ホーム » 生き方

生き方

2020年11月30日

「他人の話に耳を貸さない人」が苦しみ続ける“消えない不安”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「他人の話に耳を貸さない人」が苦しみ続ける“消えない不安”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「嫌いな人がいることは大切」だと何度か聞いたことがあるだろう。それは自分とは何者かを教えてくれるからだと加藤諦三氏は語る。

2020年11月28日

生きるための基本「同意」を、子どもに授けたい!子どもと学びたい!日本ではまだそんなに知られていない「バウンタリー」。実は、「同意」のスキルを身に着けるための大切なキーワードだと筆者は語ります。

2020年11月27日

人生がつまらないのはなぜ? 大人になり切れない「5歳児の大人」ための処方箋

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

人生がつまらないのはなぜ? 大人になり切れない「5歳児の大人」ための処方箋

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

見た目は大人だが、中身は子供。いつまでも成熟せず、見た目だけが年相応な大人が増えている。彼らにも“社会”は責任を求めるが、当然対応できるわけはない。

2020年11月26日

生きるための基本「同意」を、子どもに授けたい!子どもと学びたい!「同意」を知っていれば、大人になっても人間関係の面で役立つと筆者は語ります。その大切なポイントは何でしょうか。

2020年11月25日

「私一人だけが頑張っている」という被害妄想や、周囲にも同じ努力やガマンを求めイライラのスパイラルに陥る日本人は多いと心屋氏は指摘する。このスパイラルから抜け出す「ずるい生き方」について聞いた。

2020年11月25日

70歳を超えてもなお精力的な活動を続ける俳優の西岡徳馬氏。俳優としての不動の評価がありながら『ガキの使いSP』し世間を騒然とさせた。そして次にチャレンジするのは?

2020年11月24日

子どもの失敗につい口をはさみたくなる親は多い。開成高校・元校長柳沢幸雄氏は親が本当にするべきことは失敗を受け入れ、自分の過去の失敗を子どもに話すことだという。

2020年11月24日

人気の心理カウンセラー・心屋仁之助氏は、コロナ時代だからこそ誰もが“ずるい生き方”をするべきだと説く。なかなかそうできない、という人が抱える「罪悪感」とその正体について聞いた。

2020年11月21日

開成高校・元校長の柳沢幸雄氏は「ゲーム好きな子どもは将来有望」「ゲームはうんとやれ」と子どもたちに伝えている。親に毛嫌いされがちな子どものゲームから見えてくるものとは。

2020年11月20日

開成中学・高校の校長を務めた柳沢幸雄氏は退任間際が生徒たちに向けて語った言葉の真意…これから大人になっていく子どもたちに求められる「本当の力」とは何か。

2020年11月19日

子どもに必ず教えたい、「人間関係の基本のスキル」って何でしょう?それは「同意」だと筆者は語ります。キーワードは「からだの自己決定権」。人間関係に自信が持てる、そんな考え方を紹介します。

2020年11月17日

「無理をするな」が親父の遺言だった

養老孟司(解剖学者),伊集院光(タレント)

「無理をするな」が親父の遺言だった

養老孟司(解剖学者),伊集院光(タレント)

かつてはスパルタ教育こそ、社会を生き抜くために必要な教育だと捉えられてきた。しかし価値観は変化している。解剖学者の養老孟司氏とタレントの伊集院光氏は、その価値観のギャップについて対談した。

2020年11月16日

体がデカいことのメリットは小学3年生まで

養老孟司(解剖学者),伊集院光(タレント)

体がデカいことのメリットは小学3年生まで

養老孟司(解剖学者),伊集院光(タレント)

“世間とのズレ”を感じ、それを軌道修正したという経験は、誰しも一度はあるのではないか。解剖学者の養老孟司とタレントの伊集院光が、「世間」に対する自らの思いを語り合った。

2020年11月12日

こんな人の下では働けない! 部下を潰す「ヤバイ上司」の4つの特徴

見波利幸(日本メンタルヘルス講師認定協会代表理事)

こんな人の下では働けない! 部下を潰す「ヤバイ上司」の4つの特徴

見波利幸(日本メンタルヘルス講師認定協会代表理事)

そのメンタル不調は実は上司が原因かも。メンタルヘルスの専門家・見波利幸氏が、部下を潰す「要注意上司」のタイプを解説する。

2020年11月11日

会社は社員全員の、そしてその生涯を保証してくれるわけではない。そして仕事ができることと出世することは重なりあわないこともしばしば。ではどう生きるべきか?

2020年11月09日

「面倒だがやらなければならない」ことを処理するためには、「やる気」が重要。しかし向後千春氏は「やる気は使うと減っていく」と語る。やる気を温存しながら対処する方法とは?

2020年11月06日

社会、会社の同僚、上司、パートナー、家族といった人間関係。今こそ、あなたから自由を奪うすべてにNOを言い、自分の人生を取り戻すときである。

2020年10月24日

“山中”が“中山”に明かした「臨床医として挫折した過去のこと」

山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長)&中山雅史(サッカー選手)

“山中”が“中山”に明かした「臨床医として挫折した過去のこと」

山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長)&中山雅史(サッカー選手)

どんな状況でもその度に「リスタート」をして、次につなぐことの大切さを、山中伸弥×ゴン中山の対談で互いに熱く語った。

2020年10月22日

今では海外に挑戦し、華々しい活躍をしている選手も多い。しかし世界との差はまだまだ縮まってはいないようにも思える。世界で勝つためには日本サッカーに何が足りないのか。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×