ホーム » 歴史街道 » 地域の魅力 » サムライの心に触れられる旅―福島へ

サムライの心に触れられる旅―福島へ

2019年11月29日 公開

《PR》提供:福島県

サムライめしとは何か? その起源にはあの名君が…

「サムライめし」というと、どんなメニューをイメージされるだろうか。ヒントは、白河を代表する食文化だ。

答えは……そば。

白河のそばの歴史は、約200年前にさかのぼる。寛政の改革で知られる白河藩主・松平定信が、冷害に強いそばの栽培を奨励したことに始まったとされ、そのおかげで天明の大飢饉の際にも餓死者を出さなかったという。

ところで、そばが現在の「麺状のそば」になったのは、江戸時代中期ごろのこととされる。それ以前はそば粉をこねてお餅にしたり、そばの実を炊いてお粥にしていたという。

今回のサムライはめし、そんなそばの歴史を辿りながら、そばの魅力を味わっていただこうと、小峰城ほど近くにある蕎麦処・大福家さんが用意してくれたもの。

天ぷら

まず一品目は、そば粉をお湯でこねてお餅状にした「そばがき」と天ぷら。

二品目は、「そば粥」で、そばの実をお米と炊いてお粥にしたもの(下段左)。三品目は「そばの刺身」で、そばを短冊状に切り、ゆでたもの(中段中央)。

そして四品目が「そば切り」、つまり現在の「そば」(中段左)。最後は甘味として、生地にそば粉を練りこんだ「そばの大福」(上段左)。

大人も子どもも、そばの変遷に驚きつつ、「昔は、こうやって食べていたのかぁ」と、会話を弾ませながら舌鼓をうつのだった。
 

大内宿で変身! 「素敵ねえ」の掛け声が…

名城を観て、サムライめしで胃袋を満たした一行は、バスに乗って西へ。

到着した先は、「大内宿」。江戸時代に宿場町として栄え、現在も茅葺屋根の民家が建ち並ぶ人気の観光地だ。

大内宿
撮影:(公財)福島県観光物産交流協会

歩くだけでも情緒たっぷりの宿場町だが、今回は、江戸時代の気分をもっと満喫できる仕掛けが用意されていた。

それは、「着物」。和装で、大内宿を歩こうというのである。

このツアーのために、観光ボランティアの方々が着付けをしてくださり、大人も子どもも着物姿に。

そして、着物に着替えた一行が大内宿の街道に入ると、宿場町の雰囲気と和装が溶け合い、一幅の絵のよう。まわりの観光客からも、「素敵ねえ」との声があがっていた。

大内宿

徐々に日も暮れ、幽玄な雰囲気に包まれた宿場町を後にし、一行は次の目的地へ。とはいえ、もう夕闇が迫る時間だが、いったいどこへ……。

次のページ
夜の城に映えるスカイランタン >



歴史街道 購入

2020年3月号

歴史街道 2020年3月号

発売日:2020年02月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

戊辰戦争に思いを馳せて…河合敦先生と行く、福島スペシャルツアー・レポート

《PR》提供:福島県

戊辰戦争150年、悲劇の先にあるもの~福島・旧幕府軍の戦跡を訪ねて

長尾剛(作家)

三春と土佐の絆が実現させたもう一つの無血開城~戊辰戦争秘話

長尾剛(作家)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。