ホーム » THE21 » スキルアップ » アイデア出しから実行まで一気にこなせる「A3」ノート術

アイデア出しから実行まで一気にこなせる「A3」ノート術

2017年01月23日 公開

横田伊佐男(CRMダイレクト代表)

 

 次の(2)分割思考では、出てきたアイデアを整理していきます。

 整理の方法はいくつかありますが、どんな場合でも使いやすいのは、縦軸に「効果」、横軸に「難易度」を置いた「ペイオフマトリックス」を作り、アイデアを振り分けていくことです。そして、難易度が低く、しかも効果が高い「レバレッジエリア」に振り分けられたアイデアだけを採用するのです。すべてを実行することはできませんから、他のアイデアは思い切って捨てましょう。

 

 そして、最後の(3)俯瞰思考では、採用したアイデアを実行するための「タスク」「担当者」「期限」を決めて書き出していきます。これによって、いつまでに誰が何をやる必要があって、何が一番キモになるかが明確になるので、実行のスピードが上がります。

 

 A3ノートを使えば、拡大思考、分割思考、俯瞰思考で考えたことや決めたことを、それぞれ一枚の紙に収めることができます。すると、自分の思考がクリアになるだけでなく、他の人への説明も容易になり、多くの人を巻き込みながら問題解決に取り組んでいくことが可能になるのです。

 

《取材・構成:長谷川 敦》
《『THE21』2017年1月号より》

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

横田伊佐男(よこた・いさお)

CRMダイレクト〔株〕代表取締役

1968年、東京都生まれ。横浜国立大学大学院博士課程前期経営学(MBA)修了。米国外資系金融企業のマーケティングマネージャー、CRMコンサルティングの事業責任者を経て独立。現在は、上場企業ホールディングス、政府系金融機関、欧州トップの外資系金融企業の幹部社員や意欲ある中小企業経営者など、年間約3,000人のビジネスマンを対象に、マーケティング戦略やビジネススキルの研修講座を展開中。著書に『一流の人はなぜ、A3ノートを使うのか?』(学研パブリッシング)、『最強のコピーライティングバイブル』(ダイヤモンド社)などがある。

関連記事

編集部のおすすめ

スキマ時間での「ノートの上書き」が最高のアウトプットを生み出す

遠藤功(ローランド・ベルガー会長)

自分としっかり向き合うために。女子大生社長の「びっしり」ノート

椎木里佳(AMF代表)

ズボラでも続く! 「ふせんノート」で考える技術

坂下 仁(ビジネス書作家)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。