ホーム » THE21 » トピックス » 40代サラリーマンにお勧めの 「投資」とは?

40代サラリーマンにお勧めの 「投資」とは?

2016年09月25日 公開

深野康彦 (ファイナンシャルプランナー)

収入の第二の柱を手に入れる

自分の会社や仕事がいつ、どうなるかわからない時代。30~40代はただでさえ教育費や住宅ローンなどに圧迫され、家計は赤字になりがち。そんな現役世代にとって、投資による副収入は本給を補填する「第二の柱」とも言える存在。だが、変化が激しい時代、投資に及び腰になっている人は多いはずだ。そこで、ベテラン・ファイナンシャルプランナーである深野康彦氏に、サラリーマンでも運用可能なお勧めの金融商品についてうかがった。

株式市場は低調でも、投資を始めるなら今!

 昨年12月には2万円を超えた日経平均株価。それも、今年6月下旬には、イギリスのEU離脱などといった不安定な世界情勢の煽りを受け、5,000円ほど値を下げている。こんなときに、投資を始めてもよいのかと不安に思う方も多いはず。しかし、ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏は、「投資を始めるには悪くないタイミング」と語る。

「株式相場は昨年に比べて良いとは言えませんが、ポジティブに考えれば『株式の単価が下がったことで、低資金で投資を始められる』と言えるので、投資を始めるタイミングとしては決して悪いとは言えません。

 それに、投資環境は昔と比べ格段に良くなっています。株式の売買手数料は以前に比べて安くなっていますし、スマートフォンなどで投資できる環境も整っています。加えて来年からは、確定拠出年金を利用てきる人の幅も広がります」

 ただ、日経平均が値を下げたことで、「投資を始めても損をするのでは」と不安に感じる人も多いはずだ。これに対して深野氏は、「短期的な損失は、時間をかけて取り戻せる」と指摘する。

「莫大な額の損失を被らない限り、定期収入のあるビジネスマンは、長期的な視点に立つことで短期的な損失を取り戻すことができます。そのためにも、30代や40代の早いうちから投資を始める必要があるのです」

五十代で投資を始める人が失敗する理由とは? >

iyashi

著者紹介

深野康彦(ふかの・やすひこ)

ファイナンシャルプランナー

1962年生まれ。大学卒業後、クレジット会社勤務を経て、89年にFP業界に入る。金融資産運用設計を中心に研鑽し、96年に独立。現在の㈲ファイナンシャルリサーチは2社目の起業。さまざまなメディアを通じて、家計管理の重要性や投資の啓蒙などお金まわり全般に関する情報を発信している。近著に『ジュニアNISA入門』(ダイヤモンド社)がある。

関連記事

編集部のおすすめ

30代、そろそろお金を貯めましょう~夫婦で、シングルで、いくら必要? どう貯める?

深田晶恵 《ファイナンシャルプランナー》

なぜ今、「不動産投資」が人気なのか?

長岐隆弘(不動産鑑定士)

儲けようとしなくても儲かる「のんびり投資」とは?

澤上篤人(さわかみ投信会長)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。