ホーム » 趣味・教養 » 「こんなの習ってない!」「さくらんぼ計算?」 親が知らない今どきの小学生の算数

「こんなの習ってない!」「さくらんぼ計算?」 親が知らない今どきの小学生の算数

2018年06月08日 公開

小杉拓也(東大卒プロ算数講師、志進ゼミナール塾長)

親が子供に算数を教えられない!?

 

小学1年生が一番つまずく「くり上がり」「くり下がり」計算が簡単に

「塾なんか必要ない。小学生くらいなら家庭で教えられる」と、お子さん、お孫さんの勉強を家庭で見てあげている方も多いかもしれません。
しかし、今と昔では学校の「学習指導要領」が変わっていることをご存知ですか?

つまり、自分が習ったことと現代の子どもの習っている内容が微妙に違う、というパターンがあるのです。それを知らずに、学校とは違う教え方をしてしまうと、子どもを混乱させてしまいかねません。

たとえば、みなさんは、小学1年生の算数で習う「さくらんぼ計算」をご存知でしょうか。

保護者世代では知らないという人も多いかもしれませんが、今の多くの小学生が学校でこの「さくらんぼ計算」を教わっています。
その計算法とはどのようなものか、次の(1)の足し算で解説しましょう。

(1) 8+7=     

大人ならごく簡単な計算ですが、慣れない子どもにとっては難しいもの。小学1年生が一番つまずくのが、くり上がりのある足し算(くり下がりのある引き算)なのです。

この式では、まず足す側の整数「7」を2と5のふたつに分けて考えます。足される側の8に2を足すと10というキリのいい数字になり、これに残りの5を足せば15という答えが導き出せるのです。

これが「さくらんぼ計算」です。この考え方を使って、もう一問、(2)を解いてみましょう。

(2) 53+9=

この場合も、「9」を7と2のふたつの整数に分け、53と7を足して60のまとまりを作り、そこに残りの2を足して62という答えを導きます。

さくらんぼ計算のしかた

このように、足す側の数字から2本の線を引いて〇を設け、そこにふたつの数字を書き入れるとまるでさくらんぼのような形になることから、この名前がついたといわれています。

お子さんがこの「さくらんぼ計算」に慣れてきたら、「さくらんぼを書かずに、頭のなかで考えて解いてみよう」と声をかけてあげてください。

(次ページ:2ケタでも4ケタでも応用がきく「さくらんぼ計算」)

次のページ
2ケタでも4ケタでも応用がきく「さくらんぼ計算」 >


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

「算数ができる子」の親の共通点とは

大迫ちあき(M&C Study room主宰)

子どものための発達トレーニングに取り組む養育者のかたへ

岡田尊司(精神科医)

電卓に隠された「2220」のミステリー

桜井 進 (サイエンスナビゲーター)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » 「こんなの習ってない!」「さくらんぼ計算?」 親が知らない今どきの小学生の算数

×