ホーム » 経営・リーダー

経営・リーダー

2020年05月25日

断ると怒る…しつこく部下を飲みに誘う“昭和型マネージャー”の思考回路

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

断ると怒る…しつこく部下を飲みに誘う“昭和型マネージャー”の思考回路

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

令和の時代になっても「夜遅くまで付き合うのが部下の基本中の基本」だと信じるマネージャーは存在する。そして頑なに考えを変えず部下たちに逃げられていく…。

2020年05月21日

健康計測機器メーカー・タニタは2017年から「社員を個人事業主にする」という取り組みが注目を集めている。社長の谷田千里氏にその意図をたずねた。

2020年05月14日

「上司に叱られて育った人」が、同じように若手を叱って起こる悲劇

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

「上司に叱られて育った人」が、同じように若手を叱って起こる悲劇

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

自分自身のこれまで比べると、若手や部下に対して物足りなさを感じ苛立ちが募る。しかしそこで叱ってしまうと、部下たちは動かなくなってしまう。ではどうすべきか?

2020年05月13日

部下の話を聞くだけで終わり?…「コーチング」の一大ブームが招いた4つの誤解

田近秀敏(〔株〕リーダーシップチーム・コンサルティング代表取締役)

部下の話を聞くだけで終わり?…「コーチング」の一大ブームが招いた4つの誤解

田近秀敏(〔株〕リーダーシップチーム・コンサルティング代表取締役)

部下指導法として有名なのが「コーチング」だが、「試してみたけど、うまくいかない」との声は少なくない。原因は、コーチングに対する誤解にあると田近秀敏氏は指摘する。

2020年05月13日

「コロナ後に激変」ヘッドハンティング会社会長が明かす、生き残るリーダーの”6つの条件”

妹尾輝男(コーン・フェリー・ジャパン会長),鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

「コロナ後に激変」ヘッドハンティング会社会長が明かす、生き残るリーダーの”6つの条件”

妹尾輝男(コーン・フェリー・ジャパン会長),鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

世界最大のヘッドハンティング会社「コーン・フェリー」の日本法人会長である妹尾輝男氏。ビジネスに大ダメージを負ったコロナ後には求められる幹部像は激変するという。

2020年05月12日

組織を滅ぼす「有給休暇の理由を聞く上司」

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

組織を滅ぼす「有給休暇の理由を聞く上司」

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

「部下が使えない」と感じるとすれば、それは上司自身が今の時代のマネジメントを実現できていない可能性を考えるべき。聞いてはいけないことを聞いていないだろうか?

2020年05月11日

「俺の若い頃は…」と言ってしまう上司の口を、今すぐ塞ぐべき理由

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

「俺の若い頃は…」と言ってしまう上司の口を、今すぐ塞ぐべき理由

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

働き方は変わり、若手の意識も様変わりした。自分の過去の経験からのマネジメントでは彼らは動かない。マネージャーが今、意識するべきポイントを成田直人氏が示す。

2020年05月11日

「どうせ、うちの会社は変わらない」と嘆く社員を量産させる”⽇本企業の性悪説”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

「どうせ、うちの会社は変わらない」と嘆く社員を量産させる”⽇本企業の性悪説”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

そもそも、現場のマネージャーがするべき仕事とは、どんなものなのか? 数多くの職場に対するコンサルティングを行なってきた沢渡あまね氏は、今、マネージャーに求められていることは、これまでとは違っていると話す。

2020年05月07日

ベルフェイス「オンライン商談システムを『電話の進化版』として洗練させる」

【経営トップに聞く 第31回】中島一明(ベルフェイス代表取締役)

ベルフェイス「オンライン商談システムを『電話の進化版』として洗練させる」

【経営トップに聞く 第31回】中島一明(ベルフェイス代表取締役)

ビジネスの最前線で活躍する経営者へのインタビュー連載。事業の成長のための戦略、思い描く将来像、経営者になるまでの経緯などについてお聞きします。

2020年04月30日

「自分がピラミッドの頂点」と考える上司の勘違いが生む“部下との溝”

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

「自分がピラミッドの頂点」と考える上司の勘違いが生む“部下との溝”

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

離職率が下がらない…と悩むマネージャーは根本的に考え方を変えなければいけない時代になったと成田直人氏はいう。何を、どう変えるべきなのか?

2020年04月29日

新型コロナが日本に示した「既得権益者のための市場」 の限界

守屋実(新規事業立ち上げプロフェッショナル)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

新型コロナが日本に示した「既得権益者のための市場」 の限界

守屋実(新規事業立ち上げプロフェッショナル)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、日本経済にとって大きな痛手となっている。既存のビジネスは強制的に変革を迫られた。新規参入者にチャンスはあるのか?

2020年04月28日

新型コロナが破壊した「既得権益が守り続けてきたもの」

守屋実(新規事業立ち上げプロフェッショナル)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

新型コロナが破壊した「既得権益が守り続けてきたもの」

守屋実(新規事業立ち上げプロフェッショナル)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

新型コロナウイルスの感染拡大は、多くのビジネスに深刻な打撃を与えつつある。既得権益を抱えた業界も転換を迫られている。そこに新規参入のチャンスはあるのか…?

2020年04月22日

「部下が使えない」とボヤく上司が気づかない、若手に見放される原因

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

「部下が使えない」とボヤく上司が気づかない、若手に見放される原因

成田直人(ジャパンブルーコンサルティング株式会社代表取締役)

若手人材の質が下がっている、叱ると泣く、会社に来なくなる…。自分の過去体験が通用しない若手たち。

2020年04月18日

日本酒のカリスマは、いかにしてニューヨーカーに「SAKE」を広めたのか

八木・ボン・秀峰(名誉利酒師、米国TICレストラングループ社長)

日本酒のカリスマは、いかにしてニューヨーカーに「SAKE」を広めたのか

八木・ボン・秀峰(名誉利酒師、米国TICレストラングループ社長)

今日のニューヨークにおける「日本食ブーム」の仕掛け人で、「ボン」の愛称で親しまれている八木・ボン・秀峰さん。いかにしてニューヨーカーの心をつかんだのか?

2020年04月14日

無人島から城まで…あらゆるスペースをシェアを目指すプラットフォーム「スペースマーケット」。その運営会社の代表を務める重松大輔氏が、創業のきっかけから今後の展望までを語る。

2020年04月13日

「テレワークはサボるから絶対ダメ」と決めつける人の“残念な思考”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

「テレワークはサボるから絶対ダメ」と決めつける人の“残念な思考”

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

政府がどれだけ旗振りしても、なかなか浸透しないテレワーク。大きなる抵抗勢力にあるのは、会社、上司の固定観念である「サボる」といもの…。

2020年04月13日

「意見」を持たない上司がチームのコミュニケーションをダメにする

梅田悟司(うめだ・さとし:コピーライター)

「意見」を持たない上司がチームのコミュニケーションをダメにする

梅田悟司(うめだ・さとし:コピーライター)

「バイトするなら、タウンワーク。」など、数々の有名コピーを生み出してきた梅田悟司氏にチーム運営に求められるコミュニケーションのあり方を聞く。

2020年04月11日

「全社員テレワーク」を成功させたCEOが教える”3つのルール”

倉貫義人(ソニックガーデン代表取締役社長CEO)

「全社員テレワーク」を成功させたCEOが教える”3つのルール”

倉貫義人(ソニックガーデン代表取締役社長CEO)

試行錯誤を経て「社員全員リモートワーク化」を実現し、長年実施してきた経営者の倉貫義人氏。その経験からリモートワークを成功させrための3つのポイントを解説。

2020年04月10日

新著『交渉力』(PHP新書)を刊行した橋下徹氏。大阪府知事・市長の経験に基づく彼の交渉術は、交渉下手といわれる日本人の多くが参考になるものだろう。ビジネスの局面や昨今の米・イラン情勢を例示しつつ、「橋下流交渉術」の極意について語る。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー