PHPオンライン衆知 » Voice » 社会・教育 » 「イタリア・ファシズム」と「ドイツ・ナチズム」 当時の影響力とは?

「イタリア・ファシズム」と「ドイツ・ナチズム」 当時の影響力とは?

2022年07月26日 公開

板橋拓己(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

ナチズム

1922年、イタリアでムッソリーニ政権が成立。その3年後に独裁宣言がなされ、ヨーロッパにファシズム政権が誕生した。イタリア・ファシズムは国境を超えて他国にも多大な影響を与え、やがて1933年にはドイツにもヒトラーの独裁政権が確立する。しかし、両国の関係は決して蜜月といえるものではなかった。

※本稿は、細谷雄一・編著『世界史としての「大東亜戦争」』(PHP新書)を一部抜粋・編集したものです。

 

ドイツとイタリアのファシズムの主導権争い

1933年1月、ドイツでヒトラーが首相に就任する。すでにムッソリーニのファシズム政権が確立していたイタリアのメディアは「ドイツ・ファシズムの勝利」と言祝(ことほ)いだが、ここから独伊間の競合が始まる。

そもそも外交・安全保障の面で、当初独伊は対立していた。ムッソリーニは、ヒトラーが求めるドイツとオーストリアの合邦を防ぐため、オーストリアのドルフス政権を支えていた。

1934年6月にヒトラーとムッソリーニの会談がヴェネツィアで行なわれたが、この会談でムッソリーニはヒトラーを「狂人」と判断する。同年7月にオーストリア・ナチ党がクーデタを企てドルフス首相を殺害すると、ムッソリーニは墺伊国境に二個師団を派遣し、軍事介入をちらつかせた。

35年3月にドイツが再軍備を宣言すると、ムッソリーニはストレーザで英仏首脳と会談し、ナチ・ドイツに対する共同戦線を構築した。

こうした情勢を背景に、ファシズムをめぐる主導権争いも独伊の間で生じた。1933年7月、「ローマの普遍性のための行動委員会(CAUR)」が設立され、このCAURの主導で1934年12月にモントルーでヨーロッパ・ファシストの国際会議が開催された。そこにはヨーロッパ各国のファシストが集まったが、ドイツのナチ党からは有力者が参加しなかった。

しかも同会議では、決議をめぐる紛糾があった。イタリア側が協同体主義を強調する一方、たとえばノルウェーの国民結集党の指導者ヴィドクン・クヴィスリングが、ナチ流の人種主義を前面に出そうとしたのである。結果、決議は曖昧なものにとどまった。

ドイツのナチズムとイタリアのファシズムの綱引きは、各国のファシズム運動に反映された。ここではイギリスの例を取り上げよう。同国では、1932年10月にオズワルド・モーズリーが、イタリア・ファシズムに魅了されて、英国ファシスト連合(BUF)を結成していた。

イタリア側も、33年以降に駐英大使ディーノ・グランディを通じてBUFに資金援助をしていた。しかし、モーズリーは徐々に反ユダヤ主義を強め、次第にナチに傾倒していく。

36年にBUFは党名を「英国ファシストおよび国民社会主義者連合」に改め、モーズリーの妻ダイアナ・ミットフォードを通じてナチ・ドイツから資金援助を受けるようになった。逆に、BUFとイタリアの関係は悪化し、イタリア政府からの経済援助は打ち切られることになった。

次のページ
ドイツへの従属を強め、反ユダヤ法を制定したイタリア >

Voice購入

2022年9月号

Voice 2022年9月号

発売日:2022年08月05日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

弱いものから死んでいく地獄の鉄路…ナチス・ドイツの「死への列車」

鴋澤歩(ばんざわあゆむ:大阪大学経済学研究科教授)

日本人のプーチン妄想...「独裁者」を「英雄」にするプロパガンダ

グレンコ・アンドリー(ウクライナ出身/国際政治学者)

アドルフ・ヒトラー~孤独な男の不思議なカリスマ性

4月30日 This Day in History

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。

×