ホーム » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 西郷と大久保、遺された息子たちの「その後」

西郷と大久保、遺された息子たちの「その後」

2018年06月09日 公開

歴史街道編集部

西郷隆盛
西郷隆盛
 

西郷菊次郎・寅太郎、大久保利和・利武、牧野伸顕……

西郷隆盛には2人目の妻・愛加那(あいかな)との間に息子・菊次郎と娘・菊子がいた。また、3人目の妻・糸との間には寅太郎の他、2人の息子に恵まれた。

西郷菊次郎
西郷菊次郎

菊次郎は17歳で西南戦争に参戦。右足に銃弾を受け、膝下を切断する大けがを負う。23歳の時に外務省に入り、台湾総督府に勤務。七年間の任務を終えて日本に帰国した後は、京都市長に就任し、事業発展に尽力した。

寅太郎は、勝海舟らの後押しを受け、ドイツに13年間留学。父の賊名が解かれた頃に帰国し、陸軍少尉となる。西郷の功績が認められて侯爵となり、貴族院議員に就任した。大正5年(1916)に習志野俘虜収容所長となったが、2年後に肺炎にかかり、療養生活の末、死去した。

大久保利通
大久保利通

一方の大久保利通は、妻・満寿子(ますこ)との間に4人の息子と1人の娘がいた。そのうち3人は、政治家として活躍している。

長男・利和(としなが)は父とともに岩倉使節団に加わり渡米し、米国フィラデルフィアの中学へ入学。帰国後は大蔵省に勤務し、貴族院侯爵議員となる。

明治14年(1881)に、岩倉具視らと日本初の私鉄、日本鉄道を設立したことでも知られている。

二男は、大久保の従兄弟である牧野吉之丞(きちのじょう)の養子となった伸顕(のぶあき)。ただ、義父が戊辰戦争で戦死したため、大久保家で育てられた。11歳の時に、兄と同じくフィラデルフィアの中学に入学。海外経験を活かして外交官として活躍、外務大臣などを歴任した。

牧野信顕
牧野伸顕

三男・利武(としたけ)は内務官僚、貴族院議員となり、日本赤十字社常議員を経て、鳥取、大分、埼玉、大阪の知事を歴任した。

このように、息子たちは、父親が亡くなった後の時代に大いに活躍することになる。

ちなみに冷徹な政治家と思われている大久保利通だが、三男・利武の証言によると「叱られたことがなかった」とのこと。それどころか、大変に子煩悩で、暇さえあれば書斎に子どもたちを呼び入れて遊ぶ等、子どもと過ごす時間を何よりも大切にしていた。

また、大久保が帰宅した時にはこんなことも。

父の靴を脱がせようと玄関に我先に駆けつけた子供たちに対して、大久保はわざと脱げにくい角度にして、やっと脱げた靴と一緒にひっくり返る子供たちの姿を見て、喜んでいた――。

大久保の、意外な一面が垣間見えるエピソードである。


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

西郷隆盛と大久保利通、それぞれのリーダーシップ

童門冬二(作家)

大久保利通 公平無私の精神

歴史街道編集部

西南戦争~なぜ、西郷隆盛は戦ったのか

9月24日 This Day in History


アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
×

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。