ホーム » THE21 » インタビュー » 自分としっかり向き合うために。女子大生社長の「びっしり」ノート

自分としっかり向き合うために。女子大生社長の「びっしり」ノート

2016年08月23日 公開

椎木里佳(AMF代表)

1冊のノートと長くつきあう

 中学3年生で起業して話題になり、現在は慶應義塾大学で学びながら〔株〕AMFを率いる椎木里佳氏。デジタルツールより紙とペンのほうが「断然しっくりくる」という椎木氏のノート術は、1冊とじっくりつきあう、ユニークなスタイルだ。

 

ノートに書くのは悩んでいるときだけ

 椎木氏愛用のノートは、中学3年生で起業して間もない頃から使っているもの。主な用途は、思考の整理をするための不定期の「日記」だという。

「そのときに思っていることをバーッと書きます。読み返して、『ここが変われていない』『ここは変わった』……と振り返ったりもしますね。それが自分を見つめ直す機会になります。

 だから、基本的には悩んでいるときしか書きません。最近は日記を書いていないので、たぶんうまくいっているんじゃないかと思います。ひさびさに読み返すと、『1年前の今頃はこんな”中二病”なことを言ってたのか』と。ちょっと、これを見られたら……ヤバいですね(笑)」

 一見して驚かされるのは、どのページも細かい字でびっしりと埋められていること。

「それはけっこうこだわりですね。長くつきあいたいからムダなくびっしり書くんです。でも、筆記用具や色分けにはまったく興味がありません」

 

もともとはどこかでもらったノートで、起業の準備を始めたころから使っています。紙がもったいないので、一番下の行までびっしり書きますね。色分けしたり、図を入れたりはせずに、ボールペンで書きます。日記だけでなく、人と会って話したときのメモなどもゴチャゴチャに書いてあるので、「意味がわからない」と言われることもあります。ノートが整理整頓されている方は、頭も整理されているんでしょうね。本当はそういう大人になりたいです(笑)。

 

細かいタスクを書かない理由とは? >

iyashi

著者紹介

椎木里佳(しいき・りか)

〔株〕AMF代表取締役

1997年、東京都生まれ。中学3年生(15歳)で〔株〕AMFを創業。「女子高生社長」として知られ、都内の高校に通いながら、全国70名からなる女子中高生マーケティング集団「JCJK調査隊」の企画運営やスマートフォン向けアプリ開発などの事業活動を展開。2015年、〔株〕TOKYO GIRLS COLLECTION、タグピク〔株〕、〔株〕MAKEY の顧問に就任。『サンデー・ジャポン』(TBS系列)、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日テレ系)、『あさイチ』(NHK)など、メディア露出多数。近著に『大人たちには任せておけない! 政治のこと』(マガジンハウス)がある。

関連記事

編集部のおすすめ

「仕事の効率化といえばエバーノート」と頼られるブランドを目指して

井上 健(Evernote日本法人代表)

伝わるストーリーを組み立てる「ノート術」

清水久三子(Organize Consulting〔株〕代表)

ノートとの連動で、タスクも思考も一元管理する「手帳術」

舘神龍彦(手帳評論家)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。