ホーム » THE21 » トピックス » あなたは大丈夫?「40代を後悔する人」の働き方とは

あなたは大丈夫?「40代を後悔する人」の働き方とは

2017年05月09日 公開

THE21編集部

15のセルフチェックで見えてくる!

40代を後悔する人としない人の違いはどこにあるのか……。一見、今までの常識では「良いこと」とされていることが、むしろ後悔の原因にもなり得ることが、「THE21」が行なったアンケートや多くの識者へのインタビューから見えてきた。

そこで、以下のテストであなたの「常識」を再確認することで、あなたの「後悔度」と「後悔タイプ」をチェックしてみていただきたい。

チェックA

・30代の頃より残業が減っていない。あるいは増えている
・この3年間、新たに身につけたと言えるようなスキルはない
・最近、周りから注意をされることが少なくなった
・部下や後輩に仕事を任せるより、自分でやったほうが速いと思う
・若い頃と比べ、新事業開発や新規開拓を面倒に思う

Aのチェックが4つ以上のあなたは……
「伸び悩み後悔型」

いつまでも「プレイヤー」として働くほうが楽しいかもしれないが、それだけでは早晩、成長は止まってしまう。気力も体力もある若手にフットワークで勝つのは難しいし、日々刻々と変化する業界の最新事情についていくのもなかなか大変なことだ。その結果、10年後には「時代遅れの人」扱いをされてしまうことも。

 

チェックB

5年以上今と同じ部署(仕事)で、今後も異動の予定はない
自信を持って履歴書に書ける実績や資格が思いつかない
会社に不満はあるが、転職や退職について具体的に考えたことはない
やっぱり会社員にとって、「出世」は何よりも重要だと思う
他社、他業種の友人・知人は数えるほどしかいない

Bのチェックが4つ以上のあなたは……
「キャリア後悔型」

目の前の仕事をこなしているうちに時が経ち、いつの間にか定年間際。そんなある日、突然自分の部門が廃止されたり、会社そのものがなくなってしまったら……。これは決してありえない話ではない。そのときに「どこへ行っても食べていける能力」がないと、一瞬で路頭に迷ってしまうことになる。

 

チェックC

趣味と言えるようなものがなく、休日は寝てばかりいる
健康診断の数値は良くないが、具体的な対策はしていない
食事や飲みに行くのは同じ会社の人とばかりだ
常にストレスを感じるが、仕方のないことだと思っている
家族の予定より、仕事の予定を優先してしまう

Cのチェックが4つ以上のあなたは……
「定年後に後悔型」

仕事はしっかりやりきった。会社でもそれなりのポジションを与えられ、自分でも「いい会社人生だった」と満足して迎えた定年。しかしその直後、自分には何も残っていないことに気づいて愕然とする……。実際、現在の定年世代にはそういう人が少なくない。今から対策をしておかないと、きっと後悔することに。

ベテランだからこそあえて「別の仕事」を >

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

30代→40代→50代「磨くべき能力」はどう変わるのか?

藤原和博(教育改革実践家)

40代からの地方移住&転職の心得

多田洋祐(ビズリーチ取締役)

40代が10代の学生よりも英語力を急速に伸ばせる理由

菊間ひろみ(イングリッシュ・トレーナ―)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。