ホーム » THE21 » インタビュー » 難局とは「経験値を上げるためのチャンス」だ!

難局とは「経験値を上げるためのチャンス」だ!

2016年06月25日 公開

森下一喜(ガンホー・オンライン・エンターテイメント社長)

どんな仕事にも「楽しみ」は必ず見つけられる!

 

 

国内4,100万ダウンロードを記録する大ヒットパズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」で知られるガンホー・オンライン・エンターテイメント㈱。同社の代表取締役CEOの森下一喜氏は、以前、ストレスで身体を壊したことをきっかけに、ストレスマネジメントをするようになったという。具体的にはどのようなことをしているのだろうか。《取材・構成=杉山直隆、写真撮影=吉田朱里》

 

尿管結石をきっかけにストレスケアを始める

 スマートフォン向けゲームを中心としたゲーム開発で躍進を続けるガンホー・オンライン・エンターテイメント。同社を率いる代表の森下一喜氏は、二十代の頃に、ストレスで体調を崩した経験を持っている。
「現在の会社の前に、家庭用ゲーム機ソフトの受託開発の会社を経営していたのですが、ある朝、突然背中に激痛が走りました。死ぬほどの痛みに七転八倒し、救急車で運ばれたのです。診断の結果は、尿道結石でした。その日のうちに石が出たので良かったのですが、もう二度とあの痛みは味わいたくありません。
医師によれば、尿道結石はストレスを溜めるとできやすいとのことでした。確かに、当時は資金繰りなどに苦しんでいて、かなり精神的に参っていました。それ以来、少しでもストレスが溜まっているな、と思ったら、それ以上ためないようにケアしています。『このままだと、また石ができるぞ!』と」
 では、ストレスを溜めないように、どんなことを心がけているのだろうか。
「スポーツや旅行もしますけど、それでは根本的な原因の解決にはなりません。大切なのは、何か問題などが起きたときに、ストレスをためないような考え方をすることだと思っています。
たとえば、何かうまくいかないことがあっても、『人のせいにしない』ことを心がけています。ストレスは周囲の人のせいで生じているように思いがちですが、そう考えると、悪いスパイラルにハマるだけ。他人のせいにすると、その人が変わらない限りストレスは消えませんが、他人は自分の思い通りになんて変わってくれませんからね。実は、尿道結石で倒れた頃は、若かったこともあり、うまくいかないのは他人のせいだと考えていました。その反省から、何か起きたら、必ず自分のせいだと考えるようにしています。愚痴を言うこともしません。愚痴ってもなんの解決にもならないとわかったからです」

 

乗り越えた後の「小さな楽しみ」を想像 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

森下一喜(もりした・かずき)

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社代表取締役社長CEO

1973年、新潟県生まれ。ソフトウェア開発会社を経て、2002年にガンホー・オンライン・エンターテイメント㈱として現事業を開始すると同時に「ラグナロクオンライン」を国内でプロデュース。現在社長業の傍ら、開発部門統括エグゼクティブプロデューサーとして、スマートフォンゲームから家庭用ゲームまで、あらゆるゲーム開発の製作総指揮をとる。代表作は、スマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」、家庭用ゲーム「パズドラZ」、PCオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」など。

関連記事

編集部のおすすめ

『スッキリ!!』の敏腕リポーターが語る「強い自分の作り方」

阿部祐二(テレビリポーター)

今の日本が「ストレス社会」になった理由とは?

河合薫(健康社会学者)

話題の家電ベンチャー起業家の「ストレス源をかわす処世術」

中澤優子(UPQ代表取締役CEO)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。