ホーム » 生き方

生き方

2019年06月07日

日本人が「休み下手」なのは、そもそも仕事や人生に対する考え方が、海外の一流のビジネスパーソンたちと違うからだと、長年、外資系企業でエグゼクティブたちの秘書を務めてきた能町光香氏は話す。

2019年06月03日

真田幸光氏は戦国武将・真田信之の子孫であり、かつ国際金融論の専門家として活躍している。そんな真田氏が大切にしている「先祖の教え」があるという。

2019年05月27日

戦国武将・真田信之の末裔が幼少期に受けた「真田家の教育」

真田幸光(真田信之末裔、愛知淑徳大学教授)

戦国武将・真田信之の末裔が幼少期に受けた「真田家の教育」

真田幸光(真田信之末裔、愛知淑徳大学教授)

戦国部長・真田信之から数えて14代目にあたる真田幸光氏。国際金融論の専門家として活躍する同氏は、幼少期に受けた「真田家の教育」が世界を股にかける自身の礎を築いたという。

2019年05月25日

現代に生きる真田信之の末裔 厳しかった「上杉家出身」の祖母の“思い出”

真田幸光(真田信之末裔),上杉邦憲(上杉家17代当主)

現代に生きる真田信之の末裔 厳しかった「上杉家出身」の祖母の“思い出”

真田幸光(真田信之末裔),上杉邦憲(上杉家17代当主)

真田信之の末裔である真田幸光氏。実は祖母が上杉家の出身で、真田氏はその祖母から厳しいしつけを受けて育ったという。真田氏が語る上杉家との思い出。

2019年05月24日

母親との関係、つらい通勤などのプレッシャーに悩まされた結果アルコール依存に陥った女性。子どもの小遣いに手をつけてまで酒を飲む状態に。「依存」とどう向き合うべきなのか?

2019年04月26日

「臓器摘出は道徳的に正当化できるか?」イェール大学哲学教授からの問い

シェリー・ケーガン(イェール大学哲学教授) 柴田裕之 (翻訳)

「臓器摘出は道徳的に正当化できるか?」イェール大学哲学教授からの問い

シェリー・ケーガン(イェール大学哲学教授) 柴田裕之 (翻訳)

イェール大学の哲学教授であるシェリー・ケーガン氏の人気講義の一端を紹介。臓器移植は道徳的に許されるのか? 殺人との境界線は? 殺されない権利は誰が持っているのか?

2019年04月25日

2019年4月17日、『子連れ狼』の原作者として知られる小池一夫さんが亡くなった。90万人のフォロワーを集める小池さんのTwitterアカウントから、その思いの詰まった言葉を紹介する。

2019年04月25日

“身体は死んでも”人は生きている? イェール大学教授が語る「死の謎」

シェリー・ケーガン(イェール大学哲学教授)、柴田裕之 (訳)

“身体は死んでも”人は生きている? イェール大学教授が語る「死の謎」

シェリー・ケーガン(イェール大学哲学教授)、柴田裕之 (訳)

アメリカの名門大学群のアイビーリーグのひとつイェール大学で、17年連続で「最高の講義」に選出されたシェリー・ケーガン教授の講義。そのテーマは「死」。人はいつ死ぬのか…?

2019年04月20日

どんなに苦しい状況にあっても日本の会社員が会社から逃げ出すことができないのはなぜか? ベストセラー作家の橘玲氏が語る「本当の自由」とは?

2019年04月19日

世界三大投資家の一人に数えられるジム・ロジャーズ。世界経済の先行きを見通しながら、日本という国がもう一度世界と戦える国になるために必要な要素を語る。

2019年04月16日

大腸がんの治療を拒否した夫の自然死を看取り、その経験から僧侶となった看護師である玉置妙憂さん。終末期のあり方を模索するなかで、台湾の看取りの現場で衝撃的な光景を目にする。

2019年04月12日

「ひとりで悩む人」に看護師僧侶が教える“たったひとつの脱出法”

玉置妙憂(看護師僧侶:たまおきみょうゆう)

「ひとりで悩む人」に看護師僧侶が教える“たったひとつの脱出法”

玉置妙憂(看護師僧侶:たまおきみょうゆう)

つらいとき、焦るとき、不安なとき。どうか一人で悩まないでください。誰かに心のうちを話すことは、「放す」こと。一人きりで苦しまなくていいのです。

2019年04月10日

がんでこの世を去った夫を看取った玉置妙憂さん。夫の死後に不思議な出来事が起こったという。近しい人の死を乗り越えるための「死後」の考え方とは?

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×