ホーム » 生き方 » 「英語が得意な子」の親が家庭でしていること

「英語が得意な子」の親が家庭でしていること

2018年11月06日 公開

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)

英語を好きになってもらうために、親ができること

<<中高生から社会人まで実にたくさんの日本人に英語を教えてきた人気講師・関 正生氏によると、子どもの英語教育のうえで最も大切なことは、"英語を嫌いにさせないこと"だそうです。
ですが、「英語を好きになりなさい」と言って好きになるものではありませんし、無理に押し付ければ逆に嫌いになってしまうことも。

では、子どもに英語を覚えさせたいならどうすればいいでしょうか? 家庭で保護者ができる効果的な働きかけを教えてもらいます。>>

※『子どもの英語力は家で伸ばす 本物の英語が身につく最強の家庭学習法』(かんき出版)より一部を抜粋編集したものです。

 

子どもの言う「つまらない」の真の意味は?

最初は英語学習を楽しそうにしていた子どもでも、単調なパターンや暗記が増えてきて、少し飽きてきたり壁を感じたりすることもあるようです。子どもが英語を「つまらない」と言ったときに保護者ができることとはなんでしょう。

子どもは勉強に対してマイナスの感情をすべて「つまらない」という一言でまとめがちです。ですからその子の「つまらない」が一体「何を原因としているのか?」「どうつまらないのか?」を考えてみることが大事です。

間違っても「つまらない」という言葉に反応して、「楽しむ姿勢が大事」などと言ったり、「面白い教材ならいいのか」と短絡的に考えたりしてはいけません。

たとえるなら、病院で患者が「なんかだるい」と言っているのと同じです。みなさんが医者だとすると、お腹の不調なのか、頭痛なのか、疲れなのかなどを判断して、適切な薬を処方しないとなりません。実は単なるストレスなのに、胃薬を処方してしまっては治るものも治りませんよね。

さて、子どもが「つまらない」と言うときは、英語に対するモチベーションが下がったときです。その大きな原因としては、以下の2つがあります。

原因(1) やったのに上達しない
原因(2) 教材が面白くない

では、それぞれに対してどう対処すべきかお伝えしましょう。

次のページ
結果が出るまでに時間がかかると腹をくくるには >



関連記事

編集部のおすすめ

英語の幼児教育は両刃の剣? カリスマ講師が考える最適年齢とは

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)

親が教える! 子どもが"英語好き"になる3つのお話

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)

「算数ができる子」の親の共通点とは

大迫ちあき(M&C Study room主宰)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「英語が得意な子」の親が家庭でしていること

×