ホーム » 歴史街道 » 本誌関連記事

本誌関連記事

2019年12月03日

なぜ日野富子は「金の亡者」になったのか?

大村大次郎(評論家・元国税調査官)

なぜ日野富子は「金の亡者」になったのか?

大村大次郎(評論家・元国税調査官)

※本稿は、大村大次郎著『土地と財産」で読み解く日本史』より、一部を抜粋編集したものです。   日野富子はそれほど悪女ではない? 応仁の乱が語られるとき、必ず登場する悪女がいる。 日野富...

2019年11月27日

赤穂の旧藩士は、なぜ吉良邸に討ち入ったのか?~東大名物教授が解説

山本博文(東京大学教授)

赤穂の旧藩士は、なぜ吉良邸に討ち入ったのか?~東大名物教授が解説

山本博文(東京大学教授)

※本稿は、 山本博文著『東大流 教養としての戦国・江戸講義』 (PHP研究所刊)より、一部を抜粋編集したものです。   浅野内匠頭の武士としての体面 日本人の大好きな「忠臣蔵」は、赤穂事件という本...

2019年11月25日

源頼朝と平清盛、源平合戦は国家体制をかけた戦いだった!

大村大次郎(評論家・元国税調査官)

源頼朝と平清盛、源平合戦は国家体制をかけた戦いだった!

大村大次郎(評論家・元国税調査官)

※本稿は、 大村大次郎著『「土地と財産」で読み解く日本史』 より、一部を抜粋編集したものです。   清盛と頼朝の国家プランには明確な違いがあった 平安時代の末期、平清盛という軍事貴族が強大な勢...

2019年11月22日

翻弄された淡路廃帝・淳仁天皇(第47代)~道鏡の台頭と藤原仲麻呂の乱

吉重丈夫

翻弄された淡路廃帝・淳仁天皇(第47代)~道鏡の台頭と藤原仲麻呂の乱

吉重丈夫

淡路島の風景   知っておきたい皇位継承の歴史 令和改元という節目の年に、歴代天皇の事績をふりかえります。今回は淳仁 天皇をお届けします。 ※各天皇の年齢等については数え年で計算して記し...

2019年11月22日

最後は自腹で穴埋め!赤穂事件、大石内蔵助はお金をどうやりくりしたのか?

山本博文(東京大学教授)

最後は自腹で穴埋め!赤穂事件、大石内蔵助はお金をどうやりくりしたのか?

山本博文(東京大学教授)

※本稿は、 山本博文著『東大流 教養としての戦国・江戸講義』 (PHP研究所刊)より、一部を抜粋編集したものです。   物の価値を克明に記録した大石の帳面 戦国時代が終わって平和な世の中が訪れた江...

2019年11月15日

第46代・孝謙天皇への皇位継承~藤原仲麻呂の権勢と橘奈良麻呂の乱

吉重丈夫

第46代・孝謙天皇への皇位継承~藤原仲麻呂の権勢と橘奈良麻呂の乱

吉重丈夫

  知っておきたい皇位継承の歴史 令和改元という節目の年に、歴代天皇の事績をふりかえります。今回は孝謙 天皇をお届けします。 ※各天皇の年齢等については数え年で計算して記しています。 ※...

2019年11月13日

もうすぐ年末ジャンボ!!「庶民の夢」宝くじには、長い歴史がありまして……

五十嵐貴久(作家)

もうすぐ年末ジャンボ!!「庶民の夢」宝くじには、長い歴史がありまして……

五十嵐貴久(作家)

億万長者も夢じゃない……そんな期待を胸に購入するのが宝くじ。 この宝くじには、中国の万里の長城の建築にまで遡るほど、長い歴史があるのだ。 いまや名物となった高額賞金は、いかにして出来上がっ...

2019年11月05日

意外にアバウトだった戦国合戦~現場は敵味方の兵力も把握できずに戦っていた?

鈴木眞哉(歴史研究家)

意外にアバウトだった戦国合戦~現場は敵味方の兵力も把握できずに戦っていた?

鈴木眞哉(歴史研究家)

  戦国時代の大誤解! 歴史もののテレビドラマが果たしている役割は大きい。ことに大河ドラマには教科書にはない物語性があり、歴史知識を深めることができる。 しかし、ドラマチックな合戦や名場面...

2019年10月30日

関ケ原直前の家康の書状を発見! 駿府城にて初公開

歴史街道編集部

関ケ原直前の家康の書状を発見! 駿府城にて初公開

歴史街道編集部

関ケ原合戦前、味方を増やすべく徳川家康が諸大名に書状を出したことは知られているが、このたび、その原本が発見された。 書状は、当時駿河を治めていた中村家に宛てたもので、慶長5年(1600)7月27日の日付で出されている...

2019年10月25日

里見八犬伝のモデル、里見一族の歴史は改竄されていた!?

滝川恒昭(千葉市史編集委員)

里見八犬伝のモデル、里見一族の歴史は改竄されていた!?

滝川恒昭(千葉市史編集委員)

館山城(千葉県館山市) 『南総里見八犬伝』のモデルとして知られている安房の戦国大名・里見氏。 しかし、実際の里見一族については、あまり語られることがない。 そこで、現在発売中の月刊誌『歴史街道』11...

2019年10月25日

伊達政宗による父・輝宗射殺事件は、ほんとうにやむをえなかったのか? 

鈴木眞哉(歴史研究家)

伊達政宗による父・輝宗射殺事件は、ほんとうにやむをえなかったのか? 

鈴木眞哉(歴史研究家)

  戦国時代の大誤解! 歴史もののテレビドラマが果たしている役割は大きい。ことに大河ドラマには教科書にはない物語性があり、歴史知識を深めることができる。 しかし、ドラマチックな合戦や名場面...

2019年10月20日

日本と朝鮮半島の交流史~今だからこそ知っておきたい!

河合敦(歴史研究家)

日本と朝鮮半島の交流史~今だからこそ知っておきたい!

河合敦(歴史研究家)

日韓関係は戦後最悪といわれるが、そもそも有史以来、日本は朝鮮半島といかなる関係を築いてきたのだろうか。現在発売中の月刊誌「歴史街道」11月号では、「日本と朝鮮半島の2000年史」と題して、その実相に迫っている。...

2019年10月18日

「信長様!」「秀吉殿!」…戦国武将が実名で呼びあうことはない?

鈴木眞哉(歴史研究家)

「信長様!」「秀吉殿!」…戦国武将が実名で呼びあうことはない?

鈴木眞哉(歴史研究家)

  戦国時代の大誤解! 歴史もののテレビドラマが果たしている役割は大きい。ことに大河ドラマには教科書にはない物語性があり、歴史知識を深めることができる。 しかし、ドラマチックな合戦や名場面...

DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。