ホーム » 生活・健康

生活・健康

2012年09月28日

日本人は糖尿病にもっと危機感を

宮本正章(日本医科大学付属病院再生医療科 教授・部長)

日本人は糖尿病にもっと危機感を

宮本正章(日本医科大学付属病院再生医療科 教授・部長)

  現在、日本において糖尿病が疑われる患者は約 2,210万人にのぼる。しかし、じつに多くの人が治療を受けないままに過ごしているのが現状だ。日本医科大学付属病院で再生治療に取り組む宮本正章...

2012年08月31日

仕事も育児も楽しもう! 子育てパパの奮戦記 『桜川ピクニック』・解説

安藤哲也 (NPO法人「Fathering Japan」ファウンダー)

仕事も育児も楽しもう! 子育てパパの奮戦記 『桜川ピクニック』・解説

安藤哲也 (NPO法人「Fathering Japan」ファウンダー)

子育てパパへの応援歌 『桜川ピクニック』  男性の子育て参加の必要性が叫ばれたのは、昭和の時代から何度となくあった。だがここに来て、ようやく定着化の兆しが見られる。平成23年の男性の育...

2012年08月17日

PHP文庫 『「脳の疲れ」がとれる生活術』 より   心と体の疲れがスーッと消える10の習慣  現代人は疲れやすくなっているのかもしれません。周囲には、さまざまな便利なもの...

2012年08月16日

「夜更かし」は、がんの味方・・それをやめれば、健康になる 

岡本 裕 (医学博士、「e‐クリニック」医師)

「夜更かし」は、がんの味方・・それをやめれば、健康になる 

岡本 裕 (医学博士、「e‐クリニック」医師)

《 『「それ」をやめれば、健康になる』 より》 やっぱり夜更かしはよくなかった    「夜更かしをしない」なんて、まるで母親が子どもにでも言うような陳腐なフレーズかもしれま...

2012年07月18日

[伊藤裕×やくみつる] からだを知る、感謝する、人生変わる。

伊藤裕(慶応義塾大学教授)、やくみつる(漫画家)

[伊藤裕×やくみつる] からだを知る、感謝する、人生変わる。

伊藤裕(慶応義塾大学教授)、やくみつる(漫画家)

《PHPサイエンスワールド新書『 からだに、ありがとう 』より》 活性酸素とうまく付き合う   (免疫の話 第七話)   からだを守る武器。度を越すと悪さをする や...

2012年06月30日

グリーンスムージーでアンチエイジング

仲里園子/山口蝶子 (シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフ主宰)

グリーンスムージーでアンチエイジング

仲里園子/山口蝶子 (シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフ主宰)

《 『 からだの中から若返るグリーンスムージー健康法 』より》 なぜ、グリーンスムージー? グリーンスムージーとは、葉野菜とフルーツ、そして水をミキサーにかけるだけのシンプルな飲みもの。...

2012年01月11日

脳が「いきいき」する暮らしとは

斎藤茂太 (精神科医・エッセイシスト)

脳が「いきいき」する暮らしとは

斎藤茂太 (精神科医・エッセイシスト)

《 『 [図解]40歳から差がつく!「なぜかボケない人」の習慣 』より》 脳が衰えない人にはコツがある 人生は長い。楽しめなければつまらない  科学や医学の進歩は日々目覚ましい...

2011年10月22日

「共感の言葉」で子どもは伸びる!

平木典子 (東京福祉大学大学院教授・家族心理士)

「共感の言葉」で子どもは伸びる!

平木典子 (東京福祉大学大学院教授・家族心理士)

《 『PHPのびのび子育て』2011年7月増刊号〔完全保存版〕子どもが変わる「話し方」 より》      子どもには、プラスの言葉のシャワーをたっぷり浴びせ、      感情豊かな心を育てましょう。 ...

2011年07月23日

【石原結實の健康情報】 体を温めて病気を治す

石原結實 (医学博士・イシハラクリニック院長)

【石原結實の健康情報】 体を温めて病気を治す

石原結實 (医学博士・イシハラクリニック院長)

《 石原結實:著  『体を温めて病気を治すレシピ100』 より》 現代人は体が冷えている!? ―― 体温がたったの0.5℃下がるだけでも、病気への危険が増します  冷え性と自覚している人...

2011年07月16日

親の接し方しだいで、子どもはこんなに変わる

福地信也(東山中学・高等学校 副校長)

親の接し方しだいで、子どもはこんなに変わる

福地信也(東山中学・高等学校 副校長)

《 福地信也:著『男の子が打たれ強くなる子育て』 より 》   「やってみたらできた」という体験が、人間には絶対に必要です。  小さな成功体験の積み重ねが自信となっていくのですか...

2011年06月18日

“頭が悪いから成績が悪い”は「勘ちがい」だったのです

石田 淳(社団法人行動科学マネジメント研究所 所長)

“頭が悪いから成績が悪い”は「勘ちがい」だったのです

石田 淳(社団法人行動科学マネジメント研究所 所長)

《 『ママのやさしさが、学力を伸ばす』石田淳:著 より》 行動科学を応用した教育指導  世の中にはできる子とできない子がいます。できない子に対して、親や教師は叱ったり励ましたりしますね。し...

iyashi

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康