ホーム » THE21 » WEB特別企画 » 沖縄の文化と精神を知る「男ひとり旅」

沖縄の文化と精神を知る「男ひとり旅」

2017年04月04日 公開

THE21編集部

 

3日目 街歩きで歴史を味わう

10:00 那覇まちま~い(那覇市松川)

地元の人にも人気があるガイド付き街歩きツアー。各コース2時間前後なので男のひとり旅にちょうどいい。飛び込み参加も可能。

 

13:00 金城町石畳道(那覇市)

琉球王国の都・首里から沖縄本島南部へと通じる主要道路として造られた「真珠道(まだまみち)」の一部が残っている。琉球時代の散策を楽しめる。

 

14:30 壺屋やちむん通り(那覇市)

賑やかな国際通りから路地に入ると伝統工芸「やちむん(焼き物)」の店が軒を連ねる。" 自分土産" を購入し、帰路につく。

 

 沖縄は、本島を中心に、160余りの島々から成る。1年をとおして温暖な気候や亜熱帯の壮大な自然に魅了され、何度も訪れる人が多い。

 また、独特の文化を育んできた土地でもある。御嶽(うたき)や樋川(ひーじゃー)、拝所(うがんじゅ)といった伝統的な信仰の場所が、今でも各所に息づいている。

 かつて琉球王国として栄え、古来、アジア各国との交易が盛んだった沖縄では、さまざまな文物が入り交じってきた。世界中に広まり、東京五輪の新種目にも採用された空手も、そうした沖縄の歴史の中で洗練されてきた文化だ。

 沖縄は、日本人のルーツにも深く関わっているかもしれない。県南部の石灰岩採石場で、約2万年前にこの地で生きていた港川人(みなとがわじん)の化石人骨が発見されている。

 昨年には「ガンガラーの谷」から世界最古の釣り針が発見されるなど、古代史のロマンを掻き立てられる。

 

島人(しまんちゅ)の男メシ >

iyashi


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。