ホーム » 社会

社会

2018年12月10日

千葉雅也&三浦瑠麗 『新潮45』杉田水脈論文に隠された本当の意味

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

千葉雅也&三浦瑠麗 『新潮45』杉田水脈論文に隠された本当の意味

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

波紋を呼んだ『新潮45』杉田水脈論文。「生産性」問題に隠された意味について、気鋭の哲学者と国際政治学者が議論。

2018年12月07日

起業にお勧めの国、ルワンダ。でも問題は……(ルワンダ4)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(40)石澤義裕(デザイナー)

起業にお勧めの国、ルワンダ。でも問題は……(ルワンダ4)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(40)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はルワンダ。

2018年12月07日

「使えない&使われない」職場の"誰得システム"を生み出す真犯人

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

「使えない&使われない」職場の"誰得システム"を生み出す真犯人

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

誰が、何のために……? あなたの職場にも使われないシステムがはありませんか? そんな"誰得システム"を生み出してしまう元凶を『問題地図』シリーズの沢渡あまね氏が語る。

2018年12月05日

日本の近隣諸国のほとんどがネットによる世論操作が行われていると報告されている。誰が何のために、どうやって世論を操作するのか。その核心に迫る。

2018年11月30日

ネットによる世論操作は国家レベルで行われている。結果、増大するSNS企業の影響力。ネットを通して、あなたの思想や行動が誰かの意図の下でコントロールされているかもしれない。

2018年11月29日

「日本か。素晴らしい国なんだろうな。まるで夢の国みたいだ。行ってみたいけど、僕には一生、絶対に無理だな。世界は不公平だね」。ノンフィクション作家の早坂隆氏はかつて滞在したルーマニアで、ある子どもにそう声をかけられたという。

2018年11月27日

「知りたいことは簡単にネットで調べられる」時代は終焉に向かっている。あなたの周りには誰かが作為的に送り込んだ情報だらけ……。世論操作への耐性が下がっている日本人の現状とは。

2018年11月22日

全米で話題を呼ぶ小説'The President Is Missing’。作者はまさかの元大統領、ビル・クリントン。第39代大統領のジミー・カーター以来の元大統領作品誕生の裏には一人のスーパー弁護士がいた!

2018年11月21日

パワハラ? 指導? 体育会出身の若者を潰したクラッシャー上司の実例

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

パワハラ? 指導? 体育会出身の若者を潰したクラッシャー上司の実例

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

明朗快活な若手社員すら潰してしまうクラッシャー上司。何が原因で潰されてしまうのか? 松崎一葉教授が実例をもとに分析する。

2018年11月08日

「家づくりの匠」の仕事の流儀は「一歩進んで二歩下がる」?(ルワンダ3)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(39)石澤義裕(デザイナー)

「家づくりの匠」の仕事の流儀は「一歩進んで二歩下がる」?(ルワンダ3)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(39)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はルワンダ。

2018年11月06日

移民の制限を訴えたら「極右」なのか。スペイン在住のジャーナリスト・宮下洋一氏が、移民・難民問題に揺れる欧州の現状をレポート。

2018年11月05日

國松孝次警察庁長官狙撃事件はオウム真理教による犯行ではなかった?真犯人を追い続けた元刑事が語る衝撃のノンフィクション。

2018年10月30日

「治家や官僚は、われわれの想像以上に世論を恐れている」と説く阿部彩氏。そこに「日本の貧困問題を解決する策があるのではないかと提言する。

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×