ホーム » 経済

経済

2021年06月09日

偉大なイノベーションは天才によってしかなされないと考えていないだろうか。「人類とイノベーション」著者・マット・リドレーがイノベーションの本質に迫る。

2021年05月17日

副業の広がりは日本の生産性を上げるか? 日本型雇用はどうなるのか?

ロバート・フェルドマン(経済学博士)×松村幸弥(シューマツワーカーCEO)

副業の広がりは日本の生産性を上げるか? 日本型雇用はどうなるのか?

ロバート・フェルドマン(経済学博士)×松村幸弥(シューマツワーカーCEO)

働き方改革に加え、コロナ禍によって、ますます副業が一般化しつつある。副業をする人は、今度、さらに増えるのか? また、副業をする人が増えると、日本経済にどのような影響があるのか?

2021年05月06日

迫りくる大経済圏時代 「PayPay」と「LINE」の2大スーパーアプリが共創するソフトバンク経済圏

八木典裕(ベイカレント・コンサルティング チーフエバンジェリスト)

迫りくる大経済圏時代 「PayPay」と「LINE」の2大スーパーアプリが共創するソフトバンク経済圏

八木典裕(ベイカレント・コンサルティング チーフエバンジェリスト)

日本のコンシューマー市場を作り変えていくのは、海外企業ではなく、国産のディスラプターになるだろう。その代表格である通信キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンクに楽天を加えた4社)の1つ、ソフトバンクグループが作る大経済圏とは?

2021年04月20日

19世紀にカール・マルクスが書いた大著『資本論』。有名テレビ番組で取り上げられるなど、昨今の社会で話題に上がっている。私たちは同書から何を学ぶべきなのだろうか。

2021年04月16日

迫りくる大経済圏時代 10年以上の歴史を持つ楽天経済圏が見据えるさらなる飛躍

八木典裕(ベイカレント・コンサルティング チーフエバンジェリスト)

迫りくる大経済圏時代 10年以上の歴史を持つ楽天経済圏が見据えるさらなる飛躍

八木典裕(ベイカレント・コンサルティング チーフエバンジェリスト)

 今後、日本のコンシューマー市場を作り変えていくのは、海外企業ではなく、おそらく国産のディスラプターになるだろう。なぜならば、日本人特有の消費者心理や行動を熟知しているのは長年ビジネス...

2021年04月15日

コロナ禍でリモートワークや補助金が支給される影響で地方回帰が予想される中、不動産投資のプロ・天田浩平氏はデータから「地方崩壊のシナリオ」が見えていると語る。

2021年04月09日

2020年2月、バブル期以来30年ぶりに日経平均が3万円台に上昇。投資ブームが到来している。福田猛氏が推奨する「考えない投資」なら初心者でも勝ち続けられるというが、それはどのような手法なのか。

2021年04月07日

株価が気になって仕事も手につかない…その原因の「恐怖心」を取り除く方法

福田猛(ファイナンシャルスタンダード株式会社代表)

株価が気になって仕事も手につかない…その原因の「恐怖心」を取り除く方法

福田猛(ファイナンシャルスタンダード株式会社代表)

2020年2月、バブル期以来30年ぶりに日経平均が3万円台に上昇。投資ブームが到来している。福田猛氏は「ミックス投資法」なら初心者でも大損せずに勝ち続けられるというが、それはどのような手法なのか。

2021年03月30日

迫りくる大経済圏時代 最有力候補である通信キャリア「SRAD」の動向を読み解く

八木典裕(ベイカレント・コンサルティング チーフエバンジェリスト)

迫りくる大経済圏時代 最有力候補である通信キャリア「SRAD」の動向を読み解く

八木典裕(ベイカレント・コンサルティング チーフエバンジェリスト)

GAFAM(GAFA+マイクロソフト)に代表される巨大テック企業など、海外から黒船のように押し寄せるデジタルディスラプターの脅威が叫ばれて久しい。しかし、今後日本のコンシューマー市場をつくり替えていくのは、おそらく国産のディスラプターになるだろう。

2021年03月19日

個人が株式投資をする際に、ESGに配慮している企業かどうかは、判断基準の1つにするべきなのだろうか? 長期厳選投資のアクティブファンドである「おおぶね」ファンドシリーズを展開するNVIC(農林中金バリューインベストメンツ)で常務取締役兼CIO(最高投資責任者)を務める奥野一成氏に見解を聞いた。

2021年03月18日

「今の株式市場はバブルではないか?」と心配な人もいるだろう。長期厳選投資のアクティブファンドである「おおぶね」ファンドシリーズを展開するNVIC(農林中金バリューインベストメンツ)で常務取締役兼CIO(最高投資責任者)を務める奥野一成氏に見解を聞いた。

2021年03月16日

やり方によっては、低コストで効果的なDXをすることができる。自社ECサイトの構築を行なった広島県の老舗「鍋メーカー」・関西軽金属工業の事例を見てみよう。

2021年03月08日

アフターコロナ時代に訪れる「3つのビジネスの潮流」とは?

小阪裕司(オラクルひと・しくみ研究所代表)

アフターコロナ時代に訪れる「3つのビジネスの潮流」とは?

小阪裕司(オラクルひと・しくみ研究所代表)

コロナショックで街から顧客が「消滅」。それでも、売上を伸ばし続ける店があった!マーケティングのカリスマがその秘密を明かす。

2021年03月05日

経営コンサルタントの竹内謙礼氏は、将来のことを考えれば便利な街に家を買ったほうがいいと語る。しかし、利便性が高く、費用も高い都内に家を持つのは可能なのだろうか。

2021年03月03日

御社の顧客リストが「単なる名簿」になってしまっている理由

小阪裕司(オラクルひと・しくみ研究所代表)

御社の顧客リストが「単なる名簿」になってしまっている理由

小阪裕司(オラクルひと・しくみ研究所代表)

コロナショックで街から顧客が「消滅」。それでも、売上を伸ばし続ける店があった!マーケティングのカリスマがその秘密を明かす。

2021年03月01日

コロナショックで街から顧客が「消滅」。それでも、売上を伸ばし続ける店があった!マーケティングのカリスマがその秘密を明かす。

2021年02月28日

このパンデミックや環境汚染など様々な社会問題により、資本主義経済への不信感が高まっている。ユーグレナ社長の出雲充氏は、2025年を境に“ミレニアル世代”が社会を持続可能なものへと大変化させると主張する。

2021年02月27日

4トンもの卵があっという間に…「顧客リスト」という最強の資産

小阪裕司(オラクルひと・しくみ研究所代表)

4トンもの卵があっという間に…「顧客リスト」という最強の資産

小阪裕司(オラクルひと・しくみ研究所代表)

コロナショックで街から顧客が「消滅」。それでも、売上を伸ばし続ける店があった!マーケティングのカリスマがその秘密を明かす。

2021年02月26日

株式会社ユーグレナ社長の出雲充氏は、“農業”こそ持続可能な社会の主産業になると解説する。しかし、現在伸びているIT産業とは対極にある中で、農業が主力となるにはどのような変化が社会に必要なのか。

2021年02月24日

近年“いき過ぎた資本主義経済”の是正として、「サステナブル」というワードに注目が集まる。株式会社ユーグレナ社長の出雲充氏は、日本企業のSDGsに見られる問題を指摘し、“ソーシャルビジネス”を推進すべきだと語る。

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済

×