ホーム » Voice » 社会・教育

社会・教育

2016年11月15日

冲方丁 『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』

冲方丁(小説家・アニメ脚本家)

冲方丁 『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』

冲方丁(小説家・アニメ脚本家)

自白主義の怖さ  ――本書 『冲方丁のこち留』 は、冲方さんが身に覚えのない妻へのDV(ドメスティック・バイオレンス)容疑で逮捕され、渋谷警察署内の留置場に9日間も閉じ込められた挙げ句、無罪放免になるまでの顛末が&ld...

2016年06月29日

参院選直前、17歳からみた主権者教育のあり方

岡部凜太郎(高校2年生男子)

参院選直前、17歳からみた主権者教育のあり方

岡部凜太郎(高校2年生男子)

海外から思想や方法を直輸入するだけの教育行政に対して、現役高校生が覚える違和感とは 今夏の参院選から18歳投票が可能に  昨年6月、公職選挙法が改正され、18歳から選挙権が認められるようになった。これによって...

2016年05月26日

「巨大化」「高層化」する組体操の病

内田 良(名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授)

「巨大化」「高層化」する組体操の病

内田 良(名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授)

教育という名のもと、感動と引き換えに事故リスクにさらされる子供のたちの身体 「教育問題」から「社会問題」へ   ―― スポーツ庁は3月25日、公立の小中学校で行なわれている組体操について安全性を確認できない場合...

2016年05月12日

お祝い事にぴったり!家庭でつくれる郷土寿司の魅力

岡田大介(酢飯屋店主)

お祝い事にぴったり!家庭でつくれる郷土寿司の魅力

岡田大介(酢飯屋店主)

聞き手=編集部、写真=遠藤宏 お寿司は人生を豊かにするコミュニケーションのツール 郷土寿司の伝承の大切さ   ― ― 『季節のおうち寿司』(PHP研究所)は東京・文京区の寿司屋、酢飯 屋の店主である岡田大...

2016年05月12日

感染者数は最大150万人、リオ五輪を悩ますジカウイルスの脅威とは?

岡田晴恵(白鷗大学教授)

感染者数は最大150万人、リオ五輪を悩ますジカウイルスの脅威とは?

岡田晴恵(白鷗大学教授)

日本も事前準備と対応計画を早急に進めよ WHOの緊急事態宣言  2016年3月16日の時点で、WHO(世界保健機関)はジカ(Zika)ウイルス感染症が中南米を中心に59カ国に拡大、依然としてその流行・拡大が続いていることを...

2016年05月07日

戦艦「三笠」の故郷・英バローを訪ねて

岡部 伸(産経新聞ロンドン支局長)

戦艦「三笠」の故郷・英バローを訪ねて

岡部 伸(産経新聞ロンドン支局長)

バローの「MIKASA STREET」(写真:筆者、以下同)   日本海海戦で東郷平八郎率いる連合艦隊の旗艦となった戦艦「三笠」。ロンドンから電車で5時間、アイルランド海に面した造船の町、バローでこの誉れあ...

2016年04月20日

授業に出れず、単位を落とす学生が急増!学習塾や小売業の「ブラックバイト」に注意

坂倉昇平(『POSSE』編集長、ブラックバイトユニオン事務局長)

授業に出れず、単位を落とす学生が急増!学習塾や小売業の「ブラックバイト」に注意

坂倉昇平(『POSSE』編集長、ブラックバイトユニオン事務局長)

ブラックバイトが教育を食い物にする もはや「バイト感覚」は「死語」     ーー 2014年8月に、NPO法人POSSEのボランティアスタッフを中心に「ブラックバイトユニオン」という労働組合が発足しました。坂...

2016年02月01日

日本人だけ?非礼?「両手握手はみっともない」

勢古 浩爾(エッセイスト)

日本人だけ?非礼?「両手握手はみっともない」

勢古 浩爾(エッセイスト)

両手で相手を包み込む両手握手は、宗主国の人間に植民地の人間が謁見するようで、見ていてはずかしい 「日本ローカル」のしぐさ    わたしは異常なまでのテレビ好きで、家にいるときは延々観ている。ニュ...

iyashi

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
iyashi

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。