ホーム » 経営・リーダー

経営・リーダー

2018年09月21日

グローバル企業にあって、日本企業から消えた「社員間の共感」

野中郁次郎(一橋大学名誉教授)/田村潤(元キリンビール株式会社代表取締役副社長)

グローバル企業にあって、日本企業から消えた「社員間の共感」

野中郁次郎(一橋大学名誉教授)/田村潤(元キリンビール株式会社代表取締役副社長)

日本企業の手法をアメリカ企業が取り入れたことで、グローバル企業は成長した。一方の日本企業からはそれが消えつつある、と日本を代表する経営学者である野中郁次郎氏は指摘する。

2018年09月20日

生カップお好み焼き「おはなはん」。2017年にはその生産量はなんと550万食。なぜここまで消費者に支えられるヒット商品となったのか。社長みずからが語る。

2018年09月10日

従業員満足度が低い、後継者育成が進まない…人事が変われば経営は良くなる

南和気(SAPジャパン株式会社 人事・人財ソリューションアドバイザリー本部 本部長)

従業員満足度が低い、後継者育成が進まない…人事が変われば経営は良くなる

南和気(SAPジャパン株式会社 人事・人財ソリューションアドバイザリー本部 本部長)

人事が変われば経営が改善すると語るのは、人事のプロである南和気氏。グローバル化、デジタル化が進む現在の企業環境では、より人事の持つ意義が大きくなっている。

2018年09月07日

エボラブルアジア「民泊の需給ギャップは大きなビジネスになる」

【経営トップに聞く】吉村英毅(エボラブルアジア社長)

エボラブルアジア「民泊の需給ギャップは大きなビジネスになる」

【経営トップに聞く】吉村英毅(エボラブルアジア社長)

ビジネスの最前線で活躍する経営者へのインタビュー連載。事業の成長のための戦略、思い描く将来像、経営者になるまでの経緯などについてお聞きします。

2018年09月05日

「負け続けの苦戦地域」だった高知支店の現場で「理念の実践」に徹底して取り組んだキリンビール元副社長・田村潤氏。トップシェア奪回、キリンビール復活の立役者が語る「方程式」とは?

2018年09月04日

ますます採用が難しくなっていく中、四半世紀にわたって大学生向け商品のプロモーションや大学生のマーケティングリサーチをしてきた渡部陽氏は、「今の若者とは、腫れ物に触るように接するべきだ」と主張する。

2018年09月03日

祖父・松下幸之助の「志」を引き継ぐ松下正幸が、各界VIPが抱く強い志の核心に迫るシリーズ。今回は、マネジメント誌「衆知」2018年5-6月号掲載、指揮者の佐渡裕氏との巻頭対談より、その一部をご紹介します。

2018年08月29日

治に居て乱を忘れず~受け継がれた松下幸之助流の不況対策

文:川上恒雄 (PHP研究所 松下理念研究部長)

治に居て乱を忘れず~受け継がれた松下幸之助流の不況対策

文:川上恒雄 (PHP研究所 松下理念研究部長)

第一次オイルショック後の不況で経営危機に直面した松下電器(現パナソニック)は、幸之助流の手法で難局を切り抜けた。その背景にあった考え方とは。

2018年08月28日

「自分は大丈夫」だとのたまう上司に限って、そのマネジメントは残念なもの。若手の生の声を聞き、そこからどう改善していくか。『職場の問題地図』の沢渡あまねが語る。

2018年08月23日

職場に充満するモヤモヤ。無駄な忖度、先走り、手戻り、準備不足、まちがった努力、指示待ち、やらされ感、帰れない、休めない…。これを放置すると部下のモチベーションは下がり…

2018年08月10日

「社員の生き方」と「企業の永続性」を無視した日本企業 現場の革新を阻む「数値目標」

野中郁次郎(一橋大学名誉教授)/田村潤(元キリンビール株式会社代表取締役副社長)

「社員の生き方」と「企業の永続性」を無視した日本企業 現場の革新を阻む「数値目標」

野中郁次郎(一橋大学名誉教授)/田村潤(元キリンビール株式会社代表取締役副社長)

日本的経営は本当に時代遅れで、陳腐化したのか─経営学者・野中郁次郎とキリンビール高知支店のV 字回復を実現した田村潤がイノベーションの「本質」を語り合う。

2018年08月07日

パナソニックの創業当初から絆を深めてきた九州随一の販売会社・平岡電気の平岡常男会長。3世代にわたって松下幸之助と直に接し、垣間見てきた松下哲学について語る。

2018年08月07日

ウェルスナビ「富裕層並みの資産運用を、働く世代のすべての人に」

【経営トップに聞く】柴山和久(ウェルスナビCEO)

ウェルスナビ「富裕層並みの資産運用を、働く世代のすべての人に」

【経営トップに聞く】柴山和久(ウェルスナビCEO)

ビジネスの最前線で活躍する経営者へのインタビュー連載。事業の成長のための戦略、思い描く将来像、経営者になるまでの経緯などについてお聞きします。

2018年08月03日

明治6大教育家の一人である新島襄によって創立された伝統校、同志社大学。開校以来、キリスト教主義精神にもとづく人格形成を貫いている。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー

×