ホーム » THE21 » スキルアップ » 「男の身だしなみ」入門 第3回 スーツ・ズボン編

「男の身だしなみ」入門 第3回 スーツ・ズボン編

2015年11月09日 公開

日野江都子(国際イメージコンサルタント)

 スマートさが表われるのは、下半身?

ビジネスの評価を高める装い方を学ぶ、本連載。第三弾はスーツのズボン編。今回はクールビズの時期だからこそ気を付けたい、ズボンのはきこなしをご紹介。具体的なはきこなし方とは?

 

スボンの単体着用はダメ、ゼッタイ!

 夏真っ盛り、クールビズまっただ中の日本。ビジネスシーンでは、シャツにノータイ、ズボンという装いの方がほとんどでしょう。そんなときだからこそ、スーツの上着やジャケットを着用する時期には意識しないズボンの選び方・着方が、あなたの仕事への姿勢とビジネス力を無言で表わします。

 前回取りあげたスーツの上着は、それを着用するだけで正式さを表現し、ネクタイは襟元に存在感と隙のないキリリとした締まりを感じさせます。これらはビジネスシーンの装いにおける二大必須アイテム。それを外してしまうのですから、ズボンにかかってくるビジネスツールとしての責任は重大。

 そんな中で、最も注意すべき第1位は、ジャケットを着ずに、ズボンだけはいているケース。スーツのズボンは単品ではくように作られていません。上着と合わせて初めて完成形です。もし、上下別に着用しても良いものとして作られている場合でも、ズボンの単体着用は控えましょう。着用回数が上着よりも多くなるので、先に劣化してしまいます。上着とズボンの状態が違った時点で「スーツ(揃い)」とは言えなくなります。

 こうなるともう、ビジネスツールとして着用価値なし。スーツは上下どちらが汚れても、一緒にクリーニングに出し、劣化具合を常に一緒にするのも鉄則です。スーツ一着ダメにするよりも、単品で着用するズボンを数本用意したほうがよほど効率的なのです。

 足元の印象をつかさどる下半身には、その人の清潔感・スマートさ・理知的さ・機敏さ・バランス感覚が見事に反映されます。その上、ちょっとしたバランスのとり方で、脚長効果も得られます。

 ズボンの存在感が増すこの時期、写真にあるチェックポイントを確認し、有効なビジネスツールにできた人が、ビジネスに差をつけること間違いありません。

 

NG例

 ウエストに合わせ、丈の長いズボンを購入した方は、ワタリ(ズボンの幅)を必ず詰めてもらいましょう。丈だけお直ししたズボンは、幅が太いままです。脚を太く短く見せてしまいます。脚長効果には、幅の調整が必須です。

 

正しい例

松屋銀座スタッフの〝買い方”ワンポイントアドバイス

今回はズボンに欠かせないベルトについてアドバイスをさせていただきたいと思います。

1 ベルトは穴のあるタイプを使用する

2 ベルトの幅は30㎜がフォーマルの場ではベスト

3 穴は5つのうち、3つ目で留めるのがベルトの理想的な長さ

 

(『THE21』8月号より)

 

写真撮影:まるやゆういち



著者紹介

日野江都子(ひの・えつこ)

国際イメージコンサルタント

米国ニューヨーク在住。1994年より日米にて活躍、国際的イメージコンサルタントの第一人者として20余年のキャリアを持つ。2004年、Real Cosmopolitan Inc.(株式会社リアル コスモポリタン)設立。NY・東京の二大拠点を持ち、企業・人・ブランドの価値を高める、国際基準の戦略的イメージブランディングとマネジメント、企業トップエグゼクティブや政治家のメディア対応イメージ・コンサルティングで高い評価を得ている。
AICI(国際イメージコンサルタント協会)ニューヨーク支部ボードメンバー。
著書に『NY流 魅せる外見のルール』(秀和システム)、『仕事力をアップする身だしなみ 40のルール』(日本経済新聞出版社)他、執筆多数。
www.thelookbest.com

THE21 購入

2020年2月号

The21 2020年2月号

発売日:2020年01月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

盗られる前に盗れ!恐るべきメキシコ!(メキシコ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(1)石澤義裕(デザイナー)

病気を経て気づかされた「体調管理」の重要性

大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)

メルケル独首相、強力なリーダーシップの源泉とは?

熊谷 徹(ドイツ在住ジャーナリスト)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。