ホーム » スキルアップ » 【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは 

【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは 

2014年01月08日 公開

五百田達成(心理カウンセラー、作家)

「すみません」が口ぐせになっている

 やたらと「すみません」を多用する人と話すとイライラさせられます。

 もちろん、謝るべき場面で「すみません」と言うのは構わないのですが、特に落ち度がない場合も「すみません」と言う人が少なくありません。

 たとえば、お茶を出してもらって「すみません」。電話をかけたら「すみません、○○さんいらっしゃいますでしょうか」。得意先に注文してもらったら「いつもすみません」……こという感じです。

 あまりに「すみません」を繰り返されるとこちらが悪いことをしているような気にさせられますし、ちょっといじめたくなるような悪い心も頭をもたげてくるというもの。だから「すみません」を多用する人とのコミュニケーションは疲れるのです。

 このタイプの人を観察してみると、本来は「ありがとう」と言うべきところで「すみません」を使うことが多いと気づきます。

 たとえば、お茶を出してもらったら「ありがとうございます」と言えばいいですし、「ここは狭くありませんか? あちらの席が空いていますよ」といい席に案内してもらったら、「すみません」ではなく「ありがとう」と言えばいいわけです。

 僕が大学時代に大阪へ旅行したときのこと。食事をしていたお店で、水を出してもらったお兄さんが「おおきに」とカジュアルにお礼を言うのを見て、「大阪には便利な言葉があるな」と感心しました。標準語には「おおきに」にあたるような気軽なお礼の言葉がない。「ありがとう」「ありがとうございます」は気恥ずかしい。それもあって「すみません」が多用されるのでしょう。

 こんなときのオススメは「どうも~」。「ありがとう」までは言えなくても、感謝の意は伝えたいものです。

 街中で携帯で話しているおじさんなどを見ると、「じゃ、申し訳ありませんが、そういうことで。どうもすみません。失礼します、はい、はい、すみませーん」と謝りまくっています。クセなのでしょうが、「下手に出ておけばいい」という感じもして、聞いていて気持ちのいいものではありません。

 とりあえずは、間を埋めるように繰り出される「すみません」をやめるところから始めてみましょう。ムダな「すみません」を削るだけで、コミュニケーションはずいぶんスッキリします。

iyashi

著者紹介

五百田達成(いおたたつなり)

作家・心理カウンセラー、米国CCE.Inc.認定GCDFキャリアカウンセラー

東京大学教養学部卒業後、角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「コミュニケーション」「恋愛・結婚・仕事」「生活者心理」「社会変化と男女関係」を主なテーマに執筆や講演を行う。鋭い分析と優しい語り口が人気となり、『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)、『私の何がイケないの?』(TBS系)などメディア出演多数。
また、東京・恵比寿にて女性のための人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ』を主宰。“日本一女心のわかる男”として、働く女性や職場で女性との接し方に悩む男性などから多くの支持を集めている。
著書に13万部を超えるベストセラーとなった『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』(クロスメディア・パブリッシング)がある。その他、『結婚できないのはママのせい?』(阪急コミュニケーションズ)、『今すぐ「グズな心」をやっつける方法』(三笠書房)、『子猫と権力と×××~あなたの弱点を発表します』(クロスメディア・パブリッシング)、『フェイスブックで「気疲れ」しない人づきあいの技術』(フォレスト出版)、『一瞬で幸せ本能がめざめる心のゆるめかた』(中経出版)、『「2回目のない女」を卒業します』(メディアファクトリー)など。

関連記事

編集部のおすすめ

頭がいい人の話し方が身につく3つの「口ぐせ」

樋口裕一(多摩大学教授)

雑談が絶対盛り上がる3つの鉄板ネタ

野口敏(TALK&トーク話し方教室主宰)

「聞き上手」の人が心がけている、たった1つのこと

野口敏(TALK&トーク話し方教室主宰)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは