ホーム » THE21 » トピックス » 社畜人ヤブー(第1話<前編>)

社畜人ヤブー(第1話<前編>)

2015年10月06日 公開

那智泉見

 

スタイリッシュでクールな社畜・薮隣一朗。彼にかかれば、残業は「会社へのおもてなし」クレームは「お客様からのラブコール」低賃金は「控えめな自分へのじらしプレイ」。ブラック企業もドレイ労働も低賃金もすべて前向きにとらえ、個を失わない「社畜人 ヤブ―」の生き方を描く。不況下、就職難の時代、正社員として企業に勤めるという「フツウ」のことがファンタジーになってしまった現在。地味でも過酷でも低賃金でも懸命に働くすべてのワーカーに向けて、「社畜ライフ」も悪くない、自分を成長させる準備期間と前向きになれるコミック!!!11月の単行本発売に先駆け、内容を少しだけ公開。

 

第1話 その男、社畜につき。<前編>

 



著者紹介

那智泉見(なち・いずみ)

漫画家

関西出身の漫画家。『あみたん娘きときとNOVEL』(PHP研究所)にて挿絵を担当。著書に、『社畜人ヤブー』(PHP研究所)がある。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

ドラマ『しんがり』主演で感じた組織に生きる光と闇

江口洋介(俳優)

ガリガリ君・赤城乳業の「あそぶ」仕事術

遠藤功(ローランド・ベルガー日本法人会長)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。