ホーム » Voice » 社会・教育 » SNSを支配するカルトメディアは簡単につくれる…Twitterの分析が明らかにしたもの

SNSを支配するカルトメディアは簡単につくれる…Twitterの分析が明らかにしたもの



2021年02月17日 公開

開沼博(社会学者)

 

大国が仕掛けるシャープパワー戦略

無論、これはあくまで理論上の話にすぎないし、3・11という特殊な状況だからこそ起こったことだともいえる。SNSにもいろいろな種類・性質があり、人びとを助けてきた効用、とくに災害時に大きな成果を出してきたことも疑いようはない。

しかし、その性質を熟知したうえで、民主的な議論の場をハッキングし、言論誘導・弾圧を行なうような戦略を立てる悪知恵を働かせる者が生まれかねない状況があることは指摘せざるをえない。

ここにおいて、現代の政治・社会を動かす要因として「シャープパワー」がより重要になっていることをあらためて意識すべきだ。

シャープパワーとは、軍事力・経済力などのハードパワーでも、文化的魅力をベースとしたソフトパワーでもない形で、敵対する勢力を弱らせ、統制する方法として米国のシンクタンク「全米民主主義基金」が名指した概念だ。

ロシアがフェイクニュースを用いて、米国選挙に介入した疑惑が象徴的である。民主主義を前提とする国の議論を混乱させ、誘導することを通して内政・社会に打撃を与える方法であり、軍やカネが動くハードでもなく、民衆の好意・共感が動くソフトでもなく、言葉を動かし静かに鋭く思惑を強制する。

中国も関係を深めたい国に対して、一方には経済のアメを、他方には言論の統制というムチを見せながらシャープパワーを駆使しようとしているともいわれる。

しかし、そういう国家間の関係の問題のみならず、さまざまな場にこのシャープパワーを巡る闘争の爪痕はすでに見えてきているし、これからもますます現れてくることになるだろう。



Voice購入

2021年5月号

Voice 2021年5月号

発売日:2021年04月09日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

中国批判に猛抗議する留学生…アメリカの有名大学を侵食する「孔子学院」

石澤靖治(学習院女子大学教授)

アメリカの分断を狙う!? 暗躍するロシア「戦略的テレビ局」

石澤靖治(学習院女子大学教授)

カルト,不良,ママ友…彼らはなぜ「異様な集団」から抜け出せないのか

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×