PHPオンライン衆知 » 生き方 » 「べつに、ふつう、わすれた」会話が成立しない子どもにどう接する?

「べつに、ふつう、わすれた」会話が成立しない子どもにどう接する?

2022年03月07日 公開

玉居子泰子(たまいこ・やすこ)

玉居子泰子

子どもと対話していますか?いざ子どもの話を聞こうとしても、「わすれたー」ばかりでがっくり…なんてことも。

親も子も安心して気持ちを話せる場「かぞくかいぎ」を筆者自身も試してみて、親子の対話に変化がありました。

※本稿は、玉居子泰子著『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』(白夜書房)を一部抜粋・再編集したものです。

※いわゆる、会社で行なわれているような一般的な会議は「会議」と表記し、家族がフラットに意見を交わし合うことは「かぞくかいぎ」「かいぎ」と表記しています。

 

空回りする親子の会話

きっかけは、長男が小学校に上がってすぐの頃でした。

新しい環境に入ることが苦手で、典型的な「内弁慶の外地蔵」だった息子。小学生になって、どんなふうに日々を過ごしているのか、私はずっと気になっていました。

よく帰宅後の息子をつかまえては、こんな質問をしたものです。

母「おかえり! 学校、どうだった? 楽しいことあった?」
息子「べつに」
母「給食、おいしかった?」
息子「ふつう」
母「え、何が出たの?」
息子「わすれたー」
母「どんな勉強したの?」
息子「……わすれた!」

これがお決まりの会話。

空回っている……。

ランドセルをおいて、すぐに近くの公園に遊びに行ってしまいます。

「友だちを作って、それなりに楽しく過ごしてくれているなら、まあいいか」

そう思いながらも、何か嫌なことが起きると、不機嫌な態度をとったり、涙をためて黙り込んだりする息子のことが気になっていました。

 

初めての「かぞくかいぎ」は大失敗

「この子の気持ちを理解したい」という思いは次第に大きくなり、家族に「かぞくかいぎをしてみない?」と提案してみました。

まず、かいぎシートを作成。

「かぞくのかいぎ」
・こんしゅうよかったこと、うれしかったこと
・こんしゅうできたこと
・こんしゅういやだったこと、つまらなかったこと
・こんどいきたいところ、ほしいもの
・らいしゅうしたいこと
・かぞくのだれかにやってほしいこと

かいぎでは、シートにそれぞれが回答を書き込んで、揃ったら発表しようという提案です。このとき、作ったわが家のルールはシンプルなもの。

「かぞくかいぎでは何を言ってもいいけど、何か言うようにしよう」
「他の人の話はちゃんと最後まで聞こう」
「いいよ!」とはりきる娘。息子も、うなずいています。

ところが、娘はようやく読めるようになったひらがなを読むのに精いっぱい。「こんしゅう、ってなに? あした?」と、ぽかーんとしています。肝心の息子は、入ったばかりの野球チームの練習を終えて疲れているのか、あまりやる気は見られません。

ペンをとった! と思ったのもつかの間、書いた言葉は……。「ノーなし、なし、なし」

え、まじか!

最後にご丁寧に、梨の絵と、おまけに「う○こ」の絵も描いてくれています。娘も、お兄ちゃんの紙をのぞきこんで、にっこり笑って大きな反転文字で「なし、なし、なし!(梨マーク)」と元気に書いてくれました。

あ、ありがと……。

まったく、どうしようもない。

わが家の初めてのかぞくかいぎは、記録を見直しても苦笑してしまうような、お粗末なものでした。やっぱり、うちには、かぞくかいぎなんて合わないのかな……?

そう思ったのは確か。

それでも、「ま、もうちょっと続けてみようよ」という夫の声もあり、1、2週に1度、時間がある休日の夜に、めげずにかぞくかいぎを開きました。

次のページ
たった10分の「かぞくかいぎ」で変化が >

関連記事

編集部のおすすめ

「応援しづらい子どもの夢」親は反対すべき?

玉居子泰子(たまいこ・やすこ)

国民的俳優の母が語る、子どもの「才能の芽」をつぶさない親の態度

菅生好身(一般社団法人ライフバランス協会代表理事)

話、聞いてる?…増える「うなずけない子」に親が取るべき”3つの態度”

黒川伊保子(感性リサーチ代表取締役)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「べつに、ふつう、わすれた」会話が成立しない子どもにどう接する?

×