ホーム » Voice » 社会・教育 » オール巨人「漫才こそ、すべての“お笑い”の原点」

オール巨人「漫才こそ、すべての“お笑い”の原点」



2021年02月13日 公開

オール巨人(漫才師)

 

厳しい状況のときこそ笑いが必要

――新型コロナ禍により、エンターテインメント業界は深刻な打撃を受けています。お笑い界も劇場が閉じたり、リアルな舞台が制限されたりと、その余波は少なくありません。笑いの力についていま何を思いますか。

【巨人】こういう厳しい状況のときこそ、世の中には笑いが絶対に必要です。コロナで落ち込んでいる人のなかには、笑いに救われた人がいるかもしれない。

ただ、社会が自粛モードで落ち込んでいるときに人びとに笑いを届けるのは簡単ではありません。2011年3月の東日本大震災直後、津波の被害で大切な人を亡くした方の前で本当に楽しく漫才ができるかといったら、正直できないと思いました。漫才師としてもどかしく、辛かったことを覚えています。

今回のコロナ禍では人と会うことすら難しいので、100日以上、漫才をしない期間がありました。阪神君とのネタ合わせもままならないから、やり慣れたネタですら忘れてしまっていた。自分たちのDVDの映像を観直して、何とか擦り合わせていました。

――漫才の形は「変化」し続けながらも、人びとに笑ってもらうという目的は変わりませんね。

【巨人】笑いは、人が生きていくうえでの大切なエネルギーです。人びとに笑顔を届けるのが僕たちの仕事であり、これまで以上にその役割が求められている。僕は、世の中のことはよくわかりません。

ちょっとかっこつけさせてもらうと、漫才のことしかわからないんです。僕らの漫才を観に来てくれるお客さんがいる限り、しんどいけど、まだまだ現役で頑張りますよ。

 



Voice購入

2021年5月号

Voice 2021年5月号

発売日:2021年04月09日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

俳優・吉田鋼太郎「表現者が世間の声に怯えている状況は“異常”」

吉田鋼太郎(俳優)

「自分のすべてをさらけだした」ジャルジャル福徳秀介がデビュー小説に懸けた“覚悟”

福徳秀介(お笑いコンビ「ジャルジャル」)

「お客さんが待っている」ホリプロ社長がコロナ禍に立ち向かう原動力

堀義貴(株式会社ホリプロ代表取締役社長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×