PHPオンライン衆知 » Voice » 政治・外交 » なぜ「アイドル文化のなかった欧米」でも? BTSが圧倒的な人気を獲得した理由

なぜ「アイドル文化のなかった欧米」でも? BTSが圧倒的な人気を獲得した理由

2021年11月28日 公開

ホン・ソクキョン(ソウル大学教授)

 

「韓流は国家戦略」という一面的な先入観

――教授のお話からも、BTSの音楽やコンセプト、またトランスメディアの面白さなどを通して、世界各地にARMYが生まれ、BTSを支える巨大な力となり、従来アイドルという文化がなかった欧米でも受け入れられ、メジャーなエンターテインメントになったのだと理解しました。しかし日本では「韓流は国策だ」という声もまだまだ根強いのですが、この点についてどうお考えですか。

【ホン】この件に関しては、遠回しにせずお答えします。韓流の成功は政府の支援によるものだという偏見を持たれる最大の理由は、ただのコロニアル(植民地的)な考え方です。

「韓国は少し前まで後進国だった。テクノロジーの進歩で半導体と造船業と車を輸出することまでは理解できるが、お前たちが文化を輸出するのか?」と。

日本の一部の方だけでなく、例えば欧米のエリートメディアの記者、批評家、学者、そして西欧の帝国主義的な態度を持つ南米のジャーナリストなどが、根拠なくそう信じています。彼らはファンダムの存在や文化的な背景を全く知らないのです。

韓国が文化産業を外へ送り出す国家予算を他国と比較しても、戦略的と言えるほど充実しているものではありません。例えば、SMエンターテインメントが2011年にパリで大規模コンサートを開催したとき、会場使用料をKOTRA(大韓貿易投資振興公社)が支援した程度です。

そうした印象を持たれる一因は、韓国政府がK-POPを利用してきたことにあります。韓国の在外公館等が、外交の一環として韓国文化の広報活動をするときに、自分たちは文化事業の支援を手厚くやってきたと強調してきたのです。もちろん国が努力してきた面も多々あると思いますが、それは世界すべての国が行っている外交事業の一つで、韓国だけが特別なわけではありません。

 

Voice購入

2022年9月号

Voice 2022年9月号

発売日:2022年08月05日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

「飛行機の飛ばし先がない…」韓国の反日感情が生んだ”自業自得”の経営難

渡邉哲也(経済評論家)

韓国の経済構造を見誤った、文在寅大統領の経済政策

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社代表取締役社長)

実は韓国人も理解していない「反日」のメカニズム

WWUK(YouTuber)&呉善花(拓殖大学国際学部教授)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×