PHPオンライン衆知 » 歴史街道 » 編集部コラム » 大空のサムライ・坂井三郎、真の空中戦の極意

大空のサムライ・坂井三郎、真の空中戦の極意

2017年09月22日 公開

9月22日 This Day in History

坂井三郎

零戦のエースパイロット・坂井三郎が没

今日は何の日 平成12年9月22日

平成12年(2000)9月22日、坂井三郎が没しました。零戦のエース・パイロットで、その著書『大空のサムライ』は世界的ベストセラーとして知られています。

坂井は大正5年(1916)、佐賀県の農家に坂井は生まれます。飛行機に憧れ、昭和8年(1933)、17歳で佐世保海兵団に入団。昭和12年(1937)に霞ヶ浦航空隊に入隊し、海軍戦闘機搭乗員としての道を歩み始めました。翌年、日中戦争で中国大陸九江に進出していた第12航空隊に配属。10月5日の漢口空襲が初陣となり、その日、敵一機を撃墜しています。当時の坂井の愛機は九六式艦上戦闘機でした。

昭和16年(1941)初頭、高雄航空隊(後の台南航空隊)に転勤、使用機も零式艦上戦闘機(零戦)となり、12月8日の太平洋戦争開戦の日には、台南基地から長駆、フィリピンの米航空基地に攻撃をかけました。航続距離が長い零戦ならではの戦法です。開戦3日目。フィリピンを攻撃して台湾に戻る途中、天候が悪化します。小隊長の坂井は2番機、3番機を従えていましたが、他の隊は雲の上と雲の下にバラバラに分かれてしまい、大粒の雨で視界が利かず、眼下の海も大荒れの中、針路を示す誘導機もありません。燃料もギリギリで、方向を誤れば台湾にたどり着けずに海に落ちることは確実です。もちろん坂井も不安でしたが、彼は決して諦めません。部下たちの緊張する顔を見て、わざと風防ガラスを開けて、部下に見えるように余裕あり気にバナナを食べてみせ、サイダーをラッパ呑みすると、ようやく部下たちの表情もほぐれました。後は自分の航法を信じて飛ぶのみです。2時間20分後、彼らはピシャリと台湾に至り、生還しました。この「絶対に諦めない」姿勢は、その後何度も坂井を救うことになります。

昭和17年(1942)4月、台南航空隊はニューギニアの東、ニューブリテン島ラバウルに進出。いわゆる「ラバウル航空隊」の活躍が始まります。そこには坂井をはじめ、西澤広義、太田敏夫ら歴戦の猛者が揃い、さらに坂井は上官の笹井醇一中尉を支えて連日敵との空戦で大活躍し、連合軍パイロットから大いに怖れられました。

零戦の戦法について坂井は、「戦後、空戦を書いたものを読むと、零戦は操縦性を活かして敵と格闘戦に持ち込んだとよくありますが、私に言わせれば、なぜわざわざ格闘戦に持ち込む必要があるのか。格闘戦はボヤっとしていて敵に後につかれた時に、振り切るために行なうマイナスの戦法です。真の空中戦の極意とは、自分は撃てるが相手は撃てない位置を素早く占拠すること。すなわち相手の真後ろについて、最短距離から撃つ。そのためには敵に先んじて敵を見つける、つまり視力が重要です」と語っています。実際、当時の坂井は昼間でも星を見分ける鍛錬を積み、視力は2.5~3はあったともいわれます。

昭和17年8月7日、敵の攻略部隊がソロモン群島南東のガダルカナル島に上陸。ラバウルからだと東京~屋久島間の距離に匹敵しますが、坂井らの零戦隊は陸上攻撃機を掩護してガダルカナルに赴きます。坂井らは待ち構えていた敵80機のうち半数を撃墜しますが、敵爆撃機を戦闘機と誤認して接近した坂井は、敵の後部座席からの機銃弾を頭部に受け、重傷を負いました。激しい出血で意識が朦朧となる中、それでも坂井は諦めず、気持ちを奮い立たせて東京~屋久島間の距離を戻り、基地に帰還します。着陸した時に燃料切れでエンジンが止まるという、ギリギリの奇跡的な生還でした。負傷した坂井は右目の視力を失い、内地に戻って療養しますが、果敢にも彼は再び戦場に戻り、終戦まで第一線で戦い抜くのです。

編集部が太平洋戦争の取材で坂井さんにお会いしたのは、平成12年(2000)の初夏でした。小学生の頃、子供向けに書き改められた『大空のサムライ』を読んでいた編集者は、その当人に会えるということで、緊張と高揚していました。坂井邸での初対面の印象は、眼光の鋭さ。死線を潜ってきた人の目はこうしたものかと思いました。しかし、話し始めると非常に内容が面白く、午後1時から1時間の予定の取材でしたが、坂井邸を辞したのは、午後9時を回っていました。それでもまだ話は尽きず、「戦後の話も面白いから、またいらっしゃい」と仰ってくださいました。数日後、電話をした時も「ぜひまたいらっしゃい」と声をかけてくださり、ではいつ頃にしようかと思っていた矢先に訃報に接し、茫然としたものです。ただ、坂井さんもこれでようやく、ラバウルの戦友たちと再会できたのかもしれません。

歴史街道 購入

2022年8月号

歴史街道 2022年8月号

発売日:2022年07月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

撃墜王・坂井三郎が奇跡の生還〜絶望は愚か者の結論。絶対に諦めない

8月7日 This Day in History

ラバウル航空隊の主軸!二〇四空かく戦えり

歴史街道編集部

菅野直の生涯と最後の出撃~諸君ノ協力ニ感謝ス、ワレ菅野一番

歴史街道編集部

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×