ホーム » 歴史街道 » 編集部コラム » ユダヤ人はなぜ、ナチス・ドイツの標的にされたのか

ユダヤ人はなぜ、ナチス・ドイツの標的にされたのか

2017年09月23日 公開

歴史街道編集部

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所
 

アウシュヴィッツ強制収容所で、ナチス・ドイツが初めてのガス室実験

今日は何の日 1941年9月23日

1941年9月23日、ポーランド南部アウシュヴィッツにナチス・ドイツが設けた強制収容所において、初めてガス室実験が行なわれたとされます。ユダヤ人を虐殺した惨劇として知られます。今回は、なぜユダヤ人がナチスの標的となったのか、また日本とユダヤ人との関わりについて、少し紹介してみます。

ヨーロッパにおけるユダヤ人迫害は、実はナチス・ドイツに始まるものではありません。いわゆる「反ユダヤ主義」は宗教の問題に根ざすもので、イエス・キリストの死後まもなく始まりました。そもそもキリスト教はユダヤ教に起源を持ちますが、その後分離し、キリスト教徒はイエス・キリストを救世主として認めなかったユダヤ人を蔑みました。またイエスが磔にされた責任もユダヤ人にあるとします。

やがてキリスト教がヨーロッパに広がる中、ユダヤ人は「キリスト教を冒涜する存在」として、人々から憎まれました。 職業も自由に就くことができなくなり、やむなくキリスト教徒が嫌がる金融業に従事し、そのためさらに、キリスト教徒から蔑まれていきます。こうした「反ユダヤ主義」は20世紀に入っても根強く存在しました。それを先鋭化させたのが、第一次大戦の敗北で国家が破綻したドイツを、強力な国家へ変えることを謳って頭角を現わした国民社会主義ドイツ労働者党、すなわちナチス党首アドルフ・ヒトラーです。

ヒトラーはユダヤ人を排除する政策を次々と打ちました。その狙いの一つは、明確な敵を作ることによって、ドイツ国民を一つにすることにあります。またヒトラーは「優生学」に関心を持ち、「優性民族」のアーリア人こそがドイツを支配し、ヨーロッパを統一すべきと考え、「劣等民族」のユダヤ人を迫害、国外に追放することを目指しました。

1938年11月、パリのドイツ大使館で、書記官がユダヤ人青年に射殺されました。 家族をナチスに迫害された恨みを晴らすためのものでしたが、この報せにドイツ国民は激怒し、国内のユダヤ教会堂やユダヤ人商店を襲撃し、90人以上のユダヤ人が殺害されます(水晶の夜事件)。ドイツ国内のユダヤ人追放が加速する中、翌年、ドイツはポーランドに侵攻しました。第二次大戦の始まりです。

ところがポーランドには、200万人以上のユダヤ人が暮らしていました。彼らを追放することは物理的に不可能であり、ナチスは方針を変えて、彼らを強制居住区「ゲットー」に隔離します。「居住区」とはいえ、ユダヤ人の身の安全は保障されておらず、外部との出入りを禁じられて強制労働に従事させられ、さらに極端に少ない食糧しか与えられず、多くの人々が命を落としました。その後、ドイツは1941年6月にソ連に侵攻、ゲットーのユダヤ人をソ連などの東方に追いやろうとしますが、戦線膠着のため頓挫。そこでユダヤ人を追放、隔離ではなく、「処理」することへ方針を転じます。アウシュヴィッツに代表される「絶滅収容所」の登場でした。

「絶滅収容所」は文字通り虐殺のための施設で、主にガスによる大虐殺(ホロコースト)が行なわれていきます。他にも餓死、銃殺刑、絞首刑などが行なわれました。第二次大戦中、総計およそ600万人のユダヤ人がナチスに命を奪われたといいます。ドイツと、ほぼ時を同じくしてソ連がポーランドに侵攻、ユダヤ人たちは必死に国外逃亡を図りました。そのうち北のリトアニアに向かった彼らが目指したのは、日本領事館です。

日本人はユダヤ人に対して何の偏見も持たず、むしろ日露戦争で、ユダヤ人資本家シフが戦時国債を購入してくれたことに感謝していました。 また第一次大戦後のパリ講和会議で、「人種差別撤廃条項」を提案した世界で唯一の国が日本です。日本人もまた、アメリカが排日移民法で日本人を排斥するなど、差別の対象とされていました。いわば日本人にとってユダヤ人は、親近感のわく存在でもあったのです。ただしこの時期、ソ連の共産主義に対する警戒から、日本はドイツと接近しており、あからさまなドイツの政策に反対する行為は、国として判断が難しい部分がありました。そうした中で、ポーランドからリトアニアに押し寄せたユダヤ難民が求めるビザ発給に対し、苦悩しつつも決断を下したのが、リトアニア領事代理の杉原千畝なのです。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

杉原千畝と命のビザをつないだ男たち

歴史街道編集部

杉原千畝を若い人にもっと知ってほしい~命のビザに救われた少女 

寿福滋(写真家)

アウシュビッツで身代わりとなったコルベ神父・ポーランドと日本との絆とは

歴史街道編集部


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。