ホーム » Voice » 経済・経営

経済・経営

2019年01月16日

日本は移民を受け入れるべきか?ポール・クルーグマン氏の経済成長論

ポール・クルーグマン(取材・構成:大野和基)

日本は移民を受け入れるべきか?ポール・クルーグマン氏の経済成長論

ポール・クルーグマン(取材・構成:大野和基)

「消費増税は景気回復を妨げる ポール・クルーグマン氏が語る日本経済の未来」 に引き続き、世界的経済学者のポール・クルーグマン氏が、米中貿易戦争の行く末、移民をめぐる日本の経済成長論を説く。 ※本稿は 『...

2019年01月16日

「気づいた時にはもう遅い」大投資家ジム・ロジャーズが予見する金融危機

ジム・ロジャーズ(訳:大野和基)

「気づいた時にはもう遅い」大投資家ジム・ロジャーズが予見する金融危機

ジム・ロジャーズ(訳:大野和基)

<<2018年末の「クリスマス暴落」に始まり、急落・急騰を繰り返した年末年始の株式市場。世界3大投資家の1人として知られるジムロジャーズは、驚くことに2018年夏の時点で今回の事態を「予見」していた。 2019年1...

2019年01月15日

日産ゴーン氏解任で変わる次世代自動車産業

田中道昭(立教大学ビジネススクール教授)

日産ゴーン氏解任で変わる次世代自動車産業

田中道昭(立教大学ビジネススクール教授)

カルロス・ゴーン 日産前会長を巡る騒動が続いている。ゴーン氏解任は、次世代自動車産業にいかなる影響を及ぼすのか。大学教授、上場企業取締役、コンサルタントという3つの顔をもつ筆者が独自の観点から分析する。 ...

2019年01月11日

「年金は破綻しない」と断言できる3つの根拠

荻原博子(経済ジャーナリスト)

「年金は破綻しない」と断言できる3つの根拠

荻原博子(経済ジャーナリスト)

(写真:永井浩) <<「定年時に最低でも3,000万円の貯蓄が必要」とささやかれ、「年金は破綻する」という言説が強調されるなかで、多くの日本人の気持ちを不安にさせている。しかし、そこに真っ向から反論するのが、...

2019年01月07日

消費増税は景気回復を妨げる ポール・クルーグマン氏が語る日本経済の未来

ポール・クルーグマン(取材・構成:大野和基)

消費増税は景気回復を妨げる ポール・クルーグマン氏が語る日本経済の未来

ポール・クルーグマン(取材・構成:大野和基)

2018年12月25日の「クリスマス暴落」を口火に、株価の値下がりが続いている。一方、安倍政権は今年10月に消費税率を10%に引き上げる見込みだ。米中貿易戦争の行方、そして日本経済の未来について、ポール・クルーグマン...

2018年12月28日

クリスマス大暴落は予兆か 大投資家ジム・ロジャーズが予言する「史上最悪の下げ相場」

ジム・ロジャーズ(訳:大野和基)

クリスマス大暴落は予兆か 大投資家ジム・ロジャーズが予言する「史上最悪の下げ相場」

ジム・ロジャーズ(訳:大野和基)

<<2018年12月25日、「クリスマス暴落」が株式市場を襲った。1年3カ月ぶりに日経平均が1,000円超も急落したのだ。株価は一時2万円台を割り込み、各紙は「世界経済減速の懸念」と報じた。 世界3大投資家の1人とし...

2018年12月14日

藤原洋 ポスト平成のGDP倍増計画

藤原洋(株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEO)

藤原洋 ポスト平成のGDP倍増計画

藤原洋(株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEO)

本サイト 「藤原洋 第4次産業革命の時代に必要な三種の神器とは?」  に引き続き、藤原洋氏が、デジタル時代に必要なもの、GDPを倍増させる日本創生戦略を説く。※本稿は 『Voice』2019年1月号 、藤原洋氏の「ポスト...

2018年12月11日

藤原洋 第4次産業革命の時代に必要な三種の神器とは?

藤原洋(株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEO)

藤原洋 第4次産業革命の時代に必要な三種の神器とは?

藤原洋(株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEO)

デジタル化の急速な進行により、現在は第4次産業革命の時代にあるといわれる。ブロードバンド配信事業などを手掛けるブロードバンドタワー代表取締役CEOの藤原洋氏が、全産業「デジタル化」時代を生き抜くためのヒントを...

2018年11月20日

ドイツ「インダストリー4.0」の衝撃、日本政府もイニシャチブを発揮せよ

熊谷徹(在独ジャーナリスト)

ドイツ「インダストリー4.0」の衝撃、日本政府もイニシャチブを発揮せよ

熊谷徹(在独ジャーナリスト)

プラットフォーム・インダストリー4.0のバンティエン事務局長は「中小企業にIoTの重要性を納得してもらうには時間がかかる」と語る(写真:筆者) ドイツ政府は製造業のデジタル化計画「インダストリー4.0」を推進するた...

2018年11月16日

日本との違いは何か?ドイツ「インダストリー4.0」の最終目的地

熊谷徹(在独ジャーナリスト)

日本との違いは何か?ドイツ「インダストリー4.0」の最終目的地

熊谷徹(在独ジャーナリスト)

インダストリー4.0に関する技術導入をめぐり、大企業と中小企業の間で格差が開きつつある(写真:筆者) ドイツは製造業のデジタル化計画「インダストリー4.0」を進めている。日本でもIoTに向けた動きが見られるが、とも...

2018年10月06日

AI搭載の監視カメラが「神」になる日

近藤大介(『週刊現代』編集次長)

AI搭載の監視カメラが「神」になる日

近藤大介(『週刊現代』編集次長)

  ジョージ・オーウェルが描いた世界と酷似 2017年10月に行われた第19回中国共産党大会と、2018年3月に行われた全国人民代表大会(国会)は、いずれも「習近平の習近平による習近平のための大会」だった。 ...

2018年09月23日

「初任給40万」中国企業が日本の学生をかっさらう

近藤大介(『週刊現代』編集次長)

「初任給40万」中国企業が日本の学生をかっさらう

近藤大介(『週刊現代』編集次長)

IT分野を中心に中国企業の台頭が著しい。世界最大の中国市場で「勝ち組」となった企業が日本進出を果たしているいま、日本企業は中国企業の下請けになってしまうのか?  『二〇二五年、日中企業格差』(PHP新書) 著者で...

2018年06月15日

仮面ライダーにプリキュアルーム!?池の平ホテル「一人十色」の人気宿泊プランとは

牟田太陽(日本経営合理化協会理事長)&矢島義拡(株式会社池の平ホテル&リゾーツ代表取締役社長)

仮面ライダーにプリキュアルーム!?池の平ホテル「一人十色」の人気宿泊プランとは

牟田太陽(日本経営合理化協会理事長)&矢島義拡(株式会社池の平ホテル&リゾーツ代表取締役社長)

「何とかしなきゃいかん」 牟田  白樺湖畔(長野県茅野市)に位置する白樺リゾート「池の平ホテル」は、創業60年を超える歴史をもつ県内有数の観光施設です。矢島社長は、2011年に20代という若さで、祖父であり創業者の...

2018年06月14日

「いまの形の銀行はなくなる」ビル・ゲイツ氏の予言の意味とは

浪川攻(経済ジャーナリスト)

「いまの形の銀行はなくなる」ビル・ゲイツ氏の予言の意味とは

浪川攻(経済ジャーナリスト)

写真:毎日新聞経済プレミア編集部   戦後金融史上最大級のヤマ場 メタモルフォーゼ(変態)という言葉がある。 同じ生き物でありながら、蛹が蝶へと脱皮するように、外見上、劇的な変化を遂げる...

2018年05月14日

「修理のプロ集団」が支える半導体産業

鳥塚祐三(株式会社トリコ ファウンダー CEO)

「修理のプロ集団」が支える半導体産業

鳥塚祐三(株式会社トリコ ファウンダー CEO)

国内外の半導体メーカーの躍進を支えた知られざる優良企業とは? 「知られざる優良企業」──この言葉がまさにふさわしいのが?トリコだ。半導体製造装置や液晶製造装置、コンピュータシステム関連機器の修理及び部品...

2018年05月08日

渡邉哲也 日本は米中経済戦争の部外者ではない

渡邉哲也(経済評論家)

渡邉哲也 日本は米中経済戦争の部外者ではない

渡邉哲也(経済評論家)

貿易問題の本質は政治的対立  去る2018年3月8日、米国トランプ大統領がアルミと鉄鋼に関税をかける大統領令に署名、そして同22日、中国に対して輸入産品に関して関税をかけるスーパー301条の発動を発表した。23日にはアル...

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。