ホーム » 経済

経済

2015年07月30日

なぜドイツ人は、一瞬でおつりの計算ができないのか

川口マーン惠美(作家、シュトゥットガルト在住)

なぜドイツ人は、一瞬でおつりの計算ができないのか

川口マーン惠美(作家、シュトゥットガルト在住)

  財政赤字ゼロでも散々なドイツ 誰にとっての「よい子」なのか  ――本書『 なぜ日本人は、一瞬でおつりの計算ができるのか 』は2007年に川口さんが書かれた『 母親に向かない人の...

2015年04月27日

牛尾治朗・「競争力を育てるこれからの改革」7つの視点

牛尾治朗(ウシオ電機〔株〕代表取締役会長)

牛尾治朗・「競争力を育てるこれからの改革」7つの視点

牛尾治朗(ウシオ電機〔株〕代表取締役会長)

松下幸之助がみずからの「相談役」としていたという牛尾治朗氏。長きに渡って、わが国の改革に携わってきた政財界の重鎮に、今後の日本が進むべき方向について聞いた。

2015年04月20日

これから10年、伸びる業界・沈む業界

池上浩一(野村ホールディングス シニア・コミュニケーションズ・オフィサー)、渡邉正裕(ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長)

これから10年、伸びる業界・沈む業界

池上浩一(野村ホールディングス シニア・コミュニケーションズ・オフィサー)、渡邉正裕(ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長)

グローバル化とIT化によって急速に世界が身近になり、今後これまでと同じ働き方では生き残れない時代になってくる。今後10年の変化について専門家にうかがった。

2015年04月10日

炎上する企業が続出!その理由とは?

野村修也(中央大学法科大学院教授、森・濱田松本法律事務所客員弁護士)

炎上する企業が続出!その理由とは?

野村修也(中央大学法科大学院教授、森・濱田松本法律事務所客員弁護士)

  企業は炎上にどう対処すればいいのか 近年、企業の失態に対し過剰に反応する「炎上」が増えている。 企業はこうした炎上にどう対処すればいいのだろうか。 中央...

2015年03月16日

ローカルアベノミクスで地方は再生するのか〔2〕

若田部昌澄(早稲田大学政治経済学術院教授)

ローカルアベノミクスで地方は再生するのか〔2〕

若田部昌澄(早稲田大学政治経済学術院教授)

《PHP新書『 ネオアベノミクスの論点 』より》   人口減少下でも経済成長は成し遂げられる  次に地方創生のもうひとつの課題である「人口減少」ですが、まず人口問題...

2015年03月13日

ローカルアベノミクスで地方は再生するのか〔1〕

若田部昌澄(早稲田大学政治経済学術院教授)

ローカルアベノミクスで地方は再生するのか〔1〕

若田部昌澄(早稲田大学政治経済学術院教授)

《PHP新書『 ネオアベノミクスの論点 』より》   ローカルアベノミクス 2つの課題  ここにきて大きな注目を浴びているのが「ローカルアベノミクス」、または「地方...

2015年01月22日

日本の立場を危うくする「アジアの時代」の足音

田村耕太郎(前参議院議員、シンガポール大学兼任教授)

日本の立場を危うくする「アジアの時代」の足音

田村耕太郎(前参議院議員、シンガポール大学兼任教授)

《PHPビジネス新書『 アジア・シフトのすすめ 』より》   デジャヴ  中国人やインド人の中には、自国を「新興国」と呼ばれるのを嫌う人がいる。新興国という言葉には「新参...

2014年12月09日

《『PHPビジネスレビュー松下幸之助塾』2014年11・12月号「なるほど!日本経営史講座」より》 <構成:嶋 丈太郎>   明確なビジョンで危機を突破―企業を再生させた偉大な経営者た...

2014年12月08日

《PHP新書『 ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼 』より》   自国中心主義的な経済路線に未来はない  昔の自民党みたいに、公共事業で経済を活性化させようという、古いタイ...

2014年11月26日

地方創生と大学の役割~「L型大学」に舵を切れ

荒田英知(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

地方創生と大学の役割~「L型大学」に舵を切れ

荒田英知(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

《 政策シンクタンクPHP総研  研究員コラムより》    秋の臨時国会の目玉とされた、地方創生法案が解散間際に成立しました。今後、国は50年後に総人口1億人を維持するための「長期ビジ...

2014年11月26日

高橋洋一・ブラック企業も減る!アベノミクスの効果とは

高橋洋一(政策工房会長、嘉悦大学教授)

高橋洋一・ブラック企業も減る!アベノミクスの効果とは

高橋洋一(政策工房会長、嘉悦大学教授)

《 『アベノミクスの逆襲』 より》   失業率を大きく下げる役割を担うのは「厚生労働省」ではない  日本で「失業率を大きく下げる役割を果たすのは、どの役所?」と聞くと...

2014年11月10日

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔2〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔2〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

  <聞き手:荒田英知(政策シンクタンクPHP総研 主席研究員)   大学にも当てはまるGとLの世界 荒田  地方創生を進める時の地域資源として、大学をど...

2014年11月06日

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔1〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔1〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

《社会変革プラットホーム「変える力」より》  2014年秋の臨時国会では、「地方創生」が大きなテーマとなった。安倍総理は、内閣改造で石破茂氏を地方創生担当大臣に任命するとともに、「ま...

2014年07月31日

冨山和彦・なぜローカル経済から日本は甦るのか

冨山和彦 (経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

冨山和彦・なぜローカル経済から日本は甦るのか

冨山和彦 (経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

《PHP新書『 なぜローカル経済から日本は甦るのか 』より》 労働力消滅? 今、かつてないパラダイムシフトが起こっている  景気が良いと人手が不足し、景気が悪いと人手が余る。  こ...

2014年04月11日

《 特設サイト『松下幸之助.com』今月の「松下幸之助」  より一部を抜粋》   これからの日米関係はどうあるべきか――。 松下幸之助が生きた時代、アメリカは日本にとって、戦勝...

2013年12月11日

シェール革命で、日本は戦後最大のエネルギー危機をむかえる!

藤 和彦 (世界平和研究所 主任研究員)

シェール革命で、日本は戦後最大のエネルギー危機をむかえる!

藤 和彦 (世界平和研究所 主任研究員)

《『 シェール革命の正体 』より》   中長期を見据えた大戦略を今こそ確立せよ  今、世界はシェール革命に沸いている。  シェールガス(オイル)とは、泥岩に含まれる天然...

iyashi

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済