ホーム » THE21 » トピックス » 業界別・あなたの仕事と働き方はこう変わる!

業界別・あなたの仕事と働き方はこう変わる!

2016年04月18日 公開

中原圭介(経済アナリスト) 渡邉正裕(ジャーナリスト)

あなたの仕事&働き方はこう変わる!

自分のいる業界の現状と将来を知り、それに備えて「働き方を見直す」ことは、40代以降の人生を考えるためには必須。そこで、「最も予測が当たる経済アナリスト」として知られる中原圭介氏に各業界の未来を、雇用・労働問題に詳しいジャーナリストである渡邉正裕氏に、働き方の未来についてうかがった。

 

食品業界

高付加価値化とブランディングがカギ

国内では、健康志向の上昇を受け、高付加価値の加工食品が成長。また、海外展開では、世界第2位の農業製品輸出大国オランダのように、日本の食品を他国に売り込むブランディング&販売戦略ができるかにかかっている(中原)。

国内市場は堅調、退職まで逃げ切ろう

国内市場は堅調。海外展開については、国ごとに嗜好が異なるため、輸出することが難しい。ローカルマーケットに適したグローカルな商品展開ができれば成功もありうる。とはいえ、今の40代は、現状維持で退職まで逃げ切れるだろう(渡邉)。

 

I T

市場は飽和気味。次の波に乗れるかが勝負

スマートフォンの登場以降、市場は飽和状態。次世代情報技術と目されたビッグデータはトレンド追従型の集積情報に過ぎず、今以上のブレイクをするかはわからない。ただし、ビッグデータはAIと結びつき、製造業のあり方を大きく変える可能性がある(中原)。

「ITプラスアルファ」の人材を目指そう

技術に特化しただけの人材は、淘汰される可能性がある。今後は、「観光×IT」「スマホ×中国語」などといった、IT技術を他の分野と掛け合わせることで力を発揮する人材が求められる。他業種のビジネスチャンスにアンテナを張る働き方が求められてくる(渡邉)。

総合商社 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

中原圭介(なかはら・けいすけ)

経済アナリスト

1970年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。経営・金融のコンサルタント会社、アセットベストパートナーズ㈱の経営アドバイザー。企業・金融機関への提言、執筆・セミナーで経営教育・経済教育の普及に従事。幅広い視点から経済や消費の動向を分析し、その予測の正確さには定評がある。『中原圭介の経済はこう動く 2016年版』(東洋経済新報社)など著書多数。

渡邉正裕(わたなべ・まさひろ)

ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長

1972年生まれ。慶應義塾大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2004年にMyNewsJapanを設立。同社代表取締役社長・編集長。綿密な取材で、日本の雇用・労働に関する問題に切り込む。代表作は『トヨタの闇』(ビジネス社、共著)、『10年後に食える仕事、食えない仕事』(東洋経済新報社)など著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

これから10年、伸びる業界・沈む業界

池上浩一(野村ホールディングス シニア・コミュニケーションズ・オフィサー)、渡邉正裕(ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長)

「リポジション」を繰り返し、自分の引き出しを増やそう

出井伸之(元ソニー社長)

格差社会を生きる「貧乏クジ世代」の働き方

常見陽平(千葉商科大学専任講師)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。