ホーム » スキルアップ

スキルアップ

2019年10月16日

「新しいアイディアを殺す人たち」の共通点

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

「新しいアイディアを殺す人たち」の共通点

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

発想の敵は、一般にいわれるように「模倣」なのではなく、われわれ自身の中に、あるいは周囲に、ごく普通に見られる生活態度や考え方だと、野口悠紀雄氏は指摘する。

2019年10月14日

情報整理がグンと楽になる「魔法のメモ術」とは?

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

情報整理がグンと楽になる「魔法のメモ術」とは?

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

AIのパターン認識能力の向上やデータのクラウド保存で、これまでは不可能であったことが可能になっている。こうした技術を個人の発想作業でどのように活用できるのか?

2019年10月11日

なぜ「散歩」していると、いい発想がひらめくのか?

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

なぜ「散歩」していると、いい発想がひらめくのか?

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

書斎や研究室に籠もってウンウン唸っていると、いいアイディアが降ってくることがあるのだろうか? 野口悠紀雄氏は、決してそうではないと言う。

2019年10月10日

文政8年(1825)に紅屋「伊勢屋半右衛門」として創業した化粧品メーカー・伊勢半が、5年間で売上高を約170%に伸ばしている。その急伸を支える国内での営業戦略について、営業本部営業統括部部長の松本憲明氏に聞いた。

2019年10月09日

18期連続で増収を続け、売上高を7億円から75億円まで成長させた㈱武蔵野。その成長の秘密は、「儲かる整理整頓術」にあった。武蔵野の社長であり、20年以上前から、中小企業の経営者、幹部を中心に自社の現場を視察してもらう「現地見学会」を開催している小山昇氏に、約5万人が視察し、参考にしているという自社の職場の整理整頓術をうかがった。

2019年10月09日

発想がイマイチな人は「ある勘違い」をしている

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

発想がイマイチな人は「ある勘違い」をしている

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

「発想」というと独創的なものだと思っている人が多いだろうが、果たして本当にそうだろうか? 野口悠紀雄氏は、決してそうではないと言う。

2019年10月07日

世紀の大発見が「必然としか言えない」そのワケ

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

世紀の大発見が「必然としか言えない」そのワケ

野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問/一橋大学名誉教授)

偶然をきっかけに歴史的な大発見をしたというエピソードは数多くあるが、発想は偶然によってもたらされるものなのだろうか? 野口悠紀雄氏は、決してそうではないと言う。

2019年09月24日

なりたい自分を実現する「課題解決力」

稲垣一郎(株式会社HRインスティテュート取締役・シニアコンサルタント)

なりたい自分を実現する「課題解決力」

稲垣一郎(株式会社HRインスティテュート取締役・シニアコンサルタント)

「課題解決」は単にビジネススキルではなく、日常生活のなかで問われるもの。基本中の基本のスキル。人生を豊かにするヒントともなると稲垣一郎氏は語る。

2019年09月24日

「回転寿司」から、他にどんな「回転○○」のアイデアを出せるか?

〈連載第4回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

「回転寿司」から、他にどんな「回転○○」のアイデアを出せるか?

〈連載第4回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

抽象化によってメタのレベルに上がることで遠くのものをつなげて新しい発想を生み出す「アナロジー思考」ついて、具体的な事例をあげながら解説していただいた。

2019年09月17日

吉野家の競合は、本当に松屋やすき家なのか?

〈連載第3回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

吉野家の競合は、本当に松屋やすき家なのか?

〈連載第3回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

メタ思考ができる人とできない人とでは見えている世界が違うと、ビジネスコンサルタントの細谷功氏は言う。時代の変革期に生き残るために必要なメタ思考とは?

2019年09月11日

成功する人は「外見の教養」を備えている、と安積陽子さんは語る。とくに欧米人は、出会い頭の一瞬でその人を判断する。良い印象を与えるための服選びのポイントを解説する。

2019年09月10日

「なぜ?」という言葉を「骨までしゃぶって」使おう

〈連載第2回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

「なぜ?」という言葉を「骨までしゃぶって」使おう

〈連載第2回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

「なぜ?」という言葉は言い古されているが、「考えることを考える」という、まさにメタ思考のためには「基本中の基本」とも言える言葉だと、細谷功氏は言う。

2019年09月09日

広告業界で活躍し続けている嶋浩一郎氏。クライアントへのプレゼン資料をどのように作っているのか、また、通る資料とダメな資料の違いはどこにあるのか。

2019年09月05日

資格試験の勉強計画は1年を3つの期に分けよう

山本憲明(山本憲明税理士事務所代表/税理士)

資格試験の勉強計画は1年を3つの期に分けよう

山本憲明(山本憲明税理士事務所代表/税理士)

日々、仕事をしていると、勉強に使える時間はどうしても限られる。実際に会社勤めをしながら難関の税理士資格を取得した山本憲明氏は、どのように計画を立て、勉強をしていたのだろうか?

2019年09月04日

「MBAは役に立たない」は誤解…経験者だけが知る“アドバンテージ”

石川康晴(ストライプインターナショナル社長)

「MBAは役に立たない」は誤解…経験者だけが知る“アドバンテージ”

石川康晴(ストライプインターナショナル社長)

MBAは不要だという論調は根強く残る。しかし、成長を続けるストライプインターナショナルの石川康晴代表は「学びの重要性」と「MBA」のメリットを主張する。

2019年09月03日

頭が悪いまま成長しない人に決定的に欠けていることとは?

〈連載第1回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

頭が悪いまま成長しない人に決定的に欠けていることとは?

〈連載第1回〉細谷功(ビジネスコンサルタント)

細谷功氏は、自分自身に限らず、様々な物事を「一つ上の視点から」考えてみることが重要だと指摘する。なぜ「一つ上のレベルから考える」という「メタ思考」が必要なのか?

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ

×