ホーム » Voice » 社会・教育 » SNSを支配するカルトメディアは簡単につくれる…Twitterの分析が明らかにしたもの

SNSを支配するカルトメディアは簡単につくれる…Twitterの分析が明らかにしたもの



2021年02月17日 公開

開沼博(社会学者)

開沼博『日本の盲点』

10年前の原発事故の際、1カ月足らずで、感情的・攻撃的な「少数のカリスマ」の言葉が言論空間の主導権を握った。少数のカリスマを立て、旧来権威への信頼転覆を狙えば、影響力のあるカルトメディアは簡単に誕生するのだ。社会学者が「言論空間が支配される仕組み」を看破する。

※本稿は開沼博『日本の盲点』(PHP新書)より一部抜粋・編集したものです。

 

「小さなカリスマ」に支配される世界

“自分の意見を主張している”という人の大半が、結局は他人の主張の受け売りばかり。しかも、その「他人」とは感情的かつ攻撃的な言葉を吐き続けるごく少数の「小さなカリスマ」が占めている。事実に立ち返り、冷静に議論する者たちの声はかき消されて排除されている―― 。

そんな現実を解き明かしたのが、2018年8月、科学雑誌『PLOS ONE』に公表された論文「福島第一原子力発電所事故後の半年間における、放射線に関するTwitter 利用とインフルエンサーネットワークの可視化についての分析調査報告書」だ。

福島第一原発事故とTwitter を対象に分析した論考だが、現代の言論構造に普遍的に見え隠れする特徴を抽出している。

原発事故直後、情報が錯綜するなか、政治・行政や専門家、マスメディアへの不信感が増し、何を信じてよいかわからず混乱した人びとの一部はSNSに向かった。

大規模複合災害がSNSを重要な情報インフラとして、社会的地位を高めたことは確かだ。「炎上」を繰り返しながら、良くも悪くも「SNS的なるもの」は単体として存在するものから、より社会のさまざまな部分と癒着する形で存在するようになってきた。

もちろんこれまでにも、社会にインターネットが根付くなかで「エコーチェンバー」や「フィルターバブル」といわれる、一部の極端な主張が過剰に伝播し、自分が見たいものしか見ることができない社会現象が生まれつつあるとの指摘はあった。

しかし、この論文が注目に値するのは、3・11という世界史的事件を事例として深く切り込むことで、

1)一カ月足らずで、悪貨が良貨を駆逐するかの如く、感情的・攻撃的な「カリスマ」の言葉が言論空間の主導権を握り、固定化するスピード感

2)2500万件のツイート・リツイートのうち、40%を影響力のある上位200アカウントが占めたという言論の寡占・絶対主義的状態

3)そこにおいて、伝統・権威ある大手媒体や公的機関の発表が、個人名で活動する発信者にたやすく負けていく信頼転覆の構図をあぶり出したことにある。

意図してインターネットを狡猾に使うこと、つまりSNSに代表される一見言論の自由・公平が大前提の言論空間を隠れ蓑とするなかで、ある思惑に沿った一定の言論の寡占・絶対主義的状況と、その言論構造の固定化を実現する道筋を描き出すことが可能になっていることを示している。

感情的・攻撃的な意見を表明し続ける少数のカリスマ(100人、200人でよい)を立てるとともに、民主的な議論の場を担保してきた旧来権威への信頼転覆を狙えば、そう時間をかけずに事実や冷静さなどを人びとの視野の外に押し出したカルトメディアをつくることができるのである。

次のページ
大国が仕掛けるシャープパワー戦略 >



Voice購入

2021年3月号

Voice 2021年3月号

発売日:2021年02月10日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

中国批判に猛抗議する留学生…アメリカの有名大学を侵食する「孔子学院」

石澤靖治(学習院女子大学教授)

アメリカの分断を狙う!? 暗躍するロシア「戦略的テレビ局」

石澤靖治(学習院女子大学教授)

カルト,不良,ママ友…彼らはなぜ「異様な集団」から抜け出せないのか

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×