ホーム » THE21 » スキルアップ » PC操作が10倍速に! 厳選ショートカットキー&便利ワザ

PC操作が10倍速に! 厳選ショートカットキー&便利ワザ

2017年08月23日 公開

木部智之(日本IBMシニア・プロジェクト・マネジャー)

Altキーを使いこなせばマウスは不要!

デスクワークの大半を占めるパソコンでの作業。少しでも効率化するために有効な方法がショートカットキーの活用だが、意外にも活用している人は少ない。外資系プロジェクト・マネジャーでシステム開発のプロである木部智之氏に基本のショートカットキーをはじめ、パソコンでの仕事を効率化する方法についてうかがった。《取材・構成=林加愛》

 

仕事が速い人はマウスを使わない!

同じ仕事をするにしても、少しでも楽にできる方法を見つけたほうが効率は上がります。とくにパソコン作業はデスクワークのほとんどを占めるものです。にもかかわらず、時短ワザを使っている人は意外なほど少ないように感じています。

その代表格がショートカットキー。キーボードから手を放してマウスを使う、という中断によって毎回数秒のロスが発生します。これが積もり積もることで、仕事の速い人と遅い人の間の差がついていくのです。

「Ctrl+S=保存」などの「有名どころ」はさすがに多くの人が利用しているでしょうが、それ以外にも便利なキーが多数あります。

ただし、すべて丸覚えする必要はありません。使う機能は仕事内容によって千差万別ですから、自分が頻繁に行なう操作、もっと簡略に行ないたい操作だけをピックアップし、そのつど覚えるのが賢い方法です。それには、ネット検索が早道。検索すれば、すぐに目当ての情報が見つかります。次ページにも代表的なショートカットキーについてご紹介しましたので、参考にしてみてください。

 

社内メールを簡素化するルール作りを

メールのやりとりにも、多くのムダが隠れています。たとえば、社内メールの挨拶文。「○○さん、お疲れ様です」と書く数秒間を省くため、私は上司へのメールも含め、一行目から用件で始めるようにしています。

ただし、この方法は「失礼になるのでは」とためらう人もいるでしょうから、社内やチームで「宛名と挨拶は省略して良い」などとルール化しておくのがお勧めです。

受信メールを「一度しか読まない」ことも心がけています。いったん見て「後で対応しよう」と思って閉じると、読む時間が二倍に。読んだら即対応、その後は削除するか別フォルダへ。受信トレイが未対応メールのみになれば、これがTODOリスト代わりになり、タスクの見落としも防げて一石二鳥です。

 

意外と知らない?基本のショートカットキー6 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

木部智之(きべ・ともゆき)

日本IBM〔株〕シニア・プロジェクト・マネジャー

1976年、神奈川県生まれ。横浜国立大学大学院環境情報学府工学研究科修了。2002年、日本IBMにシステムエンジニアとして入社。3年目でプロジェクト・マネジャーとなる。09年に役員のスタッフ職を経験、10年より大規模システム開発プロジェクトを統括、日本と大連で数百人のチームを率いる。著書に、『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』(KADOKAWA)など。

関連記事

編集部のおすすめ

1日に「メリハリ」をつける時短仕事術

藤井美保代(ビジネスプラスサポート代表取締役)

「迷わない」ためにモノを絞り込む整理術

村上太一(リブセンス社長)

たった1時間の「オフライン」で、集中力は高められる!

西多昌規(精神科医)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。