ホーム » 生き方

生き方

2019年08月15日

「自分史」はビジネスパーソンにこそ役に立つ

菖蒲亨(あやめ自分史センター館長)

「自分史」はビジネスパーソンにこそ役に立つ

菖蒲亨(あやめ自分史センター館長)

自分史を書くのは高齢者だというイメージを持っている人が多いかもしれないが、働き盛りのビジネスパーソンを含め、興味を持つ年齢層は広くなっているという。いったい、なぜなのか?

2019年08月08日

怒り、悲しみ、不安…望んでいないのに生まれてしまうやっかいな感情。それをムリに抑え込まずに、上手に整理して手放せればむしろプラスにも。臨床心理士の関屋裕希さんがその方法を教えます。

2019年07月25日

相手と“うまくいかない”のは、あなたの「質問」のせい

ピョートル・フェリクス・グジバチ (著)

相手と“うまくいかない”のは、あなたの「質問」のせい

ピョートル・フェリクス・グジバチ (著)

アドバイスを求めても、想定外の回答が返ってくる。そして会話のわずかなほころびを端緒に険悪に…。自分自身を高めるための「質問」のメソッドをピョートル氏が語る。

2019年07月23日

「ネガティブ思考」がクセになると“一言”で失敗する

石川康晴(ストライプインターナショナル社長)

「ネガティブ思考」がクセになると“一言”で失敗する

石川康晴(ストライプインターナショナル社長)

earth music&ecologyをはじめ30以上のブランドを展開するストライプインターナショナルの代表・石川康晴氏。繰り返し社員に「ポジティブ思考」を勧める真意とは?

2019年07月19日

経営コンサルタントといえばハードワーカーというイメージがあるが、マッキンゼーなどで活躍した世界的コンサルタント・大前研一氏は30代の頃から計画的に長期休暇を取り、数多くある趣味を楽しんでいる。ビジネスパーソンが休みを取る意義とは?

2019年07月03日

ベルリッツ、モルガン・スタンレー、Googleで、人材育成、組織開発などの分野で活躍した、ピョートル・フェリクス・グジバチ氏が示す「年齢に関係なく活躍する人」の働き方。

2019年07月01日

4年連続で「世界一清潔な空港」に選ばれた羽田空港。その清掃のクオリティを支える新津春子さんが最も大切にしていることがあるという。

2019年06月24日

「一見いい人なのに」秘密を吹聴して仕事を奪う“スパイ系女子”

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

「一見いい人なのに」秘密を吹聴して仕事を奪う“スパイ系女子”

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

飲みに誘ってもらったときに、つい心を許して秘密の話をしてしまった。その情報を利用して仕事を奪ってしまう。人心掌握術に長けたこの「一見いい人」にどう対処すべきか?

2019年06月22日

なぜ「第一印象が良い人」ほど警戒すべきなのか?

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

なぜ「第一印象が良い人」ほど警戒すべきなのか?

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

陸上自衛隊衛生学校で多くの隊員のメンタルヘルス指導を行ってきた下園壮太氏。そんな経験から下園氏は「第一印象のいい人」が他人の心を蝕むという。なぜなのか?

2019年06月07日

日本人が「休み下手」なのは、そもそも仕事や人生に対する考え方が、海外の一流のビジネスパーソンたちと違うからだと、長年、外資系企業でエグゼクティブたちの秘書を務めてきた能町光香氏は話す。

2019年06月03日

真田幸光氏は戦国武将・真田信之の子孫であり、かつ国際金融論の専門家として活躍している。そんな真田氏が大切にしている「先祖の教え」があるという。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×