ホーム » 生き方 » 子どもへの「早く起きなさい!」の言葉が危うい理由

子どもへの「早く起きなさい!」の言葉が危うい理由



2021年03月19日 公開

水野達朗(大東市教育委員会教育長),山下真理子(家庭教育アドバイザー)

水野達朗,山下真理子

小中学生の自立を育むための家庭教育論をベースに家庭教育支援と不登校支援のアドバイザーとして活動をする水野達朗氏と山下真理子氏。

同氏の著書である『これで解決!   母子登校 不登校にしない、させない家庭教育』では、不登校の前兆ともいわれる母親の付き添い登校(母子登校)を早期に解決するために大切な家庭教育のあり方を、具体的にマンガで示している。

本稿では同書より、家庭教育を行なう上で親が持つべき意識や注意しなければならない言動ついて、ついイライラしてしまいがちな朝の時間を例に紹介する。

※本稿は『これで解決!   母子登校 不登校にしない、させない家庭教育』(PHP研究所刊)より一部抜粋・編集したものです。

 

"子どもに失敗させたくない"という考えは危険

子どもが小学校に進学すると、多くの親御さんは朝の対応に追われます。

朝起こしに始まり、朝ご飯、身だしなみチェックに、遅刻しないように家を出発させるなど、家庭によってそのご苦労はさまざまです。

子どもが布団からのそのそと起きた瞬間から…

「いつまで寝てるのよ。毎日同じこと言わせないで!」
「寝ぐせついたままよ!いい加減にしなさい」
「ほら早く食べなさい!前にも遅刻しかけたでしょ、バカ!」
「ハンカチ持った?もう!水筒も忘れてるじゃないの!」

と始まってしまうことも多いのではないでしょうか。

このように朝に一生懸命になって対応されている親御さんは愛情にあふれた親だといえます。

「今日は子どもをどう叱ってやろうか」
「さて、どうやってあの子の自尊心を傷つけてやろうか」

などと思いながら目を覚まし、子どもたちの朝食を作る親は、まずいませんよね。

しかしながら、近年はその愛情が子どもの自立心や社会性等の成長につながらないケースがとくに増えてきているように感じます。つまり「過干渉」や「過保護」といわれる対応です。

一生懸命な親御さんであればあるほど、子どもに失敗させたくないという気持ちが強く、先回りして子どもが失敗する経験、失敗から学んで起き上がる経験を奪ってしまうことにつながります。

このような家庭教育で育った子どもは幼かったり、わがままだったり、極端に打たれ弱かったりと心配な傾向が強まることが、支援の現場ではよく見受けられるのです。

 

"イライラ"しがちな朝だからこそ"ニコニコ"を意識する

朝の対応はどのように接していくのが良いか考えてみましょう。

多く見られるのは、親御さんが「時間だよ」、「朝だよ」、「起きな」と子どもに声をかけていたり、子どもの身体をゆすったりして起こす対応です。

何気ないいつもの朝の風景に見えますし、実際子どもの頃そうやって起こされたという親御さんも多いのではないでしょうか。

しかしこれらはやってはいけない起こし方なのです。

親御さんが声をかけて、それを聞いてから起きることが習慣化してしまうと、子どもは自分から時計を見て起きることができなくなってしまいます。

親御さんが声かけをやめない限り、子どもは時間に対する意識が低いままになるのです。

ゆすって起こすのも同様で、親御さんにゆすってもらわないと起きれない子どもになってしまう可能性があります。

親御さんは「7時よ」というように時間の告知のみを行なうようにしましょう。

子どもは時間を聞いて自分で起きるか起きないかを決められるようになるので、親御さんの指示待ちではなく、自立に一歩近づくことができます。

また朝は脳が覚醒しておらず、時間も限られているためつい感情的になりイライラしてしまいがちです。親御さんも朝は子どもの細かいことを気にしすぎず、自分のことに専念するのもよいでしょう。

朝のスタートをイライラではなく、ニコニコ過ごすように気を付けてみてはいかがでしょうか。

次のページ
否定的なコミュニケーションは自己肯定感が失われるきっかけに... >



関連記事

編集部のおすすめ

開成高校の元校長が教える、「思春期のイライラ」との上手な付き合い方

柳沢幸雄(北鎌倉女子学園園長)

子どもが問題行動をピタリとやめる「ひと言の質問」

工藤勇一 (千代田区立麹町中学校長)

「周囲の評判ばかりを気にする親」に縛られ続けた子の悲劇

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 子どもへの「早く起きなさい!」の言葉が危うい理由

×