ホーム » 社会

社会

2019年10月10日

世代間格差に苦しむ氷河期世代。日本の出生数が激減している要因としても指摘され、政府もその支援に乗り出した。同世代の作家が描いたロスジェネ世代のりあるとは?

2019年10月09日

「安請け合いしてほったらかす」究極のFtoF商法(ケニア2)

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(47)石澤義裕(デザイナー)

「安請け合いしてほったらかす」究極のFtoF商法(ケニア2)

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(47)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はケニア。

2019年10月09日

ブラック企業でも耐えた「氷河期世代」の悲痛な叫び

平岡陽明(ひらおかようめい:作家)

ブラック企業でも耐えた「氷河期世代」の悲痛な叫び

平岡陽明(ひらおかようめい:作家)

作家・平岡陽明氏の新作『ロス男』は、自身も属する氷河期世代=ロスジェネ世代を主人公とした小説。政府を上げて氷河期世代の支援も始まった情勢に対し、当事者は何を思うのか?

2019年09月26日

子供を海外留学させるためには、いくら用意すればいいのか?

早本吉宏(留学ジャーナル東京本店支店長)

子供を海外留学させるためには、いくら用意すればいいのか?

早本吉宏(留学ジャーナル東京本店支店長)

いったい、留学には、いくらかかるのだろうか? 1971年以来、留学のサポートを続けてきた実績を持つ留学ジャーナルの東京本店支店長・早本吉宏氏に教えてもらった。

2019年09月20日

日本に求めら得れているのは諜報能力だと予備校の世界史講師である茂木誠氏は指摘する。そして、かつての日本には海外から賞賛された「天才スパイ」がいたという。

2019年09月19日

この秋の10月22日、「即位礼正殿の儀」が行なわれ、皇位継承問題に関する有識者会議も開かれるなど、日本人があらためて皇室について考えるべき時期となっている。皇室の稀有なる歴史を、われわれはいかにして学び、再認識すべきなのか。

2019年09月19日

35人が犠牲になった京都アニメーション放火事件。京都在住の映画研究者である伊藤弘了氏は、京アニの代表作品『涼宮ハルヒの憂鬱』2期の「エンドレスエイト」というエピソードから、同社のアニメ制作へのこだわりを紹介する。

2019年09月18日

精神障害者を職場に迎え入れ、戦力として活躍してもらうためには、どうすればいいのか。全国で「就労継続支援A型事業所(以下、A型事業所)」の運営をはじめ、障害者の就労支援を行なうセルフ・エー〔株〕の代表取締役・大島公一氏に話を聞いた。

2019年09月17日

ルワンダ人に大金を貸したら、奇跡が起きた話(ケニア/ルワンダ)

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(46)石澤義裕(デザイナー)

ルワンダ人に大金を貸したら、奇跡が起きた話(ケニア/ルワンダ)

著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(46)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はケニアとルワンダ。

2019年09月16日

35人が犠牲になった京都アニメーション放火事件。国内外で支援の動きが広がるなか、京都在住の映画研究者である伊藤弘了氏は、京アニ支援の動きが全国的に広まった背景には、作品と馴染みの深い「聖地巡礼」の文化がある、と指摘する。

2019年09月12日

本屋、お土産屋、お菓子屋であり、「部屋」である…京都から始まった不思議なお店「ホホホ座」は今や10店舗に。しかしそれはフランチャイズではなく、「店名を共有する」という異例の仕組みだった。

2019年09月12日

35人が犠牲になった京都アニメーション放火事件。国内外で支援の動きが広がるなか、京都在住の映画研究者である伊藤弘了氏は、京アニ支援に乗り出した有名YouTuberの「影響力」を指摘する。

2019年08月23日

平日朝の情報番組『とくダネ!』の「あまたつー! 」でおなじみ。画面からも伝わってくるその人柄から、お茶の間の人気者となっている天達武史氏。実は気象予報士の試験に6回不合格となり、7回目でやっと合格を果たしている。その裏には、これまで頑張ることができていなかった人生を資格取得で変えるという強い気持ちがあった。資格取得までの道のりと、その後の仕事について詳しくうかがった。

2019年08月23日

バブル崩壊の“後始末”を担ったトッカイの男たち

清武英利(ノンフィクション作家)

バブル崩壊の“後始末”を担ったトッカイの男たち

清武英利(ノンフィクション作家)

バブル崩壊後、金融機関の破綻が相次いだ裏では、破綻処理や債権回収に挑んだ名もなき男たちがいた。清武英利氏が新聞記者、ノンフィクション作家としてのキャリアをかけて、「抵抗する人」の苦悩や生き様をくみ取った。

2019年08月23日

ロシアは元々、巨大な帝国であった。歴史的に、民主主義を根付かせることができず、皇帝による専制支配が続いた。そしてロシアは今なお、そのDNAを受け継いでいる。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×