ホーム » Voice » 政治・外交

政治・外交

2017年06月22日

呉善花 なぜ韓国は「謝罪」を求めるのか

呉善花(拓殖大学教授)

呉善花 なぜ韓国は「謝罪」を求めるのか

呉善花(拓殖大学教授)

どうなる?日韓慰安婦合意 韓国の文在寅大統領は6月20日、米紙ワシントン・ポスト(電子版)とのインタビューで、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意に関し「問題解決には、日本が法的責任を取り、公式に謝罪す...

2017年06月09日

ケント・ギルバート 『菊と刀』で展開されたトンデモ比較論とは

ケント・ギルバート(米カリフォルニア州弁護士)

ケント・ギルバート 『菊と刀』で展開されたトンデモ比較論とは

ケント・ギルバート(米カリフォルニア州弁護士)

戦後の「日本人論」に大きな影響を与えた『菊と刀』。しかし著者は、じつは来日経験すらなかった。そこで展開された「日本人論」は正しいものだったのか。  戦後、占領軍の一員として日本にやって来た東洋史学者のヘ...

2017年06月08日

岡部伸 慰安婦問題。誤解を解く対外発信を

岡部 伸(産経新聞ロンドン支局長)

岡部伸 慰安婦問題。誤解を解く対外発信を

岡部 伸(産経新聞ロンドン支局長)

国連拷問禁止委員会は2015末の日韓合意の見直しを勧告した。沈黙するだけでは、いつまでも誤解は解けない。日本政府は最近判明した事実を元に「慰安婦は性奴隷でなかった」ことを筋立て反論する必要がある。  日本...

2017年06月08日

呉善花 北朝鮮の資金源はサイバー攻撃?

呉善花(拓殖大学教授)

呉善花 北朝鮮の資金源はサイバー攻撃?

呉善花(拓殖大学教授)

 トランプ陣営が、ロシアと結託して大統領選挙に影響を及ぼしたとされる「ロシア・ゲート」問題でアメリカは揺らいでいます。トランプ政権の地盤が揺らぐことは、親北政策を前進させたい文氏にとっては千載一遇のチャンスです...

2017年05月08日

福田充 X国のテロから首相を守るには

福田 充(日本大学危機管理学部教授) 

福田充 X国のテロから首相を守るには

福田 充(日本大学危機管理学部教授) 

いまこそ要人暗殺テロへの備えと予防策を強化すべき 劇場型犯罪としてのテロリズム  現代のテロリズムの特徴は、一般市民を狙った無差別テロであり、ソフトターゲットを標的とした無差別大量殺傷であった。昨今のイ...

2017年04月19日

篠田英朗 地政学から見る「トランプ・ドクトリン」

篠田英朗(東京外国語大学教授)

篠田英朗 地政学から見る「トランプ・ドクトリン」

篠田英朗(東京外国語大学教授)

「アメリカ第一」主義でも海洋国家連合は崩れない 「地政学(geo-politics)」は日本語で「学」を付けた名称をもっているが、本来の意味で学問分野の1つではない。地政学は、人間の行動が地理的要素によって大きく決定付...

2017年04月19日

「著者に聞く(石 平)」『なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか』

石 平(評論家)

「著者に聞く(石 平)」『なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか』

石 平(評論家)

『論語』は少しも論理的ではない  ――本書 『なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか』 では、日中韓の文明史に対して詳細な考察を加えながら、なぜ日本だけが近代文明を手にすることができたのかを検証しています。...

2017年04月04日

古森義久&アール・キンモンス まだいうか、安倍ファシズム

古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)×アール・キンモンス(大正大学特任教授)

古森義久&アール・キンモンス まだいうか、安倍ファシズム

古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)×アール・キンモンス(大正大学特任教授)

欧米メディアの対日報道は偏向に満ちている   言葉の使い方が逆   古森  アール・キンモンスさんは日本史研究(社会史・思想史)が専門の学者です。アメリカの名門ウィスコンシン州立大学...

2017年04月01日

田中節孝 韓国よ、仏像を返しなさい

田中節孝(観音寺前住職)

田中節孝 韓国よ、仏像を返しなさい

田中節孝(観音寺前住職)

われわれが仏様を500年以上守ってきた――国境に生きる対馬人の嘆き。 取材・構成=編集部  2012年に長崎県対馬市豊玉町の観音寺から韓国人窃盗団に盗まれ、韓国に持ち込まれた県指定有形文化財「観世音菩薩坐像...

2017年03月03日

潮匡人 トランプ政権誕生で「戦後」が終わる

潮 匡人(評論家)

潮匡人 トランプ政権誕生で「戦後」が終わる

潮 匡人(評論家)

迫りくる危機をなぜマスコミは報じないのか そして誰もマスコミを信じなくなった  これで、ようやく「戦後」が終わる。そう感じさせたアメリカ合衆国大統領選挙であった。それにしてもマスコミ報道は酷い。2015年か...

2017年03月01日

村田晃嗣 トランプ対ハリウッド

村田晃嗣(同志社大学法学部教授)

村田晃嗣 トランプ対ハリウッド

村田晃嗣(同志社大学法学部教授)

アウトサイダーの新大統領は「第二のレーガン」になれるか 映画ほどアメリカ的な文化形態はない  ついにドナルド・トランプ政権が発足した。限られた情報を基に、すでに彼について多くのことが語られてきた。これ...

2017年01月30日

丸谷元人 イラン戦争勃発の危機

丸谷元人(危機管理コンサルタント)

丸谷元人 イラン戦争勃発の危機

丸谷元人(危機管理コンサルタント)

核合意は破棄か? 激変する中東情勢の行方を読む イスラエル右派が操るトランプ  2017年1月20日、ついにトランプ氏が新しい米国大統領に就任する。世界中の人びとが、大きな驚きと不安をもってその政治外交...

2016年12月20日

福田充 危機管理学とは何か

福田充(日本大学危機管理学部教授)

福田充 危機管理学とは何か

福田充(日本大学危機管理学部教授)

2020年の東京五輪の開催に向けて高まるテロの脅威。阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件の教訓を生かせ  今年4月に発生した熊本地震は、関連死を含めて死者100名を超える被害を生んだ。7月にバングラデシュのダッカで発生...

iyashi

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
iyashi

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。