ホーム » THE21 » インタビュー » 相手が思わず話し出す 「質問」のコツとは?

相手が思わず話し出す 「質問」のコツとは?

2016年05月31日 公開

西任暁子(ラジオDJ)

ポイントは相手の「承認欲求」

自分の話をするのが苦手。ならば、相手に話してもらえばいい。そこで重要になるのは「質問」だと語るのは、ラジオDJとして、5,000人を超えるインタビューの経験を持つ西任暁子氏。雑談で、相手が自然と語り出し、そして信頼関係まで築くことのできる質問のコツとは何か? その秘訣をうかがった。

 

質問が浮かばないのは「嫌われたくない」から!?

 普段、何気なくやり取りする雑談の中には、相手が大切にしている価値観や願望が散りばめられています。

 実はそれこそが、相手が話したいこと。そのポイントを突いた質問をすれば、「自分を理解してくれている」と感じてもらえるのです。すると、相手は自然と話しだし、心の距離は近づきます。

 ビジネスシーンであれば、雑談の中から相手のニーズを探り出す。そして、そこを突いた質問をすることで、「この人は信頼できるかもしれない」と思ってもらえるのです。とはいえ、核心を突いた質問に答えてもらうには、いくつかのステップを経なければなりません。

 まずは、「自分のマインドを整える」こと。対話の妨げとなる、心の壁を取り除きます。「雑談で何を質問していいかわからない」という悩みは、まさに壁の典型的な例。質問のネタがないのではなく、実は「こんなことを聞いたら嫌われないか・失礼ではないか」といった不安が、質問を思い浮かばない状態にさせているのです。

 このとき、その人の頭にあるのは「自分への評価」。会話をしているはずが、自分にばかり目が向いて、相手を見ることができていません。まずは、その視点を相手に向けましょう。雑談では観察が重要な役割を果たすのです。

 というのも、口調や表情、しぐさなど、身体はさまざまな感情のサインを表わします。ため息や、指で机を叩くしぐさは退屈のサイン。血色が良くなったり、身を乗り出したりするのは「乗り気」の印などです。

 雑談の中で、相手が「乗り気」になったサインを出したときの話題を覚えておき、再びそのテーマで話をするといったテクニックを覚えておくと、場が温まりやすくなります。また、相手の持ち物やデスク回りを観察してみましょう。モノが多ければ「片づかなくて困っている?」などと推測できますし、ガラケーを使っていれば「多機能な製品は苦手かもしれない」という仮説から、「機能はシンプルなほうがお好みですか」などの質問も思いつくはずです。

自分の思いをストレートに伝えてしまう >

iyashi

著者紹介

西任暁子(にしと・あきこ)

ラジオDJ

大阪府生まれ、福岡県育ち。慶應義塾大学在学中よりFMラジオのDJとして第一線で活躍。「わかりやすく伝える方法」について探求を重ねてきた。独立後、2012年にU.B.U. ㈱を設立後、話し方の学校の学長として2年半に渡って指導。現在は、人間の創造性を引き出すリーダーのためのコミュニケーションを講演や研修を通して伝授している。近著に『本音に気づく会話術』(ポプラ社)がある。

関連記事

編集部のおすすめ

“スーツ販売のカリスマ”が教える雑談の極意

町田豊隆(AOKI常務執行役員/横浜港北総本店総店長)

【雑談力】いい会社は必ず「雑談」を大切にしている!

泉谷直木 (アサヒグループホールディングス社長)

「商談2:雑談8」が、成功するセールスの黄金比だ

横山信弘(アタックス・セールス・アソシエイツ社長)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。