ホーム » 生き方 » 「叱る」をやめるだけで、子育てがラクになる理由

「叱る」をやめるだけで、子育てがラクになる理由

2020年01月23日 公開

須賀義一(すがよしかず)

叱らない子育てでラクになる

SNSで注目度が急騰している須賀義一さんの「叱らなくていい子育て」。須賀氏は保育園にて10年間勤務するも、子どもの誕生を機に退職し、主夫業の傍ら保育、既成概念にとらわれない本当の意味で個々の子どもを尊重した関わり、子育ての仕方を模索し、提案。その子育て論が多くの人に支持されています。

ここでは、須賀氏の著書『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』より、「叱らなくていい子育て」に触れた一節を紹介する。

※本稿は須賀義一著『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』(PHP文庫)より一部抜粋・編集したものです。

 

結局、「叱る」ほうがいいの? 「叱らない」ほうがいいの?

「叱らない子育て」というと、公共の場所などでもマナーが守れずに周りに迷惑をかけつつもそれをなんとも感じていない子どもや、それを野放しにしている親を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

この場合は「叱らない」子育て方法というよりも、子どもに関心が低かったり放任してしまっているような人が、その言い訳として「叱らない子育て」を持ち出しているケースのような気がします。

または子どもとの関わり方がわからなかったり、その大人自身は好ましくない行動であると考えていても自信が持てなくて、うまく子どもに「NO」と言えない人なのかもしれません。

しかし、仮に叱ることが子どものためにならないと考えているにしても、それならば叱る以外の方法を使って社会や公共のマナーやルール、人に迷惑をかけてはいけないことを伝えているはずです。

その働きかけすら親のほうにするつもりがないというのであれば、それはそもそも子育て以前に、その大人自身に社会や公共のマナーを守るべきであるという感覚が備わっていないということです。それは子育て方法以前の問題と言えるでしょう。

ですが一般的には「叱らなくていい子育て」と聞いたときに、この「叱る子育てvs.全く叱らない子育て」を想起してしまう人が多いかと思いますので、まずはここから考えてみたいと思います。

僕はどちらの考えにも、子育てを難しいものにしてしまう、ある種のあやうさがあると感じます。

おそらく多くの人も感じるように最初から「全く叱らない」と決めつけて子育てする必要はないでしょう。子どもが本当にすべきでないことをしたとき、そしてそれを大人が強く伝えなければならないときに「叱る」ということは大切な関わりになります。

次のページ
否定、制止、禁止、指示…子どもを支配しようとする「叱る子育て」 >



関連記事

編集部のおすすめ

麹町中学校長の危惧「叱るほどに、子どもが感情をコントロールできなくなっていく」

工藤勇一(千代田区立麹町中学校長)

“過保護”が原因で体重20kgにまで激減…娘を追い詰めた「母親の支配欲」

片田珠美(精神科医)

絶対にNGなのに…「よその子ども」と比べてしまう親の心理

平岩国泰(放課後NPOアフタースクール代表)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「叱る」をやめるだけで、子育てがラクになる理由