ホーム » THE21 » インタビュー » 世界的コンサルタントが語るモチベーションの源とは?

世界的コンサルタントが語るモチベーションの源とは?

2017年10月16日 公開

ジェイ・エイブラハム(マーケティング・コンサルタント)

ゼロからでも、すべてを失っても、
人はまたスタートできる。

巨大グローバル企業から街の個人商店まで、膨大な数の人々を成功へと導いてきたマーケティング・コンサルタント、ジェイ・エイブラハム氏。自身も大きな成功を収めたエイブラハム氏のキャリアの出発地点は、意外にも厳しい境遇だった。「全米トップ5の経営コンサルタント」に選ばれるまでの道のりには、三度の経済的危機も体験したという。一体どのようにしてモチベーションを保ち、苦難を乗り越えてきたのだろうか。《写真撮影=永井 浩》

 

苦境から脱出できたある「気づき」とは?

マーケティングの巨匠にして世界中のビジネスマンのメンターであるエイブラハム氏。モチベーションを高めるためには「自信」を持つことが重要だが、誰しも最初から自信が備わっているわけではないと語る。

「私は貧しい家に生まれ、学歴はいわゆる高卒です。20歳になる頃には2児の父でもありました。注意欠陥障害(ADD)で、正社員として雇ってくれる会社はなかなかなかったため、複数の仕事を掛け持って日夜、働いていました。当時の状況はまさに絶望的で、私自身も大変なストレスを抱えていました」

そのような状況下で、なぜ「自分は変われる」と信じ、モチベーションを持ち続けることができたのか。きっかけには、重要な「気づき」があったと言う。

「あるとき私は、『現実が絶望的である以上、自分が考え方を変えない限り、状況が変わるはずはない』と気がついたのです。言い換えれば、自分で設定していた限界を自分で変えるほかない、ということです。
そう考えると、いろいろな仕事を掛け持ちせざるを得ない自分の境遇も実は『恵まれている』と思いました。他の人が1つしか仕事を学べない中、同時に3つも4つも違う世界を体験することができるのですから。
こうして私は、世間の常識などは脇に置いて努力し、自分の道を自分で切り開こうと考えるようになりました。まずは圧倒的に足りない〝学〟を補うため、毎日5つずつ新しい単語を覚えることから始めたのです」

さらに、ある強い思いがやる気を奮い立たせたと語る。

「私は、『凡庸でいたくない』と強く思っていました。ただ、多くの人はそう思っても、自分を高みに引き上げる方法がわからず、羽ばたくことができずにいます。
凡庸でいたくないのなら、メンターを見つけることをお勧めします。私は、自分に足りないものを学ぶため、他業種の採用面接を受けたり、成功した経営者に話を聞かせてもらいました。コツは、いい質問をすること。たとえば私は面接の場で、自分の給料よりも相手の会社のビジネスモデルなどについて根掘り葉掘り質問しました。面接を学びの機会にしていたのです。
『自分は世の中をより良くするため、もっと大きな目的のために存在する』という信念を持ちましょう。その信念は日々のモチベーションを高め、逆境の際に立ち直る力となります」

 

人生の98%の出来事はコントロール可能

さまざまな業界で洞察力を養い、1つずつ語彙を増やして一歩一歩前進することで、エイブラハム氏は類まれなるマーケティングの才能を開花させ、人を感動させる高いコミュニケーション能力を手に入れた。だが、中には「自分には才能がない」と、どうしても自分に自信が持てない人も多い。

「まず理解してほしいのは、人間はみなそれぞれが特別な何かを持っているということ。何万人もの人々と対話してきて、私はそう確信しています。
そのうえで、自分の得意分野を考えてみてください。能力があっても、その価値を認識しなければ貢献できないからです。金鉱から掘り出した金がそのままでは使えないように、あなたの能力も磨き上げていく必要があります。私はマーケティングと戦略、コミュニケーションが得意ですが、コンピュータは苦手で、電球の交換もできません。弱みも自覚しつつ、強みを認識し磨いていく。そうすれば、必ず自信は生まれます」

しかし、信念と自信をもってチャレンジしても、多くの人は失敗したときに、やる気を失ってしまう。

「私自身、人生で3回も一文無しになるような体験をしています。すべてを失い絶望する中で学んだことは、『誠実さ』さえ失わなければ、お金をすべて失おうが、困難からは脱することができるということでした。
自分が窮地にあっても、誠実さをもって周囲の人や仕事相手に相対し、自分にできることをやる。すると必ず、それはあなたに返ってきます。私も、かつて私がプライベートやビジネスで利益に貢献し、信頼関係を築いた人々により助けられ、苦境を脱することができました。
それに、失敗は永遠には続きません。私たちは、ビジネスや恋愛などの場面で起きたネガティブな出来事を失敗と言いますが、それらは既に済んだこと。失敗は一時的なものと認識することで、新たなチャレンジをする気持ちが生まれます」

エイブラハム氏は、「人生には不測の事態がつきものだが、実は、コントロールできない出来事は2%だけ」だと言う。

「生きていると、天災などどうしようもないことも起きます。しかし、これは人生の出来事のたった2%で、残りの98%は、私たち自身の判断や選択の結果です。つまり、98%はコントロール可能なのです。
だからこそ、失敗したら、原因と結果を踏まえ、再チャレンジしてください。それで成功すれば自信になります。人生の98%がコントロール可能であることに気づかず、失敗しても『運が悪かった』で終わらせてしまうのは間違いです。命さえ落とさなければ、失敗は学びのための最高の経験だと、私は思っています」

一流のコンサルタントがマンネリと無縁な理由 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

ジェイ・エイブラハム(Jay Abraham)

マーケティング・コンサルタント

1949年生まれ。30年以上におよぶ豊富な経験から、「卓越の戦略」(Strategy of Preeminence)と呼ばれるマーケティング哲学を提唱。そのコンサルティングのクライアントはIBM、シティバンク、マイクロソフトといった世界的な大企業から、街のクリーニング店、歯科医、税理士などの中小零細企業に至るまで、業種を問わず多岐にわたる。全米をはじめ世界中にファンを持つ。カリフォルニア州バロスヴェルデスで妻子とともに暮らしている。著書に『ハイパワー・マーケティング』(インデックス・コミュニケーションズ)、『クラッシュ・マーケティング』(実業之日本社)などがある。

関連記事

編集部のおすすめ

ピザーラ創業者、人生の転機を語る

[株]フォーシーズ 代表取締役会長兼CEO 淺野秀則

圧倒的なスピードを実現するソフトバンク流の「時短」とは?

冨澤文秀(ソフトバンクロボティクス代表取締役社長)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。