ホーム » 経済

経済

2014年12月08日

《PHP新書『 ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼 』より》   自国中心主義的な経済路線に未来はない  昔の自民党みたいに、公共事業で経済を活性化させようという、古いタイ...

2014年11月26日

地方創生と大学の役割~「L型大学」に舵を切れ

荒田英知(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

地方創生と大学の役割~「L型大学」に舵を切れ

荒田英知(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

《 政策シンクタンクPHP総研  研究員コラムより》    秋の臨時国会の目玉とされた、地方創生法案が解散間際に成立しました。今後、国は50年後に総人口1億人を維持するための「長期ビジ...

2014年11月26日

高橋洋一・ブラック企業も減る!アベノミクスの効果とは

高橋洋一(政策工房会長、嘉悦大学教授)

高橋洋一・ブラック企業も減る!アベノミクスの効果とは

高橋洋一(政策工房会長、嘉悦大学教授)

《 『アベノミクスの逆襲』 より》   失業率を大きく下げる役割を担うのは「厚生労働省」ではない  日本で「失業率を大きく下げる役割を果たすのは、どの役所?」と聞くと...

2014年11月10日

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔2〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔2〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

  <聞き手:荒田英知(政策シンクタンクPHP総研 主席研究員)   大学にも当てはまるGとLの世界 荒田  地方創生を進める時の地域資源として、大学をど...

2014年11月06日

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔1〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

地方経済を再生させる「企業とまちのたたみ方」〔1〕

冨山和彦(経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

《社会変革プラットホーム「変える力」より》  2014年秋の臨時国会では、「地方創生」が大きなテーマとなった。安倍総理は、内閣改造で石破茂氏を地方創生担当大臣に任命するとともに、「ま...

2014年07月31日

冨山和彦・なぜローカル経済から日本は甦るのか

冨山和彦 (経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

冨山和彦・なぜローカル経済から日本は甦るのか

冨山和彦 (経営共創基盤〈IGPI〉代表取締役CEO)

《PHP新書『 なぜローカル経済から日本は甦るのか 』より》 労働力消滅? 今、かつてないパラダイムシフトが起こっている  景気が良いと人手が不足し、景気が悪いと人手が余る。  こ...

2014年04月11日

《 特設サイト『松下幸之助.com』今月の「松下幸之助」  より一部を抜粋》   これからの日米関係はどうあるべきか――。 松下幸之助が生きた時代、アメリカは日本にとって、戦勝...

2013年12月11日

シェール革命で、日本は戦後最大のエネルギー危機をむかえる!

藤 和彦 (世界平和研究所 主任研究員)

シェール革命で、日本は戦後最大のエネルギー危機をむかえる!

藤 和彦 (世界平和研究所 主任研究員)

《『 シェール革命の正体 』より》   中長期を見据えた大戦略を今こそ確立せよ  今、世界はシェール革命に沸いている。  シェールガス(オイル)とは、泥岩に含まれる天然...

2013年10月22日

ポール・クルーグマン ― アベノミクスが日本経済を復活させる!

ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)

ポール・クルーグマン ― アベノミクスが日本経済を復活させる!

ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)

《PHP新書『 そして日本経済が世界の希望になる 』 より》   日銀の政策は“船に乗り遅れた”    金融緩和は、人びとの期待を変えないかぎり、効力...

2013年08月20日

《PHP新書『 原発の正しい「やめさせ方」 』より》    原発推進派・反対派の双方から多数のバッシングを受ける著者はある時、過激な推進派と過剰な反対派の間に共通点を見出した。それ...

2013年06月27日

 いまの日本に喫緊に必要とされるのは実体経済の力強い成長です。 それは、国家 全体の努力により「利益」を生み出すことが必要だということです。 具体的には、より利益を生み出す成長産業に、人材や投...

2013年06月26日

〔リニア中央新幹線〕 沿線にリニア技術のショーウインドーを

荒田英知 (政策シンクタンク PHP総研 地域経営研究センター 主席研究員)

〔リニア中央新幹線〕 沿線にリニア技術のショーウインドーを

荒田英知 (政策シンクタンク PHP総研 地域経営研究センター 主席研究員)

 JR東海が2027年の東京―名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線。1964年に東京―大阪間で開業した東海道新幹線の経年劣化や大規模災害を考慮して、バイパス路線として計画されたものだ。もともとは整備新...

2013年05月27日

《 特設サイト『松下幸 之助.com』今月の「松下幸之助」  より一部を抜粋》 アベノミクス効果で、ドル高円安トレンドに転換し、日経平均株価も上昇、日本経済が回復の兆しを見せはじ...

2013年05月13日

日経平均4万円も夢ではない

武者陵司(武者リサーチ代表)

日経平均4万円も夢ではない

武者陵司(武者リサーチ代表)

《 『Voice』2013年6月号 より》  いったい何が起こったのだろうか。大多数の日本人はいぶかしく思っているはずである。諦めていた円安、株高、さらにはデフレ脱却と日本経済の復活すら視野に入りは...

2013年05月01日

浜 矩子・どうなる? アベノミクス ~「懐疑派」からの意見

浜 矩子 (エコノミスト/同志社大学大学院ビジネス研究科教授)

浜 矩子・どうなる? アベノミクス ~「懐疑派」からの意見

浜 矩子 (エコノミスト/同志社大学大学院ビジネス研究科教授)

《 『THE21』2013年5月号  特別企画「アベノミクスはどうなるのか?」より》   実体がない株価の上昇はやがて揺り戻しがくる! アベノミクス効果によって株価が上昇し、投...

2013年04月08日

《 『「スマート革命」で成長する日本経済』 より》 救世主はスマートグリッド 日本再生には「スマート化」が不可欠  日本人の電気をめぐる認識は、2011年3月11日の東日本大震災...

2013年04月04日

伊藤元重・“日本の課題”を経済学で読み解く

伊藤元重(東京大学大学院教授、総合研究開発機構〔NIRA〕理事長)

伊藤元重・“日本の課題”を経済学で読み解く

伊藤元重(東京大学大学院教授、総合研究開発機構〔NIRA〕理事長)

《PHPビジネス新書 『経済学で読み解くこれからの日本と世界』 より》   消費増税こそ地方経済の救世主  ある人から指摘されたことだが、地方の新聞には一般的に消費増税反...

2013年04月01日

「シェール革命」の夢と現実

柴田明夫(資源・エネルギー問題研究所 代表)

「シェール革命」の夢と現実

柴田明夫(資源・エネルギー問題研究所 代表)

《 『「シェール革命」の夢と現実』 より》 「シェール革命」はアメリカならではの革命  世界的な需要の高まりにより、21世紀のコモディティ価格が高値基調を続けることは間違いない。な...

iyashi

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済