ホーム » 生き方

生き方

2020年05月29日

「あの人、裏でこんなことしてましたよ」と上役への密告を繰り返す人はどこの職場にでもいるもの。そんな人たちを生み出してしまう要因は、社内のシビアな事情にある。

2020年05月29日

「他人を貶めることしかできない人」に共通する“親との関係”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「他人を貶めることしかできない人」に共通する“親との関係”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

他人のキラキラした人生に違和感を感じるが、かと言って自分の人生に自信を持てない。熱く夢を語り、自分の人生が正しいと思いつつも、依然として隣の芝が青いのは親離れに失敗したからだと、加藤諦三氏は語る。

2020年05月25日

2017年に東京を離れ、鹿児島県鹿児島市に移住し、自宅でPCを使って年収2500万円の収入を得ている森田洋生氏。地方でのびのびとした暮らしを送る森田洋生氏に話を聞いた。

2020年05月22日

名誉や財産もあるのに…「親離れできない大人」が抱える”人生の苦痛”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

名誉や財産もあるのに…「親離れできない大人」が抱える”人生の苦痛”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

自分の人生が正しいと思いつつも、依然として隣の芝が青いのは親離れに失敗したからだと、加藤諦三氏は語る。

2020年05月08日

50代で「腐っていく人」「花開く人」の決定的な違い

出口治明(立命館アジア太平洋大学 APU学長)

50代で「腐っていく人」「花開く人」の決定的な違い

出口治明(立命館アジア太平洋大学 APU学長)

「4つの好条件を備えた50代こそチャンスの時期だ」。そう語るAPU学長の出口治明氏に、これから50代を迎える人が準備すべきこと、50代はどう生きるべきかを伺った。

2020年05月08日

親との関係が生み出した「嫌われたくない病」に苦しむ人々

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

親との関係が生み出した「嫌われたくない病」に苦しむ人々

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

いつも人から嫌われ、騙され、人間関係が上手くいかない原因は幼少期の親との関係にあると加藤諦三氏は指摘する。「嫌われたくない病」とはなにか?

2020年05月07日

「人見知りな人」と「外面がいい人」が共通して抱える”不安と恐怖”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「人見知りな人」と「外面がいい人」が共通して抱える”不安と恐怖”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

日本人に多いと言われる「人見知りな人」と「外面がいい人」。一見、大局的に見えるこれらの人が、共通して恐れているものがあると、加藤諦三さんは指摘する。

2020年05月06日

人前でスピーチするときや大人数での会議での発言は誰だって緊張する。しかし過度な緊張から体調を崩してしまう機会が多いのであれば、それは「あがり症」かもしれない。

2020年05月04日

「本番に弱い人」が共通して“心配しすぎていること”

佐藤健陽(佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表)

「本番に弱い人」が共通して“心配しすぎていること”

佐藤健陽(佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表)

緊張のあまり本番で実力が発揮できない人は、あがり症の可能性がある。カウンセラーの佐藤健陽さんが、緊張を生み出してしまう不安や心配の正体を解説する。

2020年05月03日

「人前で話すと焦ってしまう人」が恐怖しているものの正体

佐藤健陽(佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表)

「人前で話すと焦ってしまう人」が恐怖しているものの正体

佐藤健陽(佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表)

自身も20年にわたって「あがり症」に悩まされてきた佐藤健陽さんは、現在はカウンセラーして「克服する方法」を説く。そんな佐藤さんがあがり症の正体を解説する。

2020年05月02日

村田沙耶香先生の新刊『丸の内魔法少女ミラクリーナ』はに掲載された短編のひとつである「変容」は、世の中の変容についていけず困惑する人物が描き出される。「定年後」を迎えた人々が、変容する社会に適応する秘訣とは。

2020年05月01日

村田沙耶香先生の新刊『丸の内魔法少女ミラクリーナ』は36歳・OLの主人公リナが、魔法少女に変身しながら、理不尽な日々を乗り越えるというストーリー。現代において、女性はどのような「生きぬくさ」を抱えているのだろうか。村田先生に伺った。

2020年04月24日

「過去の過ちを何度も蒸し返す妻」に苦悩する夫のための“逆転の一手”

黒川伊保子(感性リサーチ代表取締役社長/感性アナリスト)

「過去の過ちを何度も蒸し返す妻」に苦悩する夫のための“逆転の一手”

黒川伊保子(感性リサーチ代表取締役社長/感性アナリスト)

男が何か自分にとって気に入らないことをすると、女性の多くは「そういえば、あのときもあなたは……」と過去の記憶を蒸し返す。「またあの話がはじまるのか」とうんざりしている方も少なくないだろう。しかし、女性の「蒸し返し」は、実は「生き延びるための鍵」として発達したものだったのだ。

2020年04月24日

新型コロナで急増した「他人の批判ばかりしている人」に忍び寄る“別の病気”

石川千鶴(ハートフルライフカウンセラー学院学院長)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

新型コロナで急増した「他人の批判ばかりしている人」に忍び寄る“別の病気”

石川千鶴(ハートフルライフカウンセラー学院学院長)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

社会情勢が不安定になると、ネットでは他人の批判に終始する攻撃的な言動が目立つようになる。しかし、石川千鶴さんはそんな人に対して心配する点があるという。

2020年04月23日

「他人に謝れない親」が、子どもの性格に与えてしまう影響

石川千鶴(ハートフルライフカウンセラー学院学院長)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

「他人に謝れない親」が、子どもの性格に与えてしまう影響

石川千鶴(ハートフルライフカウンセラー学院学院長)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

性格は生まれつきではない、後天的な環境によって形成されるものだと心理カウンセラーの石川千鶴さんは語る。そして子どもの性格形成には、やはり親の影響が大きいとも。

2020年04月20日

「不幸なのに離婚できない妻」を縛りつける”不安の感情”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「不幸なのに離婚できない妻」を縛りつける”不安の感情”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

現状は不幸なのに、そこから脱出できないのは「不安の感情」にあると加藤諦三氏は語る。なぜ逃げられなくなってしまうのか? 心理学的な見地から語る。

2020年04月18日

現在メルペイに勤務するMew氏は学生時代、とにかく英語ができない「英語コンプレックス」を抱いていた。将来を決める大事な大事な大学受験では、英語ができないばっかりに第一志望の大学に落ち、入学したのは全ての授業が英語で行われる「アメリカの大学」。当然ながら、そこでは地獄のような日々が待っていた……。

2020年04月17日

「無理して明るく振る舞うこと」が心にとって危険な理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「無理して明るく振る舞うこと」が心にとって危険な理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

先行きの見えない状態が人々に消えぬ不安を与えている。そんなときこそ明るく振る舞おうとするものだが、加藤諦三さんは「やめるべき」だと語る。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方