい」

小栗旬「どこにいても役者ができる人になりたい」



2020年10月16日 公開

小栗旬(俳優)

一度切りの人生を悔いなく生きたい

――ご自身が演じるほかに、演出やプロデュースをされる意欲はありますか。

【小栗】 ありますね。ただ、有難いことに2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に主演することが決まったので、撮影スケジュールを考えるといまから1年半くらいは身動きがとりづらい状況です。

エンタメ界にインパクトを与えるための構想を実行に移すのは、大河をやり遂げたあとになるでしょう。無事に走り終えたあとに、作品を自らプロデュースしたい気持ちはあります。

――小栗さんのハリウッドデビュー映画『ゴジラVSコング(仮)/原題:GODZILLA VS.KONG』の公開は、新型コロナの影響で2021年に延期になりました。コロナ終息後、逆境を跳ね返して世界に挑戦されるでしょうか。

【小栗】 そうですね。『罪の声』の終盤のシーンで、共演の宇崎(竜童)さんとイギリスのヨークで撮影をしたのが昨年でした。

当時の僕が36歳で、宇崎さんは73歳。宇崎さんは非常にエネルギッシュな方ですが、大先輩の歳になるまでに僕はこれまでの人生の時間をもう一回分送ることができると思ったら、自分にはまだまだ大きな可能性があると気づきました。

だから自分で限界は決めずに、意欲がある限りあらゆることに取り組んでいきたいと思っています。

活動は日本にとどまる必要はないし、世界でもいいでしょう。40代、50代を迎えたときに、「どこにいても役者ができる人」になれていたら最高ですね。

――俳優界の第一線を走り続ける小栗さんですが、最後に、エンタメ業界を変えていきたいと意気込む原動力について教えてください。

【小栗】 単純なことですが、僕は「一度きりの人生だし悔いなく生きよう」と割り切っている気持ちが強いのでしょうね。もちろん、もっとこうすればよかったと思うことは日々ありますが、変な後悔はしたくない。

過酷で苦しい状況にあっても、そのときの自分に正直でいたいと思っています。



Voice購入

2020年11月号

Voice 2020年11月号

発売日:2020年10月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

吉田茂、吉田昌郎所長、栗林中将…名優・渡辺謙が語る、リーダーの“条件”

渡辺謙(俳優)

「いまだ日本が経験したことのない状況を演じて」 俳優・西島秀俊が語る“覚悟”

西島秀俊(俳優)

人間の一人ひとりに尊厳がある――外国人労働者と向き合う孤独な蕎麦職人。藤竜也インタビュー

藤竜也(俳優)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×