ホーム » THE21 » スキルアップ » 声に「スーツ」を着せれば、会話は一気に盛り上がる

声に「スーツ」を着せれば、会話は一気に盛り上がる

2016年05月21日 公開

魚住りえ(フリーアナウンサー)

「普段着」の声は、自分が思う以上に暗い!

 

 雑談というと、「何を話せばいいのか」ということに注意が向きがちだが、実は、「どういう声で話すべきか」も重要だ。相手が心地よく感じる声でなければ、そもそも話に耳を傾けてくれない。「声なんて生まれ持ったものだし……」と思うかもしれないが、それは誤解。ポイントさえ押さえれば、声を良くすることは可能なのだ。フリーアナウンサーで「話し方」の指導者でもある魚住りえ氏に、そのポイントを教えていただいた。

 

「演技がかった声」くらいでちょうどいい!

 数々のテレビ番組やラジオ番組でアナウンスやナレーションを務めてきた魚住りえ氏は、ゲストに話を聞くインタビュー番組も担当したことがある。その番組ではゲストとの雑談が非常に重要だったと振り返る。

「収録中、ゲストの方にリラックスして話をしていただくためには、事前のアイスブレークが不可欠です。開始前の数分は、本題と直接関係のない、他愛のないことをあえて話すようにしていました」

 その場面で魚住氏が心がけていたのは、相手を尊重する気持ちや相手に関心があることを、きちんと伝えること。そのためには、声の出し方がポイントとなるという。

「雑談なら、アナウンスやナレーションのような『よそ行きの声』にする必要はないだろう、と思われるかもしれませんが、やはり、ある程度、作ることが大事です。プライベートで話すような『普段着の声』をビジネスシーンで使うと、意外と低く、暗く聞こえがちなのです。相手への好意や関心も伝わりにくくなります」

 ビジネスマンが営業などの場面で雑談をするときにも、同じことが言える。

「ですから、地声よりも少し高めに、普段よりも少しゆっくり、明瞭に話すことをお勧めします。『多少演技がかっているかも?』と思うくらいが、相手にとってはちょうどいいのです。仕事中は普段着ではなくスーツを着るように、声にもスーツを着せましょう」

 では「スーツを着た声」は、どうすれば出せるのだろうか。

「基本は腹式呼吸です。お腹を引っ込め、肺を縦方向に広げて大量の空気を入れ、それを吐きながら話す。これだけで声の質が良くなります。深みや柔らかみのある安定した声が出て、信頼感や安心感を持ってもらえます」

 難しいと思われがちな腹式呼吸だが、誰でも簡単に習得できるのだそうだ。

「私たちは、たいてい、横になったときには腹式呼吸をしています。仰向けに寝ると、息をするたびにお腹が上下しますね。この感覚を身体に覚えさせるのが一番の近道です。毎晩、横になったとき、息を吐きながらお腹をへこませ、息を吸いながら膨らませる、という練習を数分間行なっていると、必要に応じていつでも腹式呼吸ができるようになります」

 

口角を上げるだけで声が心地よく響く >

iyashi

著者紹介

魚住りえ(うおずみ・りえ)

フリーアナウンサー

大阪府生まれ、広島県育ち。1995年、慶應義塾大学卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。2004年に独立し、ドキュメンタリー番組『ソロモン流』(テレビ東京系列)のナレーションなど、500本を超える作品に携わる。現在はボイスデザイナー・スピーチデザイナーとして、「魚住式スピーチメソッド」に基づく話し方の指導も行なっている。著書に『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』(東洋経済新報社)がある。

関連記事

編集部のおすすめ

【雑談力】いい会社は必ず「雑談」を大切にしている!

泉谷直木 (アサヒグループホールディングス社長)

“スーツ販売のカリスマ”が教える雑談の極意

町田豊隆(AOKI常務執行役員/横浜港北総本店総店長)

【会話が途切れない雑談術】 “褒め言葉”を効果的に使う

谷口祥子(BeeHive代表/「ほめ方の伝道師」)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。