ホーム » THE21 » スキルアップ » 「出世する人」が身につけている「ワンランク上のマナー」

「出世する人」が身につけている「ワンランク上のマナー」



2016年01月05日 公開

西松眞子(Carpe Diem代表)

ちょっとの工夫で心をつかむ!

 

 新入社員のときに教わるような型どおりのマナーも大切だが、30代、40代と年齢を重ね、職位も上がってくれば、状況に応じた臨機応変な対応で相手の心をつかむ「ワンランク上のマナー」を身につけたいもの。戦略的イメージコンサルタントの西松眞子氏に、その例を教えていただいた。

 

「自分のため」のマナーから「相手のため」のマナーへ

 若い頃は、「恥をかかないように」「自分が良く見えるように」と、「自分のため」にマナーを身につけるものだと思います。多くの人がそうでしょう。でも、年齢を重ねてくれば、視野を広げて、相手や周囲への気配りとしてのマナーを身につけたいもの。その姿勢が、「器の大きさ」という人間的魅力を高めます。

 周囲への気配りができるようになったからといって、すぐに仕事の成果に直結するわけではないかもしれません。マナーというのは、ホームランではなく、ヒットやバントのような地道なものです。いつも心がけて繰り返すことで、周囲に良い印象を持ってもらえる人へとなっていくのです。

 意識していないと、年齢を重ねるにつれて、人の意識や行動は凝り固まっていきます。不思議と、「自分は大丈夫」と思っている人ほど、凝り固まっているものです。

 とくに、これから立場が高くなっていく人は、自分の言葉遣いや仕草から、意識して見直してみてください。

 

ハンカチは2枚持つ

「ハンカチを持つ」というのは誰でもしているマナーでしょう。けれども、2枚持っている人は少ないのではないでしょうか。

 私がお会いしてきた気配りができる人たちは、ハンカチを2枚持っていました。1枚は自分が使うためですが、もう1枚は、いつかどこかで誰かが飲み物をこぼして服を濡らしたようなときに、サッと差し出すために持っているのです。

 実際にそうした場面に出会うことは、そう多くはないでしょう。それでも、そうした場面に備えておく習慣を持つことが大切。異業種交流会で隣り合わせた人がたまたまお酒をこぼし、用意してあった2枚目のハンカチを差し出したことをきっかけに仕事の取引が始まったという住宅メーカー勤務の方もいました。

 

次のページ
「ありがとう」より「うれしい」を使う >



著者紹介

西松眞子(にしまつ・まこ)

Carpe Diem 代表

大学職員を経て、イベントプロデュース会社でマナー・接客指導に当たる。その後、心理学、色彩学を修め、2001年、トータルイメージプロデュースサロン「Carpe Diem(カーペディエム)」を開設。一貫した自己演出理論でイメージコンサルティング分野での第一人者として活躍し、行政機関、金融機関、商社、百貨店、ホテル、美容関連、メーカーなど、幅広い分野でコンサルティング実績がある。企業研修、セミナーも多数実施し、早稲田大学ビジネススクールにおいて社会人向けの印象講座も担当する。

THE21 購入

2021年6月号

The21 2021年6月号

発売日:2021年05月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

医学博士が教える「脳科学的」第一印象UP法

吉田たかよし(医学博士)

“いざ接待”のときに慌てない!

篠原あかね(マナー講師)

人間関係に悩まないための「魔法の言葉」とは?

心屋仁之助(心理カウンセラー)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×