ホーム » 生き方

生き方

2019年12月06日

大金持ちになりたいならば相応のリスクを覚悟する必要がある。莫大な資産が不要だということであれば、考え方は変わる。成毛眞氏が考える「必要なだけのお金を生み出す方法」とは?

2019年12月04日

組織に依存するのではなく、自分自身で自分のキャリアをコントロールできるようになれば、きっと働くことは今よりもずっと楽しくなるはず。しかし、そのためには、会社を「まだ」辞めてはいけないと言う。辞める前にやるべきこととは?

2019年11月29日

エリート社員の道を捨てバスケに賭けた夫…妻の言葉「応援する」の真意

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

エリート社員の道を捨てバスケに賭けた夫…妻の言葉「応援する」の真意

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

エリートエンジニアとしてキャリアを積んでいた車椅子バスケットボール選手・藤澤潔は、競技に専念するためにその道を捨てた。その時、家族は…?

2019年11月26日

“優秀な学生”が会社で5年働くと「凡人に変わり果てる」理由

田中祐一(会社員のための地味な起業プロデューサー)

“優秀な学生”が会社で5年働くと「凡人に変わり果てる」理由

田中祐一(会社員のための地味な起業プロデューサー)

会社が個人の人生を守ってくれない、その気もない。派手な起業も難しい、転職も簡単ではない現在。会社の収入にだけ頼る危険性を「地味な企業」を提唱する田中祐一氏が指摘する。

2019年11月25日

「成功したプロ野球選手」たちは、親から何を教わってきたのか?

仁村薫(元プロ野球選手),真田幸光(愛知淑徳大学教授)

「成功したプロ野球選手」たちは、親から何を教わってきたのか?

仁村薫(元プロ野球選手),真田幸光(愛知淑徳大学教授)

元プロ野球選手、指導者として活躍した仁村薫氏。指導者として若手選手と接すると、その後に成功する選手にはある共通点があったという。

2019年11月25日

「ずるい人」に利用されても“負けない対処法”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「ずるい人」に利用されても“負けない対処法”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

逆境に強い人が共通して持つという能力「レジリエンス」。この力を備えた人は、不誠実な人と関わったときにどう対処するのか? 加藤諦三氏が解説する。

2019年11月22日

「母親は産んでくれただけの人」と割り切った娘の本心

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「母親は産んでくれただけの人」と割り切った娘の本心

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

母親によって父親から遠ざけられた娘は、大人になり自らが家族を持っても「いつか会えるという希望」を持ち続けていた。つらい環境でなぜ前向きな心を持ち続けられたのか?

2019年11月21日

元中日ドラゴンズ”仁村兄”が直面した「不条理」…今、笑顔で語る理由

仁村薫(元プロ野球選手),真田幸光(愛知淑徳大学教授)

元中日ドラゴンズ”仁村兄”が直面した「不条理」…今、笑顔で語る理由

仁村薫(元プロ野球選手),真田幸光(愛知淑徳大学教授)

読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手の仁村薫氏。現在は農業に取り組んでいる。そんな仁村氏が語る野球と農業の共通点をとは?

2019年11月14日

浮気夫が突きつけた離婚…“前向きな”妻が取り違えた「現実」と「願望」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

浮気夫が突きつけた離婚…“前向きな”妻が取り違えた「現実」と「願望」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

つらい状況を乗り越えるためには、前提として現実を受け入れることが求められる。しかし、現実と思っていることが「願望」に過ぎなかった場合、心は癒やされないと加藤諦三氏は語る。

2019年11月09日

両目の見えない女性に“即プロポーズ”…8年待ち続けた男性の「本心」

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

両目の見えない女性に“即プロポーズ”…8年待ち続けた男性の「本心」

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

2020東京パラリンピックのマラソン競技でメダル獲得が期待されるランナー・道下美里。その道下美里が「変わった人」と呼ぶ夫との不思議な出会いを回顧する。

2019年11月08日

「右腕の切断」を宣告された少年に起きた“奇跡”

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

「右腕の切断」を宣告された少年に起きた“奇跡”

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

パラアスリート・芦田創。難病「デスモイド腫瘍」をものともしない活発な少年だったが、腫瘍の成長は止められず「右腕の切断」を医師から宣告される。しかしその時、思いがけないことが起こる。

2019年11月01日

「いつも悪いことが起きる人」に共通する“親との関係”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「いつも悪いことが起きる人」に共通する“親との関係”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

逆境に飲み込まれてしまう人は「親との出会い」に挫折していることが多いと加藤諦三氏は語る。つらい環境を乗り越えられる人とそうでない人の違いとは?

2019年10月29日

絶対にNGなのに…「よその子ども」と比べてしまう親の心理

平岩国泰(放課後NPOアフタースクール代表)

絶対にNGなのに…「よその子ども」と比べてしまう親の心理

平岩国泰(放課後NPOアフタースクール代表)

自分の子どもを他所の子と比べてはいけない…多くの親が分かっているのに、やってしまうこと。5万人の子どもと接してきた平岩国泰氏は比べる対象を変えるべき、と語る。

2019年10月28日

子どもの“夢”を壊さない「上手な目標設定」のコツ

平岩国泰(放課後NPOアフタースクール代表)

子どもの“夢”を壊さない「上手な目標設定」のコツ

平岩国泰(放課後NPOアフタースクール代表)

難関大学に合格しても、一流企業に就職しても幸せになるとは限らない…親が自身の体験で気づきはじめている。「子どもの自己肯定感」を高め、自発的に幸せを掴み取る子に育つためにはどうするべきか?

DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方