ホーム » THE21 » トピックス » 社畜人ヤブー(第1話<後編>)

社畜人ヤブー(第1話<後編>)

2015年10月13日 公開

那智泉見

 

スタイリッシュでクールな社畜・薮隣一朗。彼にかかれば、残業は「会社へのおもてなし」クレームは「お客様からのラブコール」低賃金は「控えめな自分へのじらしプレイ」。ブラック企業もドレイ労働も低賃金もすべて前向きにとらえ、個を失わない「社畜人 ヤブ―」の生き方を描く。11月の単行本発売に先駆け、内容を少しだけ公開。
倉良と高柳に対し、会社の壁にぶつけられた先人たちの「怒りと苦しみ」の跡を見せ、「君たちもこの後に続いてほしい」と話す薮。モチベーションを上げるどころか、ドン引きする倉良と高柳だったが……。

 

第1話 その男、社畜につき。<後編>

 

 



著者紹介

那智泉見(なち・いずみ)

漫画家

関西出身の漫画家。『あみたん娘きときとNOVEL』(PHP研究所)にて挿絵を担当。著書に、『社畜人ヤブー』(PHP研究所)がある。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

社畜人ヤブー(第1話<前編>)

那智泉見
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。