ホーム » スキルアップ » 東大首席・山口真由が教える「7回読み勉強法」とは?

東大首席・山口真由が教える「7回読み勉強法」とは?

2017年06月19日 公開

山口真由

本記事は、山口真由著『東大首席が教える[超速]「7回読み」勉強法』(PHP文庫)より、一部を抜粋編集したものです。

山口真由

「頭のいい人」になれる最良の手段は、「勉強法」を身につけること

「頭がいい」人、「勉強ができる」人

「頭がいい人」という言葉に、皆さんはどんなイメージを抱かれるでしょうか。

そのイメージは、おそらく一様ではないでしょう。同じ頭のよさでも、その特徴や表れ方は多種多様だからです。

この中で、もっとも憧れられる存在といえば、いわゆる「天才」です。なんの努力も必要とせずに、即座に正解にたどり着ける、真の才能の持ち主です。

しかし実のところ、私は今までの人生で、「この人は本当に天才だな」と、心から感服してしまうような存在には出会ったことはありません。学生時代を過ごした東大、卒業後に在職した財務省、そして現在携わっている弁護士の世界--それぞれの場所で優秀な方々とは多く出会ってきましたが、その方々も皆、何らかの形で努力と試行錯誤を重ねています。生まれついての真の天才というのは、たとえ存在したとしても、極めて少数ではないでしょうか。

では、私たちが日常で出会う「頭のよい人」とはどんな人たちかを考えてみましょう。

頭の回転がすさまじく速い人、「論理的思考」に優れた人、問題が発生したときに柔軟な発想で解決する人、その場その場で求められる行動を適切にとれる(=空気を読める)人……などなど、これまた、様々な人物像が浮かんできますね。

その中で、もっとも単純でわかりやすい基準といえば――。

実は、「勉強ができる」という評価ではないでしょうか。

「勉強ができる」は「頭がいい」と完全にイコールではありませんが、大きな要素のひとつです。

そして同時に、非常に「得やすい」評価でもあります。

意外に感じられるでしょうか。では、少し補足してみましょう。

シャープな論理力や発想力、空気を読む力などによって「頭がよい」という評価を受けようとすると、簡単に壁にぶつかります。なぜならそれには、瞬発力、センス、コミュニケーション力といった能力が問われており、これらの能力は先天的な要素を多く含んでいるからです。さらにいえば、瞬発力やセンス、コミュニケーションカについては、客観的な基準がないのです。したがって、いくら自分はコミュニケーションカに優れた人間だと思っても、それを誰にも疑いようのない方法で証明し、他人からの評価を得るのは非常に難しいことなのです。

しかし「勉強」は違います。どんな人であっても、ひとつの方法でじっくり積み重ねていけば、知識はかならず頭に入り、成績へと反映されていきます。簡単にいうと、勉強によって得られる知識は「誰でも必ず身につく」ものなのです。

 

「理解と認知の最短距離」=勉強法を身につけよ!

では、「勉強のできる人」になるには、何が必要でしょうか。

それは、「自分の勉強法」を確立することです。

そもそも勉強とは、新たな知識に触れ、それを理解していくプロセスのこと。このプロセスをいかに短時間で確実に行えるか。勉強法とは、その方法論です。

つまり知識を自分のものにするための最短距離を心得ていて、それを実践している人が、すなわち「勉強のできる人」ということになります。

勉強法が確立できていると、ある意味とても「楽」です。自分の勉強法というレールに乗るだけで、他のことは考えなくてもゴールにたどり着けるからです。

もし、このレールがなかったらどうでしょう。

この参考書を選んで正解だったろうか? ほかの参考書のほうがよかったのでは? いや、そもそもただ参考書を読んでいるだけでいいのだろうか? 無駄なやり方をしているのでは? 自分は要領が悪いのでは? ――といった疑念が必ず頭をよぎるはずです。そして、そういうちらりとした疑念は、頭の中でどんどん大きくなっていき、徹底的に検証しなければ気が済まなくなります。別の参考書を何冊も買い込んだり、ほかの人のやり方を真似ては「やっぱり合わない」と引き返したり、勉強を進めるという本論ではなく、疑念の解消に時間を使い、回り道を重ねてしまいます。「無駄なやり方をしているかも」と心が揺らいで、さらに無駄を重ねてしまう、なんとも皮肉な展開になってしまいがちなのです。

勉強法というレールさえ敷いてあれば、そうした迂回の一切をシャットアウトできます。

私の場合、偶然かつ幸運なことにこのレールをかなり早い段階で敷くことができました。

それはどういうことか。私は、小さいころから活字に触れる機会が多かったのです。両親が様々な絵本を読み聞かせてくれたこと、身の回りに多くの本があったこと、それを好んで読みふけっていたこと……こうした経験は、後年、「読むこと」を中心とした勉強法を確立させていく基盤となりました。

そしてこの勉強法の確立こそが、決して天才ではない私を、「東大首席」にまで押し上げてくれたのだと思うのです。つまり、これまで得たものはすべて、「読む」ことに特化した、自分に合った勉強法を確立できたこと、そしてその勉強法をひたすら繰り返し続けてきたことの成果だと思うのです。

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

「自信がない」という人にこそ知ってほしい~山口真由のポジティブシンキング

山口真由

成毛眞 真面目に働いている人ほど、遊んだほうがいい

PHPビジネス新書『大人はもっと遊びなさい』より

社会人の勉強は、「暗記」しても身につかない!

小川仁志(哲学者)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 東大首席・山口真由が教える「7回読み勉強法」とは?