ホーム » Voice » 社会・教育

社会・教育

2015年09月14日

五輪エンブレム問題から学ぶ――現代人が守るべき表現倫理とは

小浜逸郎(批評家)

五輪エンブレム問題から学ぶ――現代人が守るべき表現倫理とは

小浜逸郎(批評家)

オリジナルとコピーの違い *以下の文章は、2015年8月28日に脱稿したものですが、その後事態の急展開があったために、一部に現状と適合しない部分があります。しかし原文を残すことも大切と考えますので、一応8月28日時点で...

2015年07月30日

なぜドイツ人は、一瞬でおつりの計算ができないのか

川口マーン惠美(作家、シュトゥットガルト在住)

なぜドイツ人は、一瞬でおつりの計算ができないのか

川口マーン惠美(作家、シュトゥットガルト在住)

財政赤字ゼロでも散々なドイツ 誰にとっての「よい子」なのか  ――本書『 なぜ日本人は、一瞬でおつりの計算ができるのか 』は2007年に川口さんが書かれた『 母親に向かない人の子育て術 』(文春新書)の続編とも...

2015年06月11日

なでしこジャパン・宮間あや主将が語る「土壇場力」

宮間あや(サッカー日本女子代表)

なでしこジャパン・宮間あや主将が語る「土壇場力」

宮間あや(サッカー日本女子代表)

世界が称賛する日本女子サッカー主将のスポーツマンシップ 聞き手 上野直彦(スポーツライター) FIFA女子ワールドカップ(W杯)カナダ2015が開幕し、サッカー日本女子代表・なでしこジャパンは、6月8日にバンクー...

2015年03月16日

反日・反独映画の虚妄――なぜ『アンブロークン』の日本上映を望むのか?

丸谷元人(ジャーナリスト)

反日・反独映画の虚妄――なぜ『アンブロークン』の日本上映を望むのか?

丸谷元人(ジャーナリスト)

《 『Voice』2015年4月号 [特集:歴史の常識を疑え]より》   夫婦でつくる「戦時プロパガンダ映画」  「映画は大衆を教育するためのもっとも有力な道具の1つである」といったのはかのレー...

2015年03月10日

「女子力男子」の消費力……女子化する男子の実態を徹底分析!

原田曜平(博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)

「女子力男子」の消費力……女子化する男子の実態を徹底分析!

原田曜平(博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)

《 『Voice』2015年4月号 より》   「ぬいぐるみ男子」「化粧ポーチ男子」……女子化する男子の実態   若い女性が保守化している  昨年は、さまざまな場所やメディア...

2015年02月10日

子どもの貧困に救いはあるか? 知られざるその実態(鈴木大介)

鈴木大介(ルポライター),オバタカズユキ(フリーライター)

子どもの貧困に救いはあるか? 知られざるその実態(鈴木大介)

鈴木大介(ルポライター),オバタカズユキ(フリーライター)

《 『Voice』215年3月号 [特集:ピケティと格差社会]より》 2008年の大晦日に、大量の派遣切りなどで仕事と住まいを失った失業者に寝場所と食事の提供、弁護士等による各種相談サービスを提供する目的で開設され...

2015年01月27日

若手が育つ! なでしこ・佐々木監督流マネジメント

佐々木則夫(サッカー日本女子代表監督)

若手が育つ! なでしこ・佐々木監督流マネジメント

佐々木則夫(サッカー日本女子代表監督)

《 『Voice』2015年2月号 より》   なでしこ旋風再現なるか  いよいよ今年6月から「FIFA女子ワールドカップ カナダ」(W杯)が開幕する。日本の初戦は6月9日(以降すべて日本時間)にスイス、13...

2015年01月23日

李登輝&魏徳聖 KANO精神と八田與一

李登輝(元台湾総統)、魏徳聖(映画監督)

李登輝&魏徳聖 KANO精神と八田與一

李登輝(元台湾総統)、魏徳聖(映画監督)

《 『Voice』2015年2月号 より》   日本人が忘れてしまった日台の歴史、そして絆がいま鮮やかに甦る! 日本統治時代の台湾から甲子園をめさず球児たちの不屈の青春を描いた映画『KANO』が日本で公開...

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。