ホーム » THE21 » スキルアップ » 「続けられない自分」を変える方法とは?

「続けられない自分」を変える方法とは?

2015年12月14日 公開

大平信孝(行動イノベーション協会理事長)

「続ける」カギは心理学にあり

年末年始、来年こそ「これをやろう!」と思っている人は多いだろう。だが、悩みはなかなか「続かない」こと。

では、どうすればいいのか。そのための方法として、心理学を応用した「エモーショナル・ハビット」を提唱するのが、『「続けられない自分」を変える本』という著書もある大平信孝氏だ。大平氏にその「続けるためのノウハウ」を教わった。

 

何かに挑戦しようとして、すぐに挫折した経験はありませんか?

「仕事のスキルアップに必要な資格を取得しなくては」「仕事で必要だから英語を勉強しなくては」「ストレス解消のために運動したい」「パフォーマンス向上のために日記を続けたい」など、やらなければならないことや、やりたいことがあるのになかなか「続けられない」と悩むビジネスパーソンは少なくないと思います。どうしても忙しい日常生活や目の前の業務に追われ、気がついたら、自分でやろうと決めたことが続けられない……。

そんな方にオススメなのが、「エモーショナル・ハビット」。アドラー心理学をベースにした、続けられる自分になるための最もシンプルかつ実践的なメソッドです。今までの「なぜ、自分はこんなことすら続けられないのだろう」と自分を責めたり凹んだり、挫折感を味わうパターンから脱却し、「続けられる自分」に変わっていくことができます。

 

数値目標だけでは、人は続けられない

そもそもなぜ、私たちは続けられないのでしょうか。

何かを習慣化しようとしたとき、数値目標を立てる人がいます。数値目標を立てること自体が間違いではありません。ただ、数値目標よりも大切なものがあります。それが「感情」です。

「感動」という言葉はあっても、「知動」という言葉はありません。人はどれだけ論理的に考えても行動できません。人は感情で動くのです。

そして、辛いこと、苦しいこと、難しいこと、嫌なことは続かない一方で、楽しいこと、ラクなこと、喜びを感じること、好きなことは、意識しなくても続きます。

続けるという「行動」ではなく、「感情」にフォーカスしたのが「エモショナル・ハビット」です。そして、エモーショナル・ハビットのポイントは2つ。1つは、「キーアクション」を見極めること。もう1つは、「感情を味わう」ということ。

iyashi

著者紹介

大平信孝(おおひら・のぶたか)

行動イノベーション協会理事長

1975年長野県上田市出身。就職活動に失敗し、職を転々とした20代。「どうして自分は仕事も英語の勉強もジム通いも続けられないのだろう?」と、自分を責め続け苦しむ。あるとき、「続けられる人」になるには法則があることを発見し、人生ががらりと変わる。人生の転換期に実践した1分間セルフコーチングをまとめたデビュー作「本気で変わりたい人の行動イノベーション」(秀和システム)がベストセラーに。会社経営者、オリンピックアスリートをはじめ5500人以上の夢の加速実現・行動習慣化のサポートや研修を実施。著作に『「続けられない自分」を変える本』(フォレスト出版)などがある。

関連記事

編集部のおすすめ

「やらなくてもいい仕事」を排除すれば仕事の速度は一気に上がる!

松本 晃(カルビー会長兼CEO)

頭の中を整理する「付箋」の使い方

平本あきお(〔株〕チームフロー代表)

男の見た目を決定づける「5つのポイント」とは?

平松由貴(美容コンサルタント)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。