ホーム » 生き方

生き方

2020年03月27日

薄給、長時間労働…飲食業界の過酷なイメージを払拭した「佰食屋」オーナーの中村朱美さん。1日100食限定のステーキ丼が実現した「持続可能な働き方」とは?

2020年03月24日

「昼休みが孤独だった」人づきあいをせず漫画に没頭した“スヌーピーの父”

デイヴィッド・マイケリス(著)・古屋美登里(訳)

「昼休みが孤独だった」人づきあいをせず漫画に没頭した“スヌーピーの父”

デイヴィッド・マイケリス(著)・古屋美登里(訳)

スヌーピー、チャーリー・ブラウン、ルーシー。世界中で愛される漫画『Peanuts(ピーナッツ)』を終生描き続けたチャールズ・シュルツは、常に劣等感に苛まれていたという。

2020年03月19日

「あの人じゃなきゃダメ」指名される人になるための"マーケティング思考”

櫻橋淳(株式会社HRインスティテュート 取締役 シニアコンサルタント)

「あの人じゃなきゃダメ」指名される人になるための"マーケティング思考”

櫻橋淳(株式会社HRインスティテュート 取締役 シニアコンサルタント)

長く働くことが当然となった今の時代のキーワードが「人生100年時代」。常に人材として求められる価値が必要となる。それを作るために必要なのが「マーケティング思考」だという。

2020年03月17日

「定年、退職金、穏やかな老後」時代の終焉…何歳になっても「売れる自分」の作り方

櫻橋淳(株式会社HRインスティテュート 取締役 シニアコンサルタント)

「定年、退職金、穏やかな老後」時代の終焉…何歳になっても「売れる自分」の作り方

櫻橋淳(株式会社HRインスティテュート 取締役 シニアコンサルタント)

人生100年時代。人生は長くなる一方で、環境の変化のスピードは加速している。そんあ状況のなかで、常に自分自身の価値を高く維持するためにはどうすればよいか?

2020年03月16日

常勝軍団・西武ライオンズの牙城を崩した飯田哲也選手の「奇跡のバックホーム」。野村克也氏はそこから大いに学び、教訓を得たという。その詳細を語る。

2020年03月13日

投資大国にしてマネー教育先進国であるアメリカでは、学生の段階から「お金」についての教育が施される。彼らが学んでいる「経済的に自立する方法」を紹介する。

2020年03月12日

野村克也氏が30年間のプロ野球生活を通して最もスローイングが素晴らしかった選手とは? 森祇晶氏と野村氏は捕手としてどう違ったか? 野村氏だから語れる捕手の話。

2020年03月06日

若くしてステージ4のガン宣告を受け狼狽した刀根健氏。死の恐怖から逃れるために、生還するために、ありとあらゆることを試し必死に抵抗を続ける。

2020年03月06日

外資系コンサルティング会社を経て、LINEでの漢方相談・購入サービスを立ち上げた水沼未雅さん。決意から起業までには多くの苦労も経験した水沼さんを支えた思いとは。

2020年03月03日

ゴリラと日本人の間には、共通する文化がある。それは「間(あいだ)」と呼ばれるものである。中間を重んじるその心意気とは。ゴリラ研究の大家であり、京大で総長を務める山極壽一氏に話を伺った。

2020年02月28日

我が国で急速に進む高齢化とデジタル化。AI時代において、理想とされた人生の「ロールモデル」はもはや過去の産物となっているのかもしれない。そんな現代で大切になるのは「高齢者の時間感覚」だ、と京都大学で総長を務める山極壽一氏は指摘する。

2020年02月27日

内向的な人と外交的な人…研究者が調査した「どちらが幸せになれるか?」

ダニエル・ネトル (著), 金森重樹 (監修), 山岡万里子 (訳)

内向的な人と外交的な人…研究者が調査した「どちらが幸せになれるか?」

ダニエル・ネトル (著), 金森重樹 (監修), 山岡万里子 (訳)

性格によって「幸福の感じやすさ」は違うのか? 幸福感を得やすい性格はあるのか? 英国の心理学者、ダニエル・ネトルがその謎に迫った。

2020年02月27日

大学を卒業以来50以上の職業に就いた経験から、特に働く人に向けてのアドバイスが人気を博す有川真由美さん。いつも「機嫌よくすごす」ためのヒントを語ります。

2020年02月21日

対応が難しい「いじめ問題」。子ども同士のトラブルは尽きないものだが、どのくらいの段階で、どのように大人が介入するべきなのか。注目の麹町中学の工藤勇一校長が考える。

2020年02月20日

「友達が多くなくてはいけない」という大人の価値観を押し付けることが、子どもたちを苦しめることになる…麹町中学の工藤勇一校長は「みんな仲良く」に疑問を投げかける。

2020年02月12日

デジタル化の時代に若者が「つながり」を求める意外な理由

鵜飼秀徳(正覚寺副住職・ジャーナリスト)

デジタル化の時代に若者が「つながり」を求める意外な理由

鵜飼秀徳(正覚寺副住職・ジャーナリスト)

SNSの台頭により、人々は以前にも増して「つながる」ことを求めるようになった。そのせいか、若者の間では先祖に対する「弔い」の意識が強まっているという。正覚寺副住職・ジャーナリストの鵜飼秀徳氏に詳しい話を伺った。

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方