ホーム » スキルアップ » 【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは 

【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは 

2014年01月08日 公開

五百田達成(心理カウンセラー、作家)

PHP文庫『実はあなたもやっている!? ウザい話し方』より

 

あなたの周りにこういう人はいませんか?

「悪い人じゃないんだけど、その人と話すとぐったり疲れてしまう」
「実はいい人、なのに話しているとイラッとする」
「嫌いなわけじゃない、けどなんとなく絡みづらい」
「付き合いはむしろ長い、でも面倒くさくてつい他の人と話してしまう」

 誰でも1人や2人はそういう人を思い浮かべられるのではないでしょうか。

 では、その人たちを「疲れる人」「面倒くさい人」にしてしまっているのは何かといえば、他でもない「話し方」です。

 ちょっとした言い回しが気になる、なにげない語尾がなぜか鼻につく……。本人の人柄や能力とはまったく別のところで、話し方の無意識のクセがその人の価値を下げてしまっているのです。

 そうした「知らず知らずのうちに人に不快感を与えている話し方」を本書では「ウザい話し方」と名づけ、全部で50パターン、ピックアップしました。パラパラとページをめくってもらえれば、すぐに「ああ、こういう人いるいる!」「わ、これって○○さんのことだ」と、次々と思い当たるはずです。

 ところが……

 次第にあなたはもう1つのことに気づきます。

 「これって自分もやってない?」「げっ、私のこと言われてる」「えっ!これの何がいけないの!?」

 そう、「ウザい話し方」の怖いところは「実は自分でもやってしまっている」ことにあります。というのも、こうした話し方は、誰からも非難されるようなひどいマナーや、あからさまに失礼な態度ではないので、自分で気づくのがとても難しいのです。

 なにげない話し方が相手に小さなストレスを与える。でも「ちょっと、やめなよ!」と面と向かって注意されるほどではない。だから本人は同じ過ちを繰り返す。次第に周りから人が減っていく。いつのまにか自分と話すときだけみんなの表情が半笑い、気づくと仲間うちの集まりに自分だけ誘われてない――そんなホラー映画のようなことに、まさにあなた自身も陥る可能性があるのです。

iyashi

著者紹介

五百田達成(いおたたつなり)

作家・心理カウンセラー、米国CCE.Inc.認定GCDFキャリアカウンセラー

東京大学教養学部卒業後、角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「コミュニケーション」「恋愛・結婚・仕事」「生活者心理」「社会変化と男女関係」を主なテーマに執筆や講演を行う。鋭い分析と優しい語り口が人気となり、『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)、『私の何がイケないの?』(TBS系)などメディア出演多数。
また、東京・恵比寿にて女性のための人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ』を主宰。“日本一女心のわかる男”として、働く女性や職場で女性との接し方に悩む男性などから多くの支持を集めている。
著書に13万部を超えるベストセラーとなった『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』(クロスメディア・パブリッシング)がある。その他、『結婚できないのはママのせい?』(阪急コミュニケーションズ)、『今すぐ「グズな心」をやっつける方法』(三笠書房)、『子猫と権力と×××~あなたの弱点を発表します』(クロスメディア・パブリッシング)、『フェイスブックで「気疲れ」しない人づきあいの技術』(フォレスト出版)、『一瞬で幸せ本能がめざめる心のゆるめかた』(中経出版)、『「2回目のない女」を卒業します』(メディアファクトリー)など。

関連記事

編集部のおすすめ

頭がいい人の話し方が身につく3つの「口ぐせ」

樋口裕一(多摩大学教授)

雑談が絶対盛り上がる3つの鉄板ネタ

野口敏(TALK&トーク話し方教室主宰)

「聞き上手」の人が心がけている、たった1つのこと

野口敏(TALK&トーク話し方教室主宰)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは