TOP » 仕事の心得 » 松下幸之助はなぜ掃除を勧めたのか (1)掃除と仕事は同じ

松下幸之助はなぜ掃除を勧めたのか (1)掃除と仕事は同じ

《『PHP Business Review松下幸之助塾』2012年3・4月号より》

掃除を慣習として徹底させたり、あるいは生活の合理性の上で当然のことと推奨したりする経営者は、近代に限らず近世においても多々見受けられたことだろう。しかし、掃除というものを仕事観や人生観のみならず、自然・宇宙観と関連づけて考え、人間としての成長に役立つものと確信をもっていた経営者は、そうはいないのではないだろうか。松下幸之助はその数少ない一人である。松下は掃除にどのような思いを抱いていたのであろうか。

掃除の重要性を訴えた松下

 松下幸之助が人材教育において、掃除を励行させていたのはよく知られている。

 1980年に、「21世紀に理想の日本を実現するための基本理念の探求と、それを具現する指導者の育成」を目的として、私財70億円を投じて設立した松下政経塾においても、松下は入塾者に徹底した掃除を命じた。

 また一般的にはあまり知られていない教育機関として、滋賀県草津市に松下幸之助商学院がある。1970年に系列のショップ店の後継者教育のために設立された全寮制の学校で、ここでも教育課程の中に生活指導の基本中の基本として日に3度の掃除が組み込まれている。

 2つの教育機関に共通していえることは、専門的な知識や技術の習得の前に、一人の自立した人間になるために、また社会人としての人間的修養を積むために、全人教育を施すという姿勢である。

 その全人教育の中で、掃除は松下の強い意向で重要視され、今日も実践されている。

 松下はなぜ掃除を教育の場で重要としたのであろう。それを考えるために、まず松下自身がどのような過程を経て、掃除にふれ、掃除の効用を感じ取っていったのかをみておこう。

 まず掃除をすることになったのは、九歳のときに和歌山市内で通っていた小学校を4年で中退し、大阪船場に出てきて奉公生活を始めたときからといってよいだろう。

 最初に入った宮田火鉢店では、商品の手入れとともに朝の拭き掃除、3カ月後に移った五代自転車店でも朝晩の拭き掃除や掃き掃除、陳列商品の手入れは必須であった。

 伝統的な商家の習慣に準じたことであったろうが、松下はこうした商家の慣わしの中に日本のよき伝統があり、勤勉さ、忠誠心が醸成される要因があると感じていたようだ。評論家の山本七平氏との対談で次のように語っている。

 「私の若いころには、掃除1つをとっても自分の家の前だけでなく、向う三軒両隣の家の前も掃除したもので、お互いにお隣さんに負けずにやろうというところがありましたが、こうした気構えが最近あまり見かけられなくなったのは、少々残念なことです」(『松下政経塾報』1982年7月1日)

 この発言からも、当時の掃除の原点となっていたのは奉仕の心と商人の美学であったことがわかる。松下からすれば、そうした時代のエトスが失われつつあることが残念に思われたのであろう。

 経営者の立場になってから、掃除についての考え方がうかがえるのは、創業して5年、1923年の年末、29歳の青年実業家の時代である。

 仕事じまいをしている工場内を松下は見回っていた。どこもみなきれいに掃除してある。ところが、従業員の便所の掃除がなされていない。主任も古参社員も傍観しているだけで、互いに反目しあっている風さえある。しかし、どんな状況にあれ、便所は各員が使用する場所であり、互いに声をかけあってきれいにしておくべき場所である。二人に注意しようと思ったが、ゴチャゴチャと口答えや言い訳をするかもしれない。そう考えた松下はみずから箒を持ち、バケツに水をくんで汚物を流し始めた。周りの従業員はびっくりし、手伝っていいものかどうかの判断すらしかねてぽかんとしていたという。

 現場にいた後藤清一(のちの三洋電機副社長)によれば、次のようであった。

 この新工場へ移った年の暮のことである。全員が、恒例行事である年末大掃除を行なった。ひとわたり工場の掃除がすんだ。みんな、着物を着替えて帰り仕度にとりかかっていた。大将(注・松下幸之助のこと)が見回りに来られた。

 「ご苦労さん、きれいになったな」と、褒めながら、便所の戸を開けられたのだ。実は便所だけは、誰も掃除をしていなかったのである。大将の顔色がみる間に変わった。

 「もうお前らには掃除はまかせん」。大将自らコテを持って来て、便器にへばりついた汚物を取りはじめたのである。現在の水洗便所とは違って、当時の工場の便所は汚なかった。

 (えらい悪いことをしてしもた)「大将、わしがやります!」。雑巾を手に、私は夢中で飛び出した。私に続く者が2~3人いただろうか。いっせいに便所掃除をした。汚ないとか、臭いなどという気持はまったくなかった。自分が一番尊敬している、一番大事な大将に便所掃除をさせる――。そのことだけで、私は恥ずかしくてならなかった。やっと掃除が終わった。

 「ああ、ご苦労さん。汚ないのによう辛抱してやってくれたなあ」。大将のニコニコした顔があった。駄賃にたいこ焼き3つずつをもらった。

(後藤清一『叱り叱られの記』日本実業出版社、1972年)

 一方の松下はこのとき、笑顔とは裏腹に、指導精神を強化する必要性を強く感じたという。著書『私の行き方 考え方』(PHP文庫、1986年)に松下は、このときのことを、「はからずもこの便所の掃除をしたことが、私にとって得るところが実に多かったのである」と記している。

 後年、他社の工場を訪問見学したときなど、現場を見ただけで経営がうまくいっているかどうかを言い当てることができたというエピソードがある。なぜそれがわかるのか。松下は掃除の状態を見きわめることで、仕事の円滑な流れや現場の人たちの心がまえを洞察できたからかもしれない。

 掃除はなぜ有効なのか

 掃除が行き届いて美しい状態であれば、だれもが清々しい気分になる。そして整理・整頓がすみずみまでなされていれば、仕事はムダなくより合理的に遂行されるはずである。ただ松下幸之助が掃除に対して認めていた効果はそれだけではなかった。掃除とはだれでもない、自分が実践するものだ。その“みずから実践する”ところに大きな意義を感じていたのである。

 松下は掃除が人の修養に役立つという信念を持っていた。ある講演で、掃除による辛抱が人を成長させることを訴えている。

  “ああ、冷たいなあ”と、寒中、氷の張るようなときに、雑巾で拭き掃除をするということは非常につらいことであります。しかし、こういうつらいことがやがて成功のもとになるんだと先輩が言うておる。こう考えると、辛抱ができるんです。辛抱できるからそのことが身につくんです。ただ、いやでいやでしようがないというだけであれば、その苦労は身につかないと思います。しかしそう言われているから辛抱する、辛抱するからその技術なり仕事が身につくんであります。そうすると苦痛が少なくなってまいります。苦労も少ないようになります。苦労が希望に変わってまいります。

 そうしてみると、1つの拭き掃除にいたしましても、拭き掃除はどうしてやるべきものであるかということが分かってくる。ただ雑巾をしぼってそして拭いたらそれでいいというんではありません。雑巾のしぼり方というもの、雑巾の水のしぼり方ということがまず第一に問題になります。ぼとぼとにしぼって拭いたほうがいいのか、からからにして拭いたほうがいいのかということが、自然に研究されると思います。やはりそこにはそこに適正な湿度というもの、しぼり方というもの、そういうものがあろうと思うんです。それによって拭くと、同じ拭き掃除でありましても、それが能率的であり、拭くものを傷めない。そして適当にほこりを取るということになるわけであります。そのコツが自然に会得される。

(1963年2月17日・大阪府技能競技大会における講演)

 ここで大切なことは、辛抱のはてに身についた技術が仕事の質の向上に繋がり、何事によらずコツをつかむヒントになっていくということである。

 今日、日常のなかで、掃除を何の目的でするのかと問う人はいない。掃除は人間が生活していく上で必要不可欠な行為である。だからこそ、いかに的確に遂行していくかが普遍的な修業となるはずだ、松下はみずからの経験を通してその意を強くし、さらに従業員にもそうした修業を課すようになった。

 大阪市北区(現在は福島区)大開〔おおひらき〕町で創業して以降、事業が順調に進み、工員たちを工場に住まわせるようになった頃のエピソードを、当時を知る社員は次のように語る。 

 毎晩、就寝前に所主(注・松下幸之助のこと)ご夫妻の寝室の前の廊下へ正座して「お先に休ませていただきます」とあいさつします。声がかれていれば「仁吉とん、かぜ引いてんのと違うか、暖うして寝えや」と注意されます。無精して立ってあいさつすると、必ず翌朝、女中さんから「昨夜、あの子無精して立ってあいさつしたと、奥さんが言うてはりましたで」と言われ、朝食もそこそこに逃げ出したものでした。

 掃除は順番にやることになっていましたが、始めて便所掃除の当番があたったときです。先輩の指示どおり四時に起床。便器の中までタワシでこすり、水洗いをして、これですんだと朝風呂に飛んで行きました。

 8時の朝礼がすんで帳簿を広げていると、所主が便所のところで呼んでおられるとのこと。行ってみると、「今朝、便所掃除はしたのか」とのお尋ねです。見ると、便所の立つところが泥で汚れています。というのは、前面の道路は舗装されてないので、水洗いしただけですと、靴や八つ割草履で持ち運んだ土が残って、泥だらけになったわけです。

  「便所の掃除も製品をつくることも同じだ。次の次のことを頭にいれて、仕事をしなければいけない」と、きびしく叱られました。

 (森川仁八郎「私の思い出・きびしいが身についたしつけ」/遊津孟・監修『松下幸之助の人づかいの真髄』日本実業出版社、1977年)

  ここで松下は、具体的な説明として、掃除をうまくやるには、段取りが必要だということを指摘している。段取りが悪ければ仕事は完全にならない。この点において〝掃除と仕事は同質のものだ〟という見解を示しているのである。

 

渡邊祐介

(わたなべ・ゆうすけ)

PHP研究所 松下理念研究部長

 1963年大阪府生まれ。86年筑波大学社会工学類卒、PHP研究所に入社。2003年大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。修士(経済学)取得後、現職。
著書に『ドラッカーと松下幸之助』(PHPビジネス新書)、『経営哲学の授業』[共著](PHP研究所)、『ステークホルダーの経営学』[共著](中央経済社)などがある。


◇掲載誌紹介◇

 PHPビジネスレビュー 松下幸之助塾 

隔月刊 各27日(年間6冊)
年間購読 5,670円

2012年 3・4月号
2012年2月27日発売

 

【特集「掃除・5Sで経営が変わる!】
・松下幸之助はなぜ掃除を勧めたのか
 渡邊祐介
・掃除の効用は、やってみなければ分からない
 鍵山秀三郎
・目的や説明を求めずに実践することをどう考えるか
 加護野忠男
・SAP理論で解明できる掃除・5Sの効果とは!
 大森 信
◇掃除・5S 現場レポート特集
・運転技術はもちろん“心”を磨いてほしい
 驚異的な集客力を誇る自動車教習所Mランド益田校
・5Sを通じて“会社のDNA”をつくりあげたい
 中九州クボタの“進化する5S”  など

関連記事

http://shuchi.php.co.jp/

WEB特別企画

WEB連載

  • 和田彩花の「乙女の絵画案内」

    和田彩花の「乙女の絵画案内」

    和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

    人気アイドルグループ「スマイレージ」のリーダー、和田彩花が、大好きなアートについて思う存分語る、画期的な美術論。PHP新書から好評発売中!

  • 「虚構」は「現実」である

    「虚構」は「現実」である

    斎藤 環 (精神科医)

    フィクションとリアルの混同とは何か。サブカルチャーに精通する精神科医が、映画、漫画、小説などから読み解く現代世相。

  • 今だから話そう、大震災のあの時あの現場

    今だから話そう、大震災のあの時あの現場

    熊谷 哲( PHP総研 主席研究員)

    東日本大震災当時、内閣府から派遣された熊谷哲(現・PHP総研)が経験した事実をそのまま明かす「あの時あの現場」。

松下幸之助の今日の一言

松下幸之助の今日の一言

App Store
PHP研究所 mixiページ

ページトップ

TOP » 仕事の心得 » 松下幸之助はなぜ掃除を勧めたのか (1)掃除と仕事は同じ