ホーム » THE21 » スキルアップ » 現場のリアリティが伝わる「暗記メモ」の秘密

現場のリアリティが伝わる「暗記メモ」の秘密

2017年01月28日 公開

野村進(ノンフィクションライター)

ノンフィクションライターが伝授!

ノンフィクション作家として、30年以上にわたって第一線で活躍している野村進氏。真に迫るその作品は、取材相手との会話はもとより、その場の雰囲気や、相手の細かな表情の変化までをも記録した詳細なメモから生み出される。

 

相手が本音を語ったときこそ、メモを取れ!

 野村氏が取材で使用しているのは、A4の大学ノートだ。

「見開きの左ページには、相手の発言で重要だと思われたものを、方言や語尾などを含めて一言一句書くようにしています。右ページには部屋の様子や相手の服装、表情、取材中に浮かんだ疑問などを書きます」

 こうしたメモにより、相手の人物像やその場の雰囲気がリアルに読者に伝わる文章を書くことが可能になるという。

「人によっては大学ノートを目の前で広げられると、緊張する人がいます。そこで別に小型メモも持参しておき、机の下など、相手の目に入らないところでメモするようにします。そして後で大学ノートに書き写します」

 ただ、本当に知りたい相手の本音は、緊張が解けた取材後の立ち話で聞けることも多い。そんなときはその場の会話を丸暗記しておき、後で急いで喫茶店などに入り、ノートに記録するという。

「会話の中で出てきたキーワードを暗記しておけば、そのキーワードを手がかりに会話の全容を思い出すことができます」

 商談の際よりも雑談時のほうが本心を聞きやすいのは、仕事の場でも同じはず。メモは本番後こそ、実は大切なのだ。

 

左ページは、方言や語尾などの言葉遣いを含め、発言のまま書き写す。取材後、作品で使用したい発言をピックアップし、赤い線で印をつけておく。右ページには、部屋の様子や印象、相手の服装、表情の変化などを書き記す。また、取材対象者に対して浮かんだ疑問もメモしておく。

 

取材構成 長谷川敦 写真撮影 永井浩

『THE21』2017年1月号より 

iyashi

著者紹介

野村進(のむら・すすむ)

ノンフィクション作家

1956年東京都生まれ。1981年に『フィリピン新人民軍従軍記』でデビュー。97年に『コリアン世界の旅』で大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞を受賞。現在は拓殖大学国際学部教授も務める。

関連記事

編集部のおすすめ

メンタルを安定させるメモ・手帳の使い方とは?

小林弘幸(順天堂大学教授)

楽しく描けてアイデアが湧いてくる!「ラクガキノート術」とは?

タムラカイ(デザイナー)

知性派タレント・春香クリスティーンの「政治ノート」

春香クリスティーン(タレント)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。