社会

2022年05月26日

倫理観は「人によって違う」ともいわれます。何が善くて、何が悪いかで迷ったときは、相手の立場になって、相手のためになるような行動や発言を考えてみましょう。

2022年05月23日

倫理学は、難しくてもなんとか自分で考えて、少しでもよくあろうとすることの手助けになるものです。皆さんも「本当によいこと」について、一緒に考えてみませんか?

2022年05月18日

「格差社会」「婚活」などの言葉を世に広めた社会学者が、日本社会における「出会い」の変化と、昨今急速に普及しているマッチングアプリの位置づけについて分析する。

2022年04月19日

文化人類学者の松村圭一郎氏に「もし日本が明日なくなったら」というテーマのもと、「国家」の存在意義についてお話を伺いました。

2022年03月13日

日本の薬学部を卒業したのちに単身でタンザニアに移住し、現地の社会課題を解決するために、1人で奮闘する女性事業家がいる。株式会社Darajapan代表取締役の角田弥央氏にお話を伺った。

2022年03月11日

富士山が噴火したら、東京都民はどの方角に逃げるべきなのか?

安宅和人(慶応義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

富士山が噴火したら、東京都民はどの方角に逃げるべきなのか?

安宅和人(慶応義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

日本は多数の自然災害の心配を抱えている。もしそれが起こったらどうすべきか?「デジタル・防災技術ワーキンググループ 未来構想チーム」座長の安宅和人氏が考える。

2022年03月10日

いつ起きても不思議ではない...中央防災会議が警鐘を鳴らす「もうひとつの大地震」

安宅和人(慶応義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

いつ起きても不思議ではない...中央防災会議が警鐘を鳴らす「もうひとつの大地震」

安宅和人(慶応義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

ますます激甚化する自然災害。我々は何に目を向け、自らの命を守るべきなのか。安宅和人氏が人類のサバイバルを語る。

2022年02月21日

殺処分されてしまう幼齢猫の命を救うため、生後約2ヶ月になるまで"期間限定"でお世話をする「ミルクボランティア」に勤しむ人々がいる。関西で活動するキムラカオリさんにお話をうかがった。

2022年02月18日

身も心もボロボロになった犬。出会った瞬間、その相棒になった猫は、すべてを受け入れて献身的に寄り添い、生気のない目を甦らせました。そして、犬は相棒に教わった優しさで我が家に来る者たちを包み込むのでした。

2022年01月24日

世界の大きな潮流のひとつである「グリーン化」について、日本人が勘違いしがちなポイントを東京都立大学教授の宮本弘曉氏が解説する。

2022年01月22日

1192年とされてきた開幕年に異論が唱えられているように、実体に不明な点が少なくない鎌倉幕府。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代考証を担う坂井孝一氏が、鎌倉時代について解説。

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×